シボレー C10はクラシカルなピックアップトラック

シボレーC10

シボレーC10の特徴

シボレーC10の特徴①

シボレーc10はアメリカの自動車メーカー、ゼネラルモーターズがシボレーブランドで販売していたフルサイズピックアップトラックで、1960年代~80年代まで生産された本国アメリカでは勿論ですが日本国内でも根強い人気のあるクラシカルなピックアップトラックです。1960~70年代のc10は日本国内への輸入等も少なく貴重という理由から高額な取引をされておりますが、80年代のc10については比較的に金額も落ち着いており、フルサイズピックアップトラックのエントリーモデルとしてもとても人気があります。

シボレー C10の特徴②

90年代に日本国内で爆発的な人気を博したシボレーC/Kトラックと比べるとc10の存在というのは正直なところ一般的に知名度が低いかもしれません。古くからのアメ車好きからするとC/KトラックよりもトラックらしいというのがC10の良い所あり、悪い所であったりすると言います。新しい車両でも80年代です。古さは否めませんが、独特の乗り味を楽しめるのがシボレーC10トラックです。

シボレー C10の特徴③

構造上もどうしても古さが否めないシボレーC10ですが、構造が古い分、手を加えやすいのも特徴の一つです。
また、シボレーC/Kトラックと比べ、状態が良い車両が多いので燃費などについても車体の割に良い車両と出会う確率が高いのもシボレーC10の特徴かもしれません。

「シボレーC10の歴代モデル」

初代は1960年~66年に生産され、二代目は1967年~72年生産されました。三代目は1973年~87年まで生産され、後継車両がC/K1500シリーズと呼ばれるフルサイズトラックとなりました。

シボレー c10の歴代モデル①

シボレーC10画像

引用元:http://www.gmblog.net/menu04/chevrolet/

初代モデルについてですが、エンジンは直6、V6,V8と三種類の設定があり、ボンネット周りをはじめとして全体が丸みを帯びたのが大きな特徴です。日本国内への輸入は数少ない為、市場価格も歴代モデルの中で一番高額です。
見た目の可愛さから女性オーナー等も存在するのも特徴です。

シボレー c10の歴代モデル②

シボレーC10画像

引用元:http://www.gmblog.net/menu04/2016/03/_c10_4.html

二代目モデルですが、大きく変わったのはエンジン排気量の見直しがされ、新たに5.7LのV8、6.5LのV8、6.6LのV8エンジンのラインナップが追加されました。日本国内では6.5V8、6.6LV8エンジンを積んだc10の流通は殆どなく、見つかれば貴重な一台と思われるくらいのレアです。また、全長が初代モデルと比べ長くなったのも大きな特徴です。

シボレー c10の歴代モデル③

シボレーC10画像

引用元:http://www.gmblog.net/menu04/2015/09/c10_1.html

三代目についてはなんといっても見た目がスクエアな顔立ちになったのが大きな特徴です。
また歴代のC10の中で圧倒的なセールス記録を誇り、15年に渡って生産されたロングセラーモデルになりました。同時に日本国内への輸入が一番多くされたモデルでもあります。ディーゼル車のラインナップもありますが日本国内の流通は殆どありません。スクエアな顔立ちに従来の丸型2灯ヘッドライトから角型4灯ヘッドライトに変更されました。

「中古車価格について」

先にも触れたとおり初代モデルが一番高額、次に二代目、三代目というのが一般的ですが、整備などをしっかりされているか否か、改造しているか元々のオリジナルなのかによっても金額の差は大きくなります。初代モデルのフルレストア車両等といった車両の場合は文字通りの新車状態の為破格的に高額な取引がされています。

シボレー C10の歴代モデル①〜②

初代モデルのそれもフルレストア車両については先程も触れた通り新車状態の為破格的な高額で販売されています。
また、フルレストアとまではいかなくとも、フルオリジナルのノーマル車両や走行距離が少ないミントコンディションと呼ばれる整備記録や素性のわかる車両についても高額な取引をされているのが実情です。二代目についても同様と思って良いです。

シボレー C10の歴代モデル③

三代目については初代、二代目モデルと比べると日本国内における流通量の多さから比較的安価な設定で販売されていますが、同時に整備記録もなく素性がわからない上、保証無しの現状販売をされている車両の多さにも注意が必要です。中には車両が購入できても車検等についても一切対応してもらえない等のトラブルが発生するような販売店での取り扱いもあります。

「80年代モデルがおすすめ!」

シボレーC10画像

引用元:http://www.gmblog.net/menu04/2015/09/c10_2.html


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら
シボレーC10