トヨタはなぜ「ダサい」車を作り続けるのか

日々繰り返されるトヨタダサい論争。日本一の自動車メーカーでありながらなぜここまで言われてしまうのでしょうか。たしかに、トヨタ車は好みが分かれると言いますか、個性的なデザインが多いですよね。また、ラインアップはそのデザインに統一されつつあるのが怖いところ。もちろん、好みは人それぞれなのでトヨタ車が好きな方は気を悪くしないでください。トヨタのあのデザインにはちゃんと理由があるのです。

化けてしまった…最近のトヨタ車ラインアップ

まずは、最近のトヨタ車ラインアップを見ていただきたい。次々とモデルチェンジされて現在のトヨタらしいデザインに統一されていってます。プリウスなんて毎回アツい議論がされていますよね。

ヴィッツ

旧ヴィッツ

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/vitz/grade/#mc7295

現行ヴィッツ

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/vitz/photo/#photo

アルファード

旧アルファード

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/alphard/grade/#mc8308

現行アルファード

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/alphard/photo/#photo

エスティマ

旧エスティマ

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/estima/grade/#mc8747

現行エスティマ

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/estima/grade/#mc8747

シエンタ

旧シエンタ

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/sienta/grade/#mc10491

現行シエンタ

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/sienta/grade/#mc10491

プリウス

旧プリウス

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/prius/grade/#mc6307

現行プリウス

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/prius/grade/#mc6307

スープラ

旧スープラ

https://autoc-one.jp/catalog/toyota/supra/photo/#photo

現行スープラ

https://newsroom.toyota.co.jp/jp/toyota/26144305.html

シエンタさん…

一番魔改造されたのはシエンタでしょうか。あの頃はくりくりとした丸い目で控えめな見た目な車でした。いまは大口を開けて顎を出し、3世の怪盗を追う某刑事のようなもみあげが生えています。他の車種もアルファードを筆頭にデカいフロントグリルや引きつったヘッドランプに統一されています。あと、ヘッドライトの下のエラのようなものも必須なようです。あ、アルファードはプレデターに似てますよね。話題の新型スープラも…エイリアンっぽい顔なんですが、ブガッティ・ヴェイロンに似てると言われればそんな気もしますね。

ユーザーやファンの間では賛否両論

このように、トヨタのデザインは一昔から大きく変わり、奇抜なものへと進化を遂げています。かなり好みが分かれそうなデザインですが、とりあえず世間の意見を聞いてみましょう。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら