【トヨタ プリウスvs トヨタ プリウスα】特徴、価格、サイズを徹底比較!!

こんにちは。新型プリウスが発売されて少し時間が経ち、情報も出揃ってきたことで購入を考えている人もいるのではないでしょうか?また、検討する中でトヨタの兄弟車と言っても過言ではない、プリウスαと比較検討している人も数多くいるのではないでしょうか?

モデルチェンジが近いとも噂されているプリウスαですが、モデル末期ということもあるのか成熟も進み値下げ幅も大きいのでいまだに人気の車種の1つです。

そんな2車種を比較していきたいと思います。

トヨタ プリウスとは?

今回マイナーチェンジで大幅な変化が加わったのがプリウスです。マイナーチェンジ前のプリウスから基本的なデザインはあまり変わりません。今回のマイナーチェンジではフロントフェイスが大幅に刷新され、ヘッドライト周りのデザインがスッキリしたデザインになり、これまでのプリウスよりも親しみやすいデザインに変更されました。前作の30系プリウスとマイナーチェンジ前の50系プリウスの中間のようなデザインに変更されました。

もちろんこれまでのプリウスの低燃費や、TNGAプラットフォームを採用したことによる乗り心地の良さ、セーフティーセンスPなどの安全装置は全グレードに搭載されることになるなど、マイナーチェンジ前の良い部分は引き継がれています。

エクステリア

今回マイナーチェンジで大幅な変化が加わったのがプリウスです。マイナーチェンジ前のプリウスから基本的なデザインはあまり変わりません。今回のマイナーチェンジではフロントフェイスが大幅に刷新され、ヘッドライト周りのデザインがスッキリしたデザインになり、これまでのプリウスよりも親しみやすいデザインに変更されました。前作の30系プリウスとマイナーチェンジ前の50系プリウスの中間のようなデザインに変更されました。

それでも未来的なデザインであることにはあまり変わりなく、人によって好き嫌いが分かれるデザインであることは確かです。それでも、TNGAプラットフォームを採用したおかげなのか、プリウスαよりも低重心なボディーになっており、スポーティーな印象を与えるボディーの作りは最新の車ということを感じさせ、走行性能も高いものであると感じさせてくれます。

ただ、最近の車全般に得ることですが、デザインを優先するあまり後方の視界が見にくいという欠点があります。バックカメラなどを搭載するのが標準となっているいま、必要性は薄くなりつつありますが、安全を考えるとやはり視界は開けていてほしいと感じます。

インテリア

インテリアは最近発売されたばかりということもあり、プリウスαと比べて未来感を感じるデザインになっています。

プリウスαと比較すると、プラスチック感を感じさせる部分が少なくなっており、ステアリングのデザインも最新のトヨタのデザインになっているなどありとあらゆる部分に変化が加えられています。

シートに関しても、これまでのプリウスよりも包み込まれる感の強いシートが採用されており、走行性能が高められたプリウスに合ったシートが作られていると感じました。

しかし、車体サイズの関係もあるのか、プリウスαの方がゆったりできるデザインとなっており、プリウスはどちらかといえばコックピットのような何かに囲まれている圧迫感のようなものを感じます。このあたりは個人的な好みによるところもあります。ゆっくりできるリビング的な環境を車に求めるのか、コックピットのような自分が操る感を求めるのか人によって分かれる部分です。

後部座席においてはこの部分はより躊躇に感じます。プリウスαは、前席のシートポジションをきちんときめたとしても、後部座席は拳2つ半入るほど大きくスペースが確保されていますが、プリウスは2個弱と考えると車体サイズの違いがそのまま車内空間の広さに直結していると感じさせます。

プリウスは今回のモデルチェンジで、これまでプリウスPHVでのみメーカーオプションとなっていた、11インチのナビが選択できるようになりました。エアコンなどもナビ上の画面で調節できるため、操作パネル周辺のデザインがスッキリするという利点があります。またトヨタのコネクテッドサービスが使えるというのも大きなメリットとなっています。しかしナビの交換が基本的にできなくなるなどの欠点もあるので、どのナビを装着するかはよく考えた方が良いかもしれません。

走行性能

今回のプリウスでの最も進化した部分は走りの部分だと感じます。デザインに対しての不満は多くても、走りの部分に関する不満はほとんど見かけません。

実際に試乗したときには、ハイブリッド=走りが悪いというイメージを過去のものにするほど気持ちの良い走りを実感できました。この特徴は、プリウスだけにとどまらず、TNGAプラットフォームが採用されているハイブリッド車(カムリ、CH-Rなど)すべてで感じることができます。それでいて、ハイブリッドの良さである静かさや、出だしのスムーズさなどは残されており非常に運転しやすく楽しいクルマに仕上がっていました。

エンジン出力自体は、30系という先代のプリウスと同じものを利用しており、最高出力もわずかに30系の方が高いものとなっています。それでも全くエンジンが違うようなキビキビとした走りをしており、現行のプリウスの方が速く感じます。これは車高の違いなどもあると思いますが、TNGAの剛性感の高いプラットフォームが叶えている走行性能だと感じます。この走行性能はプリウスαが持っているものとは全く違い、運転を楽しみたいと思っている人でも良いなと思える高い性能となっていました。

トヨタ プリウスαとは?

プリウスαは2011年に発売されたステーションワゴン(ミニバンとも言われる)です。2011年から発売されて以来、ビッグマイナーチェンジはありましたが、フルモデルチェンジはされておらず7年以上同じモデルで発売されています。

発売から時間が経っているプリウスαですが、いまだに人気は衰えておらずトヨタの中でも人気の車種となっています。

プリウスよりも広いキャビンを備えており、多人数で乗車しても、快適に移動できるスペースを確保しています。また3列シートを選択できるグレードもあり、ヴォクシーなどの背の高い車はいらないけれども3列目が必要という需要にも答えています。

燃費もプリウスに迫る良さを記録しており、JC08モードで26.2kmを記録しています。実燃費でも20kmを超えることは、高速や郊外路の走行であれば簡単にできるという優等生のような数字を残しています。

エクステリア

2011年に発売されてから、フロントのデザイン以外は大きな変化を加えられてないプリウスαのデザインは、発売されてから7年近く経っているいまでも古臭さを感じません。卵型に近い車のフォルムは優しさを感じるデザインで、後方の視界もそこまで悪くありません。新型のプリウスとは真逆のデザインですが、プリウスαのデザインは私は好きです。

またヘッドライトはG以上のグレード(Sグレードではメーカーオプション)ではBi-Beamと呼ばれるLEDのヘッドライトを選択でき、非常にデザイン性の高いものになっています。そして、デザイン性だけではなく、明るさも非常に高く、高レベルで作られている物になっておりデザインと実用性を高い次元で組み合わせた物になっています。

しかし、TNGAプラットフォームではなく30系プリウスと同様のMCプラットフォームというプラットフォームが使われていることからも新型プリウスほど低重心のボディーという感じはしません。

全体的に新型プリウスよりも悪く言ってしまえばずんぐりむっくりのような大きさを感じさせるデザインとなっていますが、どこか優しさを感じるデザインになっています。

インテリア

プリウスαのインテリアは新型プリウスと比較するとスポーティー感を抑えたゆったりとしたインテリアとなっています。

全高や全幅が通常のプリウスと比較して大きいため 、その大きさを活かしたデザインとなっています。またシートアレンジもプリウスよりもバリエーションが多く、ゆったり感を車に求める人にはプリウスよりもプリウスαが向いているでしょう。

ラゲージスペースに関しても、積載量がプリウスよりも大きいのはもちろん、開口部が広く使いやすいと感じる設計になっています。3列シートがあり、7人で乗れるのがプリウスαの魅力ですが、あえて5人乗りを選択して、ゆったりとスペースを広く使う車として使うという選択も良いと感じます。

ダッシュボードの質感などは、やはり新型プリウスが圧倒的に勝っています。プラスチッキーな部分がプリウスに比べてプリウスαの方が多く、高級感を感じたいのであれば新型プリウスが向いています。

走行性能

プリウスαの走行性能は、新型プリウスの走行性能と比べると低いものになっています。エンジンのパワー自体は新型プリウスと変わらないパワーを持っているエンジンが搭載されているもののキビキビした走りはありません。物理的にサイズが大きく、新型プリウスと比較して重量が重いため同じエンジンパワーで走行するとどうしても遅く感じてしまうのは仕方のないことですが、もう少しパワーのあるエンジンが装着されるともっと運転の楽しい車になると思いました。

また、TNGAという新しいプラットフォームが採用されていないため、ステアリングを切った時の反応が新型プリウスほど良くないなどのエンジン以外の部分でも、設計の古さを感じさせます。

この点においては、次回のモデルチェンジではTNGAが採用されると考えられるため、改善される点ではないかと思われます。

しかし、ゆったりしたクルージングなど車の広さとともに与えられるゆとり感は新型プリウスにはないものになっています。

新型プリウスとプリウスαのスペック比較

新型プリウス プリウスα
車体サイズ 4540×1760×1470 4615×1775×1600
排気量 1797cc 1797cc
最大出力 72kW[98PS]/
5,200r.p.m.
73kw[99PS]/5,200r.p.m.
最大トルク 142(14.5)/3,600 142(14.5)/4,000
JC08モード燃費 37.2km 26.2km

新型プリウスとプリウスαの価格比較

新型プリウス 価格 プリウスα 価格
E 251万円 S Lセレクション (5人乗り) 256万円
S 256万円 S (5人乗り) 270万円
S ツーリングセレクション 273万円 S tune BLACK II (5人乗り) 278万円
S 4WD 275万円 S (7人乗り) 291万円
S ツーリングセレクション 4WD 292万円 S tune BLACK II (7人乗り) 298万円
A 284万円 S ツーリングセレクション (5人乗り) 301万円
A ツーリングセレクション 300万円 S ツーリングセレクション (7人乗り) 322万円
G(5人乗り) 305万円
G(7人乗り) 325万円
G ツーリングセレクション (5人乗り) 326万円
G ツーリングセレクション (7人乗り 346万円

まとめ

今回はマイナーチェンジを行ったプリウスとプリウスαを比較しました。

新型プリウスとプリウスαは兄弟車として発売されていますが、持っているキャラクターは全く違い、プリウスは運転を楽しめるように設計された車で、プリウスαはゆったりと運転できるように設計された車だと感じました。

車に何を求めるかは人によって違いますので試乗などを繰り返して、どちらが自分にとっていい車なのか比較をしてみるのをおすすめします。

この記事を読んで乗り換えようかなと思われた方、次の車を購入する前に現在お乗りのお車を高く売るには、今までの売り方とは違う新しい売却のカタチおまかせ出品がおすすめです。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。