【必見】中古車購入時に必要な書類などをまとめてみた

中古車購入時に必要なもの1:実印

学校を卒業する時に「大人の印」として実印を作った人もいるでしょうが、実印とは単に「立派なハンコ」という以上の意味があります。 住んでいる市区町村役場で「実印登録」された実印は、どのような契約でも有効な、強力なハンコなのです。 最近はサインや三文判、果てはシャチハタで済むような書類もありますが、不動産や車のような高額契約では実印が必須になりますから、もしまだ作っていないという人はすぐに作って、役所で実印登録をしておきましょう。

中古車購入時に必要なもの2:印鑑証明書

実印は単に登録さえしてあれば、誰でも実印と認めてくれるわけではありません。 それが実印であることを証明する「印鑑証明書」が必要になります。 実印を求められるような契約では、この印鑑証明書がセットになると思ってください。 役所で実印登録さえしてあれば、印鑑証明書はすぐに発行してもらえます(有料ですが)。 最近は役所以外でも自動発行機が設置されている例も多いため、発行用のカードなどがあれば窓口で並ぶこともありません。 また、マイナンバーカードを持っていれば、コンビニなどで発行できる自治体もあります。 この印鑑証明は下取り車があるある場合には譲渡の際にも使うので2枚必要なのと、証明書の有効期間は発行から3か月以内なので、あまり普段から発行してとっておいても意味が無いことには注意してください。 なお、ローンなどで購入して信販会社が返済までその車の所有者になる場合は、購入者はあくまで「使用者」に過ぎませんので、購入時の印鑑証明は必要無く、信販会社に手続きを相談しましょう。

中古車購入時に必要なもの3:委任状

個人売買など、自ら陸運支局などに出向いて車の名義変更など行うなら別ですが、中古車の売買では大抵の場合販売店が代行します。 その場合、持ち主から手続き代行を委託されたことを証明する書類として必要なのが委任状です。 委任する人が署名して実印を押せばOKで、用紙も販売店が準備してくれています。 Ancarのような個人売買仲介業でもそれは同じですから、購入が決まったら委任状については相談しましょう。 これは本当に車の売買が成立し、名義の移転が必要になってからで構いませんので、慌てる必要はありません。

中古車購入時に必要なもの4:車検証


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら