やっと自動車取得税廃止!でも新たな課税制度「環境性能割」が導入される…

2019年10月、待ちに待った…いや、待ってはいないけれども、消費税が8%から10%に引き上げられます。それに伴い、自動車取得税が廃止されます!万歳!!400万円の車を買ったら40万円の消費税が取られるんです。自動車取得税なんて廃止されて当然でしょう。これで心安らかに車を所有できますね。いやいや、ちょっと待ってください!自動車取得税に変わって、新しく「環境性能割」が導入されるですって??なんて優しいのでしょう。と、思いきや…環境性能割の実態は課税制度なんですって。もう勘弁してくださいよ。

そもそもですが、自動車というのは税金まみれの代物なのです。自動車取得税が廃止にされたところで、自動車の税金というのはこれっぽちしか減りません。今回は新しく導入される「環境性能割」に加えて、自動車の長年の問題である重課税についても語っていきましょう。

自動車取得税は廃止、しかし…

300万円の新車を購入すると、消費税は8%で24万円。10%になると30万円になります。6万円も多く支払わなければいけなくなるということですね。自動車取得税は300万円の新車に50万円のオプションをつけると9万6千円になります。中古車の場合は、3年落ちで300万円なら自動車取得税は2万5500円です。消費税8%から10%になる差額を考えると、新車であればこの自動車取得税廃止でお得になりますし、中古車なら廃止になっても消費税の差額の方が高いことになりますね。何とも言えないこの自動車取得税の廃止ですが、さらに「環境性能割」という制度が導入されるようです。「割」という言葉に騙されてはいけませんよ。「環境性能」という言葉で嫌な予感がしますね。

環境性能割はただの割引ではない

環境性能割の税率
自家用乗用車 3% 3% 2% 1% 0% 0%
軽自動車 2% 2% 2% 1% 0% 0%

ソニー損保

このパーセンテージは税率です。そうです。「割」と言いつつも、安くなるのではなく免税になるだけなのです。しかも、平成27年度の燃費基準を達成していない車には3%の税率がかかるのです。自動車取得税の3%(軽自動車以外)が廃止になっても新しく3%の税率がかかる車種もあるということです。これじゃ廃止にしても得するのはハイブリッドカーやクリーンディーゼル車だけではないですか。さらに、燃費によって税率を変えるというのは燃料課税と捉えることができますが、我々は燃料に対してガソリン税を支払っているので、異議を唱えるべきではないでしょうか。

エコカー減税との併用不可

環境性能割にはエコカー減税が適用されません。なぜなら、エコカー減税は「自動車重量税は平成31年4月末までに登録した車」「自動車取得税は平成31年3月末までに登録した車 」にしか適用されないからです。消費税増税と自動車取得税の廃止は2019年10月なので、この時にはすでにエコカー減税が適用されなくなるのです。環境性能割によって免税になっても、エコカー減税がなくなれば燃費のいい車もお得なのかわかりませんね。

自動車税は走行距離で税額を決定する見込み


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら