ターボ付き軽自動車おすすめ8選|ターボのおすすめ用途もご紹介!

最近では軽自動車の発展がめざましく、ターボ付き軽自動車は各社が最新の技術を採用して大きさや値段以外では普通車と変わらない存在になって来ました。現代のターボ車は燃費と走りを両立できる非常に優れたものとなっています。そんなターボ付き軽自動車のおすすめを今回は紹介していきます。

軽自動車とは?

近年軽自動車人気が続いていますが、軽自動車と普通自動車の違いをはっきりと答えられない方もいるでしょう。軽自動車の規格は、全長が3.4m以下、全幅が1.48m以下、全高2.0m以下、排気量660cc以下、定員4名以下、貨物積載量350㎏以下となっています。以下では、軽自動車の魅力かや人気の軽自動車などを説明します。

現在の軽自動車の規格は、排気量660cc以下、長さ3.4m以下幅1.48m以下、高さ2.0m以下の三輪および四輪自動車です

https://www.keikenkyo.or.jp/information/information_00012…

軽自動車の魅力

軽自動車が支持される理由としては経済的であるということです。消耗品であるタイヤ、オイルなど普通自動車より安く手に入れることができるようになりました。また、軽自動車にありがちだった発進時のパワー不足を感じることも技術の進歩によりなくなってきています。加えて装備に関しても、エアコンやナビ類の電装品装備も充実しています。

ターボ付き軽自動車おすすめ8選

近年、軽自動車の規格いっぱいまで設計した車種が増え、従来のエンジンだとパワー不足になります。そこで限られた排気量でより、パワーが出るターボエンジン付きの車種がおすすめです。ターボがついていない車より値段は高くなりますが、普通車と比べて維持費などが安いので人気の理由にもなっています。ここではターボエンジン付きおすすめ8車種を紹介します。

スズキ ワゴンR

https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/styling/img/image01.jpg

スズキ「ワゴンRスティングレーハイブリッドT」がおすすめです。新プラットフォーム「ハーテクト」の採用で、エンジンルームの最小化に成功し、大人4人が乗車しても後席はゆったりと足が伸ばせます。また、前席のヒップポイントの最適化は乗り降りのしやすさも追及しています。ハイブリッドとターボの組み合わせで燃費の悪化も最小限に抑え、ターボのパワーで余裕の走りができ、長距離ドライブにもおすすめです。

ダイハツ タント

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/tanto/img03_exterior/main01.jpg

ダイハツタントの「Xターボ」と「カスタムRSターボ」の2車種がおすすめです。次世代スマートアシスト採用でより安心・安全な運転が可能です。またタント独自のスライドドア側のセンターピラーをなくし、乗り降りしやすくなっています。少し大きめの荷物やベビーカーの積み下ろしも簡単にできますので、小さなお子様や高齢者の方も乗り降りしやすく、家族そろってのお出かけにおすすめです。

ホンダ N-BOX

https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/styling/design/image/pic_styling_nm_cs.jpg

ホンダ「N-BOX」のターボ付き車種もおすすめです。コンパクトな車体にもかかわらず、室内空間が広々としています。また、耐久性の高い高強度なボディの実現と、「Honda SENSING」という安全支援システムの採用も特徴です。そのため、日常生活でも長距離ドライブでも楽な運転をすることができます。

スズキ ハスラー

https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/styling/img/img01.jpg

スズキ「ハスラー」にも、ターボ付き車両がラインナップされています。ターボ車でありながら、低燃費を実現しています。また、アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能)つきで、高速道路などでの運転をサポートしてくれます。加えて衝突時の衝撃を効率よく吸収する構造を採用し、歩行者や車両乗員の安全をサポートしています。ハスラーは街乗りでも遠出でもおすすめの車です。

日産 デイズ

https://www2.nissan.co.jp/SP/DAYZ/VLP/SAFETY/EASEofDRIVING/IMAGES/easeOfDriving_03.jpg

日産の軽自動車は、「デイズ」がおすすめです。軽自動車ながら、高速道路でのアクセルやブレーキ、ハンドル操作を車がアシストするプロパイロットを採用したグレードがあります。また安全面では、高強度ボディに加えて、歩行者傷害軽減ボディを採用しています。主に街中で使用するが、時折高速道路を利用するという方にもおすすめの一台です。

ダイハツ ムーヴ

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/move/img03_exterior/main01.png

ダイハツ「ムーヴ」のターボ車もおすすめです。「スマートアシストⅢ」という安全運転をサポートする装備が標準でついています。こちらは衝突警報機能や衝突回避支援ブレーキなどの機能です。ボディも衝突安全ボディを採用しています。しかし、これだけの機能で価格がとても抑えられています。燃費も大変よく、街乗り中心でお使いになる方におすすめの一台です。

ホンダ N-WGN

https://www.honda.co.jp/N-WGN/webcatalog/styling/design/image/pic_main_1.jpg

ホンダ「N-WGN」のターボ車もおすすめです。「Honda SENSING」を標準装備で、安心かつ安全な運転を力強くサポートしてくれます。荷室は床を低くすることで容量が大きい仕様になっています。また床が低くなった分、重いものの積み下ろしが楽でしょう。ちょっとしたお買い物など、普段の足代わりに使用する方におすすめです。

三菱 ekワゴン

https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/ek_wagon/exterior/images/exterior_01.jpg

三菱「ekワゴン」にも、ハイブリッドでありながらターボ付き車両があります。高速道路での同一車線運転支援技術「マイパイロット」を採用し、ロングドライブをサポートします。運転席や助手席の形状から、長時間運転の疲労軽減につなげます。高速道路を利用して長距離を運転される方にもおすすめの一台です。

ターボの役割

ターボとは、ターボチャージャーというエンジンに取り付ける過給機のようなものです。排気量を変えずにパワーを上げることができます。軽自動車は排気量が決まっているため、今以上にパワーが欲しいときは普通車に買い替える必要がありましたが、ターボのおかげでそのような必要もなくなります。最近は排気量を抑え、パワーを維持する目的で、普通車にもターボ付き車両が増えています。

ターボ機能のメリット

ターボを搭載した車両は、同じ排気量のノンターボ車両と比較してもパワーが出るため、スムーズな加速が可能です。特に高速道路を走行する場合は、ターボ付き車両のメリットを生かすことができます。その他に良い点としては、軽自動車であるため維持費を安く抑えられることです。普通自動車を買うよりも、軽自動車のターボ付き車両を購入した方が車両価格や維持費などを抑えられるためおすすめです。

ターボ機能のデメリット

ターボ付き車両にも、デメリットはいくつかあります。ターボ付車両はエンジンの排気量を上げずにパワーを得るため、燃費が悪くなります。また、ターボがついていない車両と比べても車体価格が高くなるでしょう。加えて、ターボがついていない車両よりも故障が多くなる点もデメリットに挙げられます。ターボ車は、ターボチャージャーによりエンジンの回転数を短時間で上げられるため負荷がかかりやすく、きめ細かいメンテナンスが必要です。

ターボ付き軽自動車のおすすめ用途

走行性能が良いターボ付き軽自動車は、汎用性が高いためどのようなシーンにおいても適しています。アウトドアなどの趣味で車を利用する人や、たくさんの荷物を一度に運ぶ機会が多い人、高速道路を頻繁に利用するという方は是非購入を検討しましょう。

使用用途にあった軽自動車がおすすめ

ターボ付きの軽自動車には、様々な先進技術が採用され、安全なドライブをサポートしてくれます。各メーカーにより、それぞれのターゲットとなる方を想像して車を作成しているため、購入の際にはご自分の生活スタイルに合った自動車を選びましょう。快適に普段の生活が送るためには、使用用途に合った軽自動車がおすすめです。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら