フィルムアンテナの3つの取付手順!車内に快適なテレビ環境が創れる

フィルムアンテナは、初期装備のアンテナの受信状況が悪くても、受信環境を良好にできるアイテムです。この記事では、フィルムアンテナの3つの取り付け手順や取り付ける際の注意点などをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

フィルムアンテナとはなにか?

フィルムで車のフロントガラスやリアガラスに取り付ける、車載カメラやカーナビ用の針金状の細い受信用アンテナがフィルムアンテナです。非常に薄くサイズも10cmほどで、所定の位置に取り付けて使用します。

ガラス交換の際には、フィルムアンテナは使いまわしができないため、新しいフィルムアンテナを購入する必要があります。

初期アンテナの受信状況が悪い時に使う

フィルムアンテナは、初期装備のアンテナの受信状況が悪い場合に使うものです。

フィルムアンテナは必ず設置するものではなく、最初から備え付けられているアンテナでは受信状況が悪い場合に用いるものです。そのため、問題なく電波が受信できている場合、使用する必要はないでしょう。

車内テレビで複数チャンネルを視聴したいときに使える

フィルムアンテナは、車内テレビで複数のチャンネルを視聴したい場合にも使用します。

初期装備のアンテナで問題なく受信できていても、複数チャンネルを受信するのは難しいでしょう。そのため、車内テレビで複数のチャンネルを視聴したい場合は、フィルムアンテナを導入しましょう。

フルセグ対応のフィルムアンテナを導入することで、フルセグ視聴も可能になります。

フィルムアンテナの3つの取付手順

フィルムアンテナの3つの取り付け手順をご紹介します。

フィルムアンテナをはじめて使う場合、どのように取りつければよいのかわからないということもあるでしょう。

ここでは、フィルムアンテナの取り付け手順を解説していきますので、フィルムアンテナを利用する際の参考にしてみてください。

手順1:貼る位置を決める

フィルムアンテナを取り付ける場合は、まずは貼る位置を決めます。

商品の説明書にも記載がありますが、フィルムアンテナを貼る位置はフロントガラスの上の方です。運転中の視界を遮らない位置に貼りつけるようにしましょう。

大体の貼る位置を決めたら、貼りつける位置にテープなどで目印を付けるとよいでしょう。

手順2:貼る部分の汚れを落とす

フィルムアンテナを取り付ける場合は、貼る位置の汚れを拭き取りましょう。

フロントガラスに埃や汚れが付着していると、フィルムアンテナが貼りつきにくくなります。そのため、フィルムアンテナを貼りつける位置が決まったら、貼る部分をきれいに拭きとって汚れを落としましょう。

また、拭き取った後はよく乾燥させるようにしましょう。

手順3:貼り付ける

フィルムアンテナを取り付ける場合は、きれいに貼り付けましょう。フィルムアンテナは一度貼りつけると貼り直すことができません。そのため、貼りつける際には丁寧に貼るようにしましょう。

気温が低い場合、フィルムアンテナの粘着力が低くなるため、冬場などは先にドライヤーなどで温めると貼りつけやすくなります。

手間はかかりますが、失敗しないためにもぜひ実践してみてください。

フィルムアンテナを取り付ける際の注意点5つ

フィルムアンテナを取り付ける際の注意点をご紹介します。

フィルムアンテナは取りつけに特別な工具などは不要で、専門的な知識がなくても取りつけられます。しかし、一度貼りつけると貼り直しができないため、取りつけの際には十分な注意が必要です。

ここではフィルムアンテナを取り付ける際の注意点5つをご紹介しますので、フィルムアンテナ取りつけ時の参考にしてみてください。

取り付ける際の注意点1:説明書をしっかり読む

フィルムアンテナを取り付ける際には説明書をしっかり読みましょう。

フィルムアンテナの説明書には、フィルムアンテナの取り付け位置や向きなどが記載されています。より良好な受信環境を実現するためには、説明書に記載されている通りの位置や向きで取り付けることが大切です。

そのため、まずは説明書をしっかり読んでから取り付けるようにしましょう。

取り付ける際の注意点2:空気が乾燥している日に取り付ける

フィルムアンテナは乾燥している日に取り付けるようにしましょう。

フィルムアンテナを取り付ける際には、取り付ける場所の埃や油、湿気などを拭きとる必要があります。また、湿気の強い日には拭き取っても湿気が取り付け部分に残ってしまうため、乾燥している日に取り付けるようにしましょう。

特に雨の日や夜間などは、湿度が高いので避けた方がいいでしょう。

取り付ける際の注意点3:一度貼ると貼り直しができない

フィルムアンテナは一度貼ると貼り直しができないため注意しましょう。

フィルムアンテナは一度貼りつけると、間違えても貼り直すことはできません。貼ったフィルムアンテナを剥がすと中のアンテナが切れたり、受信性能が悪くなったりする可能性があります。

そのため、貼りつける際には気泡などが入らないように、できるだけきれいに貼りつけるようにしましょう。

取り付ける際の注意点4:向きに注意する

フィルムアンテナは向きがあるため注意しましょう。

フィルムアンテナには取り付ける向きがあるため、説明書に記載されている向きを必ずチェックするようにしましょう。たとえば、フィルムアンテナにはL字になっているタイプがありますが、L字は左右上下が同じ形にはなっていません。

向きを間違えても受信は可能ですが、受信しやすい正しい向きで貼りつけるようにしましょう。

取り付ける際の注意点5:もしもの時はお店で貼ってもらう

フィルムアンテナはお店で貼ってもらうこともできます。

自分で取り付ける自信がなければ、カーショップで貼り付けてもらうのもよいでしょう。一般的なカーショップであれば依頼でき、購入したフィルムアンテナを持ち込むこともできます。

作業時間は1~2時間程度で、およそ1万円で依頼できるため目安にするとよいでしょう。

フィルムアンテナおすすめ3選

フィルムアンテナのおすすめ商品をご紹介します。

フィルムアンテナは多くのカー用品メーカーが販売しています。そのため、フィルムアンテナの利用を検討している方の中には、どの商品を選べばよいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。

ここではフィルムアンテナのおすすめ3選をご紹介しますので、フィルムアンテナ選びの参考にしてみてください。

おすすめ1:RoadQuest フィルムアンテナ RQ-AOP001

RoadQuest フィルムアンテナ RQ-AOP001は、RoadQuestポータブルナビ「Aシリーズ」専用のフィルムアンテナです。

カーナビなどの販売で有名なRoadQuest Aシリーズのポータブルナビ専用の地デジブースター付きフィルムアンテナです。フロントガラス面に貼りつけるタイプで、本体付属のロッドアンテナよりも受信感度を安定させることができます。

特に弱電界地域で利用する場合におすすめです。

おすすめ2:アルパイン フィルムアンテナキット KAE-500DT

アルパイン フィルムアンテナキット KAE-500DTはアルパイン製カーナビに対応したフィルムアンテナです。

アルパインは多くのカーナビを販売しているため、アルパインのカーナビを使用しているという方も多いのではないでしょうか。

ただし、一部対応していないものもあるので、使用カーナビが適応しているか事前にチェックしましょう。

おすすめ3:TV/GPS一体型フィルムアンテナキット

TV/GPS一体型フィルムアンテナキットは、トヨタ純正ナビに対応したフィルムアンテナです。

株式会社デンソーのカーナビブランド「ECLIPSE」のカーナビ載せ替え用のデジタルTVアンテナキットです。フィルムアンテナを取り付けるのに必要なものがセットになっています。

貼り付ける前のフロントガラスの油脂や埃、汚れなどをきれいに拭き取れるクリーナー100がセットになっているため、しっかり貼りつけることができるでしょう。

フィルムアンテナを駆使して快適なテレビ環境を創ろう

フィルムアンテナを利用して車内でテレビを視聴してみましょう。

フィルムアンテナは受信状況が悪い場合や、車内で複数チャンネルを視聴したい場合に便利なアイテムです。貼りつけに特別な工具はいりませんが、貼り直しができないため注意が必要です。

ぜひこの記事でご紹介したフィルムアンテナの取り付け手順や取り付ける際の注意点などを参考に、フィルムアンテナを利用して快適な車内テレビの視聴環境を構築しましょう。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?