「ロールスロイスは壊れない車」超高級車と航空機用エンジン

超高級車の代名詞「ロールス・ロイス」。

実は自動車だけではなく、航空機用エンジンの会社として長い歴史を持ち、今でも大出力ジェットエンジンを作れる数少ない企業の一つである事はご存知ですか?
今回は航空機用エンジンメーカーとしての「ロールス・ロイス」をご紹介します。

大英帝国の象徴として

1906年にチャールズ・スチュアート・ロールズとフレデリック・ヘンリー・ロイスの二人によって設立されたロールス・ロイス社は、第二次大戦前から大英帝国(イギリス)が誇る高級乗用車と航空機用エンジンの会社として知られていました。

戦後もロールス・ロイスは超高級車を作り続け、その圧倒的とも言える品質の高さとブランド力から、以下のような逸話が生まれました。

サハラ砂漠の真ん中で、一台のロールス・ロイスが故障した。運転していた紳士がロールス・ロイス社のサポートセンターに連絡すると、ただちにヘリコプターでサービス隊が到着し、瞬く間に修理を終えて飛び立っていった。 感心した紳士がサポートセンターに電話し、修理代を尋ねると、そのような記録は無いので受け取れないという。理由を尋ねた紳士に、担当者はただ一言。「ロールス・ロイスは壊れません。」

いかがですか?戦後に没落の一歩をたどった大英帝国にとって、失われつつ栄光が、確かにそこにあった事を象徴するエピソードの一つとしてたびたび紹介されるジョークです。
(なお、このジョークには時代や場所、駆けつけるサービス隊の輸送手段などで、いくつかバリエーションがあります)
しかし、ロールス・ロイスならそうかもしれない、と不思議に納得してしまいそうです。

二つに分かれた「ロールス・ロイス」の紆余曲折

しかし、そうした歴史と伝統、そして格式のためにロールス・ロイスは近代化や技術革新の機会を失ってしまいました。
自動車だけでなく航空機用エンジンの開発でも損失を抱えた同社は、1971年に国営化され、1973年には自動車部門が「ロールス・ロイス・モーターズ」として重工業メーカーのヴィッカースに売却されます。
その後、紆余曲折を経て現在ではBMW傘下の「ロールス・ロイス・モーター・カーズ」となったのでした。

一方、国営企業としてその後も航空機用エンジンメーカーの道を歩んだ「ロールス・ロイス」は、1987年に再度の民営化を果たし、「ロールス・ロイス・ホールディング」となりました。
以下に、ロールス・ロイスの傑作エンジンの数々から、代表作を紹介しましょう。

大英帝国を救った「マーリン」

ロールス・ロイスの航空機用エンジンの代表作で、不朽の名作と言えるのが「マーリン」です。

この液冷V型12気筒二段二速スーパーチャージャー付きエンジンは、1930年代半ばに生まれ、スーパーマリン社の「スピットファイア」という戦闘機に採用されました。

その後1940年にナチス・ドイツによる英本土大爆撃「バトル・オブ・ブリテン」が勃発し、大英帝国は存亡の危機に瀕します。
その時、「スピットファイア」と、同じく「マーリン」を搭載したホーカー社の「ハリケーン」が死に物狂いでドイツ空軍を迎撃し、見事に守りきりました。
大英帝国の救世主「スピットファイア」「ハリケーン」に搭載され、その高性能を支えた「マーリン」の名声は一気に高まったのです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら