トヨタはなぜ「ダサい」車を作り続けるのか

日々繰り返されるトヨタダサい論争。日本一の自動車メーカーでありながらなぜここまで言われてしまうのでしょうか。たしかに、トヨタ車は好みが分かれると言いますか、個性的なデザインが多いですよね。また、ラインアップはそのデザインに統一されつつあるのが怖いところ。もちろん、好みは人それぞれなのでトヨタ車が好きな方は気を悪くしないでください。トヨタのあのデザインにはちゃんと理由があるのです。

化けてしまった…最近のトヨタ車ラインアップ

まずは、最近のトヨタ車ラインアップを見ていただきたい。次々とモデルチェンジされて現在のトヨタらしいデザインに統一されていってます。プリウスなんて毎回アツい議論がされていますよね。

ヴィッツ

旧ヴィッツ

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/vitz/grade/#mc7295

現行ヴィッツ

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/vitz/photo/#photo

アルファード

旧アルファード

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/alphard/grade/#mc8308

現行アルファード

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/alphard/photo/#photo

エスティマ

旧エスティマ

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/estima/grade/#mc8747

現行エスティマ

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/estima/grade/#mc8747

シエンタ

旧シエンタ

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/sienta/grade/#mc10491

現行シエンタ

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/sienta/grade/#mc10491

プリウス

旧プリウス

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/prius/grade/#mc6307

現行プリウス

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/prius/grade/#mc6307

スープラ

旧スープラ

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/supra/photo/#photo

現行スープラ

https://newsroom.toyota.co.jp/jp/toyota/26144305.html

シエンタさん…

一番魔改造されたのはシエンタでしょうか。あの頃はくりくりとした丸い目で控えめな見た目な車でした。いまは大口を開けて顎を出し、3世の怪盗を追う某刑事のようなもみあげが生えています。他の車種もアルファードを筆頭にデカいフロントグリルや引きつったヘッドランプに統一されています。あと、ヘッドライトの下のエラのようなものも必須なようです。あ、アルファードはプレデターに似てますよね。話題の新型スープラも…エイリアンっぽい顔なんですが、ブガッティ・ヴェイロンに似てると言われればそんな気もしますね。

ユーザーやファンの間では賛否両論

このように、トヨタのデザインは一昔から大きく変わり、奇抜なものへと進化を遂げています。かなり好みが分かれそうなデザインですが、とりあえず世間の意見を聞いてみましょう。

もう出るわ出るわ。最近、新型スープラが発表されたことでいつも以上にトヨタダサい論争が盛り上がっています。というか、あのスープラでさえダサいと言われてしまう始末…。あれ、そう言えば同じく新型の発表で世間を賑わせたホンダのNSXは評判よかったですよね。一体何が違うのでしょうか。反対に、トヨタをダサいと叩くのはダサいという意見もあります。たしかに、メジャーなものを批判して「俺、他とは違うから」アピールをするというのはよくある話です。人気者にアンチは憑き物ですから、仕方のないことなのでしょう。

なぜダサいデザインになる?

なぜ、トヨタの車は「ダサい」と呼ばれるデザインになってしまうのでしょうか。実は、その原因はトヨタの会社事情に関係しているのです。クルマ造りというのは多くのチームがひとつになって成し遂げられるものですからね。マツダのオフィシャルウェブサイトを見るとよくわかるのですが、エクステリアデザイナーからクレイモデラー、カラーデザイナーやエンジニアなどが連携し、ひとつの所を志さなくてはいけないんです。トヨタくらい大きな会社になってしまうと連携が難しいのでしょう。

豊田社長「プリウスはかっこ悪い」

クレバーな議論はダメです。社内の議論は、社会の縮図であるべきなんです。(社内の人材は粒が揃っているが)現実の世界にはいろいろな人たちがいて、それぞれに考えることは違う。だから互いの立場を察した予定調和のような議論は止めようと。徹底的に文句を言い続けることが変革の力だし、チャレンジにつながります。TNGAの第一弾として重要な今回の(4代目)プリウスについても、私はずっと言ってますよ、『カッコ悪い』って。主査の豊島には最後までそう言い続けました。でもそれが健全な議論だと思います。言いたいことが言える。多様性を認める。トヨタと言う組織を変えていくには、そういう活発なコミュニケーションが一番重要なのです」

https://president.jp/articles/-/20121?page=3

社長自ら「プリウスはかっこ悪い」と言ってしまっています。しかし、これは社長の意見でも通らないことがあるということが言いたいわけですよね。立場に関わらず、多様な議論をすることは大切ですが、社長がかっこ悪いと思うものを作るのはどうなのでしょう。まあ、世の中には車の免許を持っていない自動車会社の社長もいますからね。

デザイナー泣かせの社内構図

どうやら、どんなにいいデザインを作ってもダサいデザインを量産する上司が横槍を入れてきて、ダサくなってしまうのだとか。さらに、デザインをわかっていない役員達がダメ出しをしていってどんどんダサくなっていく…。いままでは顧客から大量のデータを取り、100人に社内審査をしてデザインを決めていたそう。たしかに、昔は万人受けする無難なデザインが多かったですよね。

かっこよさより「個性」

デザイン部門のトップ、あのエスティマを手がけて社長が直々に任命したデザイナーが上記の「上司」なのでしょうか。彼はこう語る。

プロポーションが重視され個性を殺すことが求められる『ファッションモデル』ではなく、顔つきをはじめとした個性が重視される『ハリウッドスター』がトヨタ車に必要。

https://response.jp/article/2014/10/14/234992.html

かっこいいクルマをつくろうと思うなら、現時点では、ちょっと変じゃないかと思われたり、抵抗感があったりするくらいがちょうどいい

https://jp.reuters.com/article/tk0580617-analysis-toyota-design-idJPTYE8BO01T20121225

なるほど、つまりレディーガガを量産しているという感じですね。いままでの「万人受けするが個性を欠く」イメージが強かったトヨタですが、それを改善しようとした反動でものすごい個性的な車を作っているのでしょうか。今のトヨタは、「とにかく個性的な車をつくる思想」に取り憑かれてしまっているような気がします。

それでもトヨタが世界一な理由

https://toyota.jp/markx/grade/gr_sport/

とはいえ、トヨタは世界一の売り上げを誇っています。車と言えばトヨタ、日本の企業と言えばトヨタです。トヨタは我々日本人の誇りですね。上記にもありますが、人気者にアンチは憑き物です。好き嫌いも人それぞれ。トヨタは売り上げ一位なのですから、比較的トヨタが好きな人の方が多いというわけです。筆者も、トヨタのスポーツカーはかっこいいと思います。86は本当にかっこいいと思いますし、GR SPORT仕様の車もなかなかイカしてますよね。トヨタがその気になればかっこいい車なんて余裕で作れるってことですよ。2019年の春に発売される新型RAV4を見た時は「おお、やるじゃんトヨタ」と思いましたね。

圧倒的なブランド力

トヨタを買えば間違いない。世間ではそのように言われることもしばしば。特に、トヨタの国内生産の半分は国外輸出ですので、世界でも幅を利かせまくるブランド力を持っています。あまりにも世界に浸透しているため、トヨタはアメリカの会社だと思っているアメリカ人もいるのだとか。「壊れにくい」「燃費がいい」などの海外の日本車に対するイメージはトヨタが先頭に立って作ってきたと言っても過言じゃありません。海外のゾンビ映画でも壊れにくいトヨタ車だけエンジンがかかったりしますよね。

大衆車として万人ウケするデザイン

車離れが叫ばれている現代では、日本で車を売るよりも海外でウケる車を作った方がいいというのは誰でもわかること。しかし、トヨタは国内向けの車を作り続けています。4割のシェアを占める軽自動車、デカイほど売れるミニバン、ハイブリット車も日本では異常に売れています。プリウスを筆頭にハイブリット車が売れ始め、プリウスが「ハイブリットらしい」デザインを世に広めていきました。ミニバンも「大きく見せたい」「威圧感のある」「ゴツゴツしている」ものを作り、結果的に万人にウケまくっていますよね。

一線を画するアフターサービス

アフターサービスにおいて、重要なのはディーラーの数。トヨタは全体の半分程度を占めています。さらに、「トヨタサービスカード」を発行すればメンテナンス情報がカードを元に集約され、全国どこのトヨタのお店でも最適なサービスを受けることができるのです。どこに行ってもトヨタのお店はありますから、一番安心できますよね。

この記事を読んで乗り換えようかなと思われた方、次の車を購入する前に現在お乗りのお車を高く売るには、今までの売り方とは違う新しい売却のカタチおまかせ出品がおすすめです。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら