【トヨタ プリウスvs トヨタ プリウスα】特徴、価格、サイズを徹底比較!!

こんにちは。新型プリウスが発売されて少し時間が経ち、情報も出揃ってきたことで購入を考えている人もいるのではないでしょうか?また、検討する中でトヨタの兄弟車と言っても過言ではない、プリウスαと比較検討している人も数多くいるのではないでしょうか?

モデルチェンジが近いとも噂されているプリウスαですが、モデル末期ということもあるのか成熟も進み値下げ幅も大きいのでいまだに人気の車種の1つです。

そんな2車種を比較していきたいと思います。

トヨタ プリウスとは?

今回マイナーチェンジで大幅な変化が加わったのがプリウスです。マイナーチェンジ前のプリウスから基本的なデザインはあまり変わりません。今回のマイナーチェンジではフロントフェイスが大幅に刷新され、ヘッドライト周りのデザインがスッキリしたデザインになり、これまでのプリウスよりも親しみやすいデザインに変更されました。前作の30系プリウスとマイナーチェンジ前の50系プリウスの中間のようなデザインに変更されました。

もちろんこれまでのプリウスの低燃費や、TNGAプラットフォームを採用したことによる乗り心地の良さ、セーフティーセンスPなどの安全装置は全グレードに搭載されることになるなど、マイナーチェンジ前の良い部分は引き継がれています。

エクステリア

今回マイナーチェンジで大幅な変化が加わったのがプリウスです。マイナーチェンジ前のプリウスから基本的なデザインはあまり変わりません。今回のマイナーチェンジではフロントフェイスが大幅に刷新され、ヘッドライト周りのデザインがスッキリしたデザインになり、これまでのプリウスよりも親しみやすいデザインに変更されました。前作の30系プリウスとマイナーチェンジ前の50系プリウスの中間のようなデザインに変更されました。

それでも未来的なデザインであることにはあまり変わりなく、人によって好き嫌いが分かれるデザインであることは確かです。それでも、TNGAプラットフォームを採用したおかげなのか、プリウスαよりも低重心なボディーになっており、スポーティーな印象を与えるボディーの作りは最新の車ということを感じさせ、走行性能も高いものであると感じさせてくれます。

ただ、最近の車全般に得ることですが、デザインを優先するあまり後方の視界が見にくいという欠点があります。バックカメラなどを搭載するのが標準となっているいま、必要性は薄くなりつつありますが、安全を考えるとやはり視界は開けていてほしいと感じます。

インテリア

インテリアは最近発売されたばかりということもあり、プリウスαと比べて未来感を感じるデザインになっています。

プリウスαと比較すると、プラスチック感を感じさせる部分が少なくなっており、ステアリングのデザインも最新のトヨタのデザインになっているなどありとあらゆる部分に変化が加えられています。

シートに関しても、これまでのプリウスよりも包み込まれる感の強いシートが採用されており、走行性能が高められたプリウスに合ったシートが作られていると感じました。

しかし、車体サイズの関係もあるのか、プリウスαの方がゆったりできるデザインとなっており、プリウスはどちらかといえばコックピットのような何かに囲まれている圧迫感のようなものを感じます。このあたりは個人的な好みによるところもあります。ゆっくりできるリビング的な環境を車に求めるのか、コックピットのような自分が操る感を求めるのか人によって分かれる部分です。

後部座席においてはこの部分はより躊躇に感じます。プリウスαは、前席のシートポジションをきちんときめたとしても、後部座席は拳2つ半入るほど大きくスペースが確保されていますが、プリウスは2個弱と考えると車体サイズの違いがそのまま車内空間の広さに直結していると感じさせます。

プリウスは今回のモデルチェンジで、これまでプリウスPHVでのみメーカーオプションとなっていた、11インチのナビが選択できるようになりました。エアコンなどもナビ上の画面で調節できるため、操作パネル周辺のデザインがスッキリするという利点があります。またトヨタのコネクテッドサービスが使えるというのも大きなメリットとなっています。しかしナビの交換が基本的にできなくなるなどの欠点もあるので、どのナビを装着するかはよく考えた方が良いかもしれません。

走行性能

今回のプリウスでの最も進化した部分は走りの部分だと感じます。デザインに対しての不満は多くても、走りの部分に関する不満はほとんど見かけません。

実際に試乗したときには、ハイブリッド=走りが悪いというイメージを過去のものにするほど気持ちの良い走りを実感できました。この特徴は、プリウスだけにとどまらず、TNGAプラットフォームが採用されているハイブリッド車(カムリ、CH-Rなど)すべてで感じることができます。それでいて、ハイブリッドの良さである静かさや、出だしのスムーズさなどは残されており非常に運転しやすく楽しいクルマに仕上がっていました。

エンジン出力自体は、30系という先代のプリウスと同じものを利用しており、最高出力もわずかに30系の方が高いものとなっています。それでも全くエンジンが違うようなキビキビとした走りをしており、現行のプリウスの方が速く感じます。これは車高の違いなどもあると思いますが、TNGAの剛性感の高いプラットフォームが叶えている走行性能だと感じます。この走行性能はプリウスαが持っているものとは全く違い、運転を楽しみたいと思っている人でも良いなと思える高い性能となっていました。

トヨタ プリウスαとは?

プリウスαは2011年に発売されたステーションワゴン(ミニバンとも言われる)です。2011年から発売されて以来、ビッグマイナーチェンジはありましたが、フルモデルチェンジはされておらず7年以上同じモデルで発売されています。

発売から時間が経っているプリウスαですが、いまだに人気は衰えておらずトヨタの中でも人気の車種となっています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら