テールランプとブレーキランプの違いから交換方法まで【ベテラン整備士が教えます!】

ヘッドライトやウインカーランプ、そしてテールランプとブレーキランプ。車にはいろいろなランプが付いていますよね。前方を照らすためのヘッドライトは切れてしまうと暗くなり夜間は見えづらくなるため、ヘッドライトが切れたことがすぐにわかると思います。ウィンカーのランプもウインカーを出した時に「カッチカッチ」という音がいつもより早くなっていたらもうすぐランプが切れるというサインなので、こちらもわかりやすいですね。

ですが、車の後方に付いているテールランプ、ブレーキランプなどは切れてもなかなか気付くことができません。これらのランプが切れていると「保安基準違反」になります。整備不良としてお巡りさんに止められたり、場合によっては反則金が発生したりキップを切られてしまったりする事もあります。普通車の整備不良(尾灯等)と見なされた場合、反則金は7,000円。さらに、納めたくないからといって反則金を期間内に納めなかった場合はさらに罪が重く、3か月以下の懲役または5万円以下の罰金が科せられます。

ブレーキランプ、テールランプ以外にもバックランプやナンバー灯の点灯不良で取り締まられる場合があります。点いていなかったことを気づかなかったでは許される問題ではないので、十分に注意しましょう。今回は、日々の点検を怠ったことで罰せられてしまうテールランプとブレーキランプについて、
テールランプとブレーキランプの違い、電球が切れてしまった際の交換方法、最近では主流になっているLEDランプについてなどをご紹介します。

テールランプとブレーキランプの違い

テールランプとブレーキランプは別のものを指します。テールランプの中のブレーキランプと勘違いしている人もいるのではないでしょうか。詳しく説明していきます。

テールランプとは、「夜間や悪天候の際の視界が悪い時に、車の存在を後続車に知らせるためのランプ」になります。その為、ほとんどの車種でヘッドライトのONとOFFに連動しています。

ブレーキランプは、ブレーキペダルを踏んだ時に点灯する赤色のランプです。減速したことを後続車に知らせるのが目的で、エンジンがかかっていなくても踏めば点灯する仕組みになっています。古い車や軽自動車などではテールランプとブレーキランプが同じ電球を使っている車種もありますが、そのような車の場合ダブル電球という電球内に二つのフィラメントが入っているものを使っており、ブレーキランプを踏んだ際により明るく点灯するような構造になっています。

テールランプ、ブレーキランプの電球の交換方法

電球の交換方法はとても簡単です。車種によって異なりますが、今回は一般的な国産車の交換方法をご紹介していきます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら