日本輸入自動車史その2・明治・大正期の輸入車 日本初の事故車

日本の自動車史において不可欠な「輸入車」まだ国産車を作れなかった時代、国産車も作れず、輸入も制限されていた時代、国産車全盛期、そして現在の輸入車が確立された時期をご紹介していきたいと思います。今回は日本初の輸入電気自動車であると同時に事故車にスポットを当てます。


なぜか存在自体が無かった事にされていた、皇太子献納のヴィクトリア号

まだ自力で自動車を作る事など考えもつかない時代、日本初の自動車が輸入車なのは当然であり、その第1号は1898年に日本を走ったフランスのパナール・エ・ルヴァッソールM4であった事は前回書いた通りです。

実のところ、このパナール車が日本第1号と認知されるようになったのはつい最近の話で、それまでは資料が見つからないからと諸説混合、色々な主張がありました。

その中のひとつ、1900年(明治33年)に当時の皇太子殿下(後の大正天皇)御成婚の儀にあたり、在留サンフランシスコ日本人会から献上された電気自動車も、そんな1台です。

ただし、この電気自動車に関してはそもそも輸入されたという資料すら見当たらないからと「存在自体が無かった、あるいは疑わしかった」とされていた時代もありました。

その根拠として、当時の献上品一覧の中に無かったからという主張が献納自動車は幻、あるいはもと後の時代という説を補強していたのです。

しかし、自動車の歴史を探る先人たちの努力によって最終的に当時サンフランシスコで発行されていた日本語新聞「新世界」によって、移民たちの募金によって電気自動車の輸入が決まった事、1900年8月3日にサンフランシスコを出航したアメリカ丸という商船で日本に運ばれた事がわかりました。

それによって確かに1900年、当時の皇太子御成婚を祝賀するため電気自動車が送られた事はハッキリしたのです。

先に献上品一覧に無かった、というのは同年5月10日の御成婚に間に合わず、後から届いたためと推察されますから、これも納得できる話でしょう。

輸入車2号か3号かは微妙だが、4輪電気自動車第1号だった事は確か

ちなみに、パナール・エ・ルヴァッソールM4に続く輸入車2号についてはまだ諸説あり、完全な結論には至っていません。

というのも、1900年4月に蒸気自動車のスタンレー ロコモビルを輸入したという主張もあり、そうなると1900年8月にサンフランシスコを出発した電気自動車ヴィクトリア号はその次、という事になるからです。

ただし、ロコモビルについては実際に日本上陸した日について明確な資料が未だに発見されておらず、まだ仮説の域にとどまります。

その意味では、当時の資料ヴィクトリア号の方が暫定第2号輸入車、と考えて差支えは無いでしょう。

いつかはロコモビルの方が先に到着した資料が見つかるかもしれませんが、その時はロコモビルが第2号、ヴィクトリア号が第3号になるだけの話です。

ただし、ヴィクトリア号が日本初の4輪電気自動車だった事には間違いがありません。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら