【ながら運転】厳罰化されて懲役刑にも…どこまでアウト?カーナビも違反になる?

一昔前に問題になった「ながら運転」。取り締まり件数は年100万件と言われるほど。平成29年の携帯電話使用等に係る交通事故件数も、1,885件と横ばいのままです。そこで今年1月、政府は「ながら運転」への罰則を強化する方針を決めました。「え、知らなかった!」という方も多いでしょう。実は、その1月から「ながら運転」に関する法改正は行われていませんでしたが…。

12月20日、警視庁が道交法改正試案を公表しました。25日から意見公募を実施したのち、正式に決定されます。新しく懲役刑を設定するとのことですが、今までも「ながら運転」で交通の危険があった場合は懲役刑が設定されていました。今回は携帯電話等を保持しているだけでも懲役刑が課せられるようです。

急に改正思案が公表されましたね。2019年の通常国会にて採決され、2019年内には施行されます。改正によって、かなり重い罪にもなり得るので今のうちに確認しておきましょう。あなたが大丈夫と思っていることも「ながら運転」として懲役刑になるかもしれません!ところで…なぜ改正は先延ばしになったのしょうか。もしかしたら、反則金による収益が無くなることへの反対意見が出たのかも?

ながら運転が厳罰化、どのように変わるのか

改正前と改正後

改正前

1・道路交通法
(運転者の遵守事項)
第七十一条 車両等の運転者は、次に掲げる事項を守らなければならない。
五の五 自動車又は原動機付自転車(以下この号において「自動車等」という。)を運転する場合においては、当該自動車等が停止しているときを除き、携帯電話用装置、自動車電話用装置その他の無線通話装置(その全部又は一部を手で保持しなければ送信及び受信のいずれをも行うことができないものに限る。第百二十条第一項第十一号において「無線通話装置」という。)を通話(傷病者の救護又は公共の安全の維持のため当該自動車等の走行中に緊急やむを得ずに行うものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)のために使用し、又は当該自動車等に取り付けられ若しくは持ち込まれた画像表示用装置(道路運送車両法第四十一条第十六号若しくは第十七号又は第四十四条第十一号に規定する装置であるものを除く。第百二十条第一項第十一号において同じ。)に表示された画像を注視しないこと。

2.罰則等
(1) 携帯電話使用等(交通の危険)
罰  則 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
反 則 金  大型12千円、普通9千円、二輪7千円、原付6千円
基礎点数 2点
(2) 携帯電話使用等(保持)
罰  則 5万円以下の罰金
反 則 金  大型7千円、普通6千円、二輪6千円、原付5千円
基礎点数 1点

警視庁HP

改正後(平成30年1月時点の方針)

■携帯電話使用等(交通の危険)
罰則:1年以下の懲役または30万円以下の罰金
基礎点数 2点

■携帯電話使用等(保持)
罰則:6ヶ月以下の懲役または30万円以下の罰金
基礎点数 1点

改正後(平成30年12月20日に発表された改正試案)

■携帯電話使用等(交通の危険)
罰則:1年以下の懲役または30万円以下の罰金
基礎点数 不明

■携帯電話使用等(保持)
罰則:6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金
基礎点数 不明

罰金が増額され、保持だけで懲役の可能性も

1月の方針では罰則から反則金がなくなり、交通反則通告制度から除外される。つまり、青切符は無くなって必ず刑事訴追されるということでした。もちろん刑事罰なので前科として残ってしまいます。ちょっとおっかないですよね。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら