トヨタの「車をつくる会社ではなくす戦略」とは!?

トヨタのテレビCMの中で言っていた「車を作る会社ではなくなる」という言葉が気になったので、調べてみました。自動車メーカーのトヨタは車を作る会社ではなく、移動手段を提供する会社になっていくというメッセージの様です。移動手段をサービスとして提供していくとはどのようなことなのでしょうか?今後のトヨタの戦略を『MaaS』という言葉を含めて詳しく説明していきたいと思います。

移動手段をサービスとして提供すること『MaaS』

MaaSという言葉が今後の自動車業界に大きな変化をもたらすということで、今注目を集めています。MaaSとは何なのでしょうか。

MaaS(モビリティ・アズ・ア・サービス)とは!?

サービスとしての移動という新たな「移動」に対する概念です。電車やバス、タクシー、レンタカーやレンタサイクル、カーシェア。そして飛行機などの様々な移動手段がそれぞれのニーズに合わせて、移動手段すべてがパッケージ化され、定額で提供されるサービスという意味です。
今までの移動手段を所有する概念から、移動そのものに対して価値提供を行います。

例を上げると、スマートフォンのアプリで交通手段やルートを検索後、利用し、 最後に運賃等料金の支払いをするという目的地までの移動を1つにまとめて提供されるサービスなどになります。

様々な移動手段を1つのサービスとして提供することで、車を所有せずに移動したいときだけ料金を支払い、移動することが可能になります。その結果、車の置き場や運転する時間がなくなることになります。駐車場として使っていたスペースを他のことに利用にできますし、自由な時間も増えます。そして個人個人が車の故障などのトラブルに悩まされることもなく、さらに環境汚染も減らすことが可能です。MaaSは私たちにとって、良いことだらけのサービスです。

参考にフィンランドのMaaSアプリ『Whim』の説明動画をご覧いただくとわかりやすいです。英語ですが、概要はつかめると思います。

トヨタのMaaS戦略3つ

現在、車は持っているけど休日のたまにしか使わないという人が多く非常に効率が悪いです。今後の未来はマイカーを持つ人がどんどん減っていき、将来はスマホのアプリに目的地を打ち込むだけで無人の車両が迎えに来るでしょう。疲れを知らない自動運転の車は次から次へと人を乗せ、ドライバーの人件費がかからないため、タクシーよりも料金は安くなります。そのような未来になると、わざわざ自分の車を所有する必要がなくなっていきます。

そうなると、困るのは自動車メーカーです。自動車メーカーは個人に1台1台車を売ることで収益を得ています。自分の車を所有しないという動きが進んで、個人が車を買わなくなれば、生産台数が減っていきます。自動車メーカーの従来のビジネスモデルではやっていけなくなるため、トヨタはそのような未来に向けてMaaSに関する3つの戦略を行うのです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら