【試乗記 JB23ジムニー】なぜ人気?入門〜玄人まで、みんなが選ぶロングセラー軽クロカン!

最新の製品が最良の選択…そうはいかないクルマの世界。時代を切り取ったテイストや、圧倒的なコストパフォーマンスなど、価値観が広がる中古車の世界を実際に車に乗ってご紹介!今回は軽クロカン絶対王者『スズキ ジムニー』、その中で最も長く愛された本車の象徴とも言える型、JB23が登場です!

モデル一番のロングセラー、3代目『JB23』はどんな車なのか?

1970年、商用車として生まれたジムニー。その3代目JB23が生まれた時代はゴツいクロカンブームがひと段落した頃でした。

この車はそんな時代が求める乗用車気質を兼ねつつ、ジムニー特有のディープな世界観を一切妥協しなかった、オンリーワン・軽だと断言できます。

先代と比べ丸みを帯びた外装に、伸びた全長&ホイールベースは高速安定性を考慮した結果です。マイルドな顔つきで初代や2代目と全く違う雰囲気。

それどころか現行ジムニーに比べても柔らかな印象を受けるため、最も長期間販売されたモデルでありながら歴代の中では特異なモデルかもしれません。今回レンタルしたのは『ランドベンチャー』というグレードで、各所のメッキ加飾がそんな柔らかな表情をキリッと際立たせています。

ちょっとスマートな『JB23ジムニー』ですが、ひとたびハンドルを握ればわかるその職人気質なタフガイぶりと、20年間選ばれ続けた理由。実物に“まだ”触れていない皆さんをどこまで引き込めるかわかりませんが、拙筆ながらこの世界観をご紹介させて頂きましょう!

もはや軽トラ?「使う」ことだけ考えた、ウルトラシンプル空間

どの席に座ってもインパネを見渡しても、感想はただ一つ。この車の内装に意思を持った装飾性は全くないという驚きです。

人によっては「軽トラ?」と思われかねない運転席周り。しかしそのシンプルさが、操作性の良さと使い易さに直結しています。例えばエアコンはタッチパネルに比べ物理的なコントロール感に富んでおり、指先の感覚で直感的な操作が可能になっていますね。むしろ各部スイッチのクリックな感触が、この車の世界観にマッチしているかもしれません。

後部座席はドアの開口部が広い為乗り込み易いものの、座ると流石にキツキツです。

緊急用または荷物置きシートとして捉えた方が良いでしょう。これまでのジムニーに比べ、ファミリーユースを意識した本車ですが、基本定員は2名乗車ですね。

荷室は車体寸法上奥行きに限界がありますが、ラダーフレーム特有の薄いキャビンにより開口部が広く取られています。後部座席を倒せば大型のスペースが生まれる上に、ちょっとした蓋付き収納や物入れも用意されている為、使い勝手は非常にGOOD。流石に車中泊はどんなに体を丸めても厳しく、断念しました。

全身に伝わるジムニーの自信「他にいないでしょ、こんな車」

まるで座席下に頑丈な板を一枚敷いたような鉄壁の乗り心地で、『ラダーフレームの義務教育』を受けることができます。

これが世に言うジムニーの魅力…感嘆せずにはいられませんでした。確かに路面のうねりによる縦揺れが大きい為、快適な乗り心地ではありません。しかし、微小な段差や荒れに対する車体の受け止め方には驚くばかり。ガッチリ組まれたラダーフレームが持ち前の頑丈さで、地面から来る様々なイレギュラーをビンビン弾き返します。

 

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら