年収?世間体?気にしていたら欲しい車が分からなくなってしまった…

予算関係なく本当に欲しい車は?

車を買うのに、まず考えてしまうのは予算です。 お金があるから車を買おうと思ったんじゃないの?とは必ずしも限らず、何か欲しい時はお金の有る無しに関わらず欲しくなりますし、目的が決まればお金は後からついてくることもあります。 少なくとも、その目的に向かってお金を稼ごうとは思うでしょう。 その時に「お金が無いから、やっぱりいいや」と思ってしまうより先に、とにかくお金の話は脇に置いておき、欲しい車を考えた方がいいです。 ある人にとっては、それはスーパーカーやスポーツカーでしょう。 別な人にとっては、ミニバンやステーションワゴンかもしれません。 現在のトレンドでは渋いチョイスですが、落ち着いたセダンが良いという人も? トレンドと言えば外せないのは、SUVですね。 そうした「ジャンル」でまず考えて、どんなジャンルで、どんな形をしていて、どんな顔(フロントマスク)をしていて、どのくらいの大きさで。 そのようなことを考えていると、道が開けてきます。

それは新車?中古車でもある?

次に考えるのは、自分が欲しいとイメージした車は、売っている車の中にあるのか。 ここで既に「どこかで見た車」であれば話は早く、そのものをインターネットのホームページなどで見ていけば良いのです。 見るのはメーカーのホームページと、中古車情報サイトでしょうか。 最近は中古車情報でも新車や新古車(登録済み未使用車)を販売していることが多いので、最初から中古車情報サイトでメーカー別に見ていった方が、目当ての車に近づけるかもしれません。 そこで新車にせよ中古車にせよ、目当ての車を見つけましょう。 その上で、それは新車か中古車か?販売価格は現実的なのか?外から見た形だけではなく、内装や装備は自分の好みや希望にマッチするか? そうしていけば、自ずと欲しい車が絞り込めてくるでしょう。

車の費用として使えるお金は?

ここで始めて「お金」や「予算」といったキーワードが登場します。 まず貯金はいくらあるのか。 自分の勤続年数など社会的立場から、どのくらいお金を借りることができるのか。 貯金が十分にあればともかく、大抵の人は「いくら借りられるのか」まで考えるでしょう。 いくら借りられるかだけではなく、もちろん現実的に毎月返済可能な額まで計算に入れた、最大額を金融機関や信販会社に聞いてからでも遅くはありません。 そうした「貯金」と「借金」を合わせた額が、「予算」になります。 そうして決まった予算の中に、あなたの欲しい車はありましたか? 無ければちょっと理想のハードルを下げて車選びの見直し、あればその中でさらに絞りこみましょう。

維持費について

さて「購入可能な理想の車」が見つかったところで、あとは維持費の問題です。 車には購入後も税金や車検費用など、乗る乗らないに関わらず、所有している限り最低限負担しなければいけないお金があります。 さらに、通勤に使うならばガソリン代や、その距離に応じたオイルなどの消耗品、タイヤ代、雪国に住んでいればスタッドレスタイヤなど冬用装備、それら全てをひっくるめた「維持費」が必要です。 ここで購入金額をローンでまかなおうとしていたならば、あまり月々の支払いをギリギリにしていると維持費が捻出できません。 そうした維持費の余裕まで見込んだ予算内に収まる、理想の車。 それが「あなたが欲しくて買える車」です。

良いカーライフにするためには?

いかがでしたか? 世間体など「こんな車を買ったらどう思われるだろう?」といった話の前に考えることはたくさんあると思います。 無理に背伸びせず、少しでも余裕のある生活の中でこそカーライフは成立しますから、その中で皆さんの欲しい車が見つかると良いですね! 欲しい車が見つかれば、少しでも安く買う方法を探すことにもなると思いますので、その時にAncarがお役に立てればと思います。

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?