中古車買うなら今!?値下げ時期、値上げ時期一挙紹介

どんな時に人は車を買いたいと思い、売りたいと思うのか

思い立ったら吉日!とばかりに衝動買いで車を買う人も中にはいるでしょう。 しかし、大抵は人生の節目で車を買い、あるいは手放すという人が多いと思います。 特に車を買おうという人は、その節目に向けて貯金をしたり、頑張って働いているという人もいるのではないでしょうか? そしてその逆に、人生の節目を迎えたために、車を売るという決断をすることもあるでしょう。

車を買う節目

・免許を取ったとき ・就職や進学 ・子供ができたり親との同居で、安全で大人数の乗れる車が必要に ・引越しで車が必須になった ・退職金など、大きなお金が入った

車を売る節目

・高齢者になり、免許を返納 ・転職や進学など環境の変化で車が不要になった ・家族が増えるなど別な車への乗り換えが必要になった ・急にお金が必要になった 同じような出来事もありますが、車というのはこうした節目で売買されることが多く、必然的にそれは中古車相場にも影響してきます。

中古車が高い時期は、意外にも「誰もが売りたい時期」

それならば、誰もが車を売りたくて中古車市場に車があふれている時期は安いのかと言えば、答えはNOです。 実は「中古車市場に入ってくる車が多い時期」とは「車の選択肢が増える時期」でもあります。 そのため、中古車が欲しい人にとってもその時期は選り取りみどりなので、需要がおう盛なことから中古車相場も上がるんです。 また、新車が多く購入される時期にも中古車は増えますから、「新車が売れる時期」は「中古車も売れる時期」であり、高値推移になります。 この場合は新車販売店は少しでも多く売るために値を下げ、中古車販売店は売れるので値段を上げるという、中古車と新車の価格差が縮まる時期。具体的には、2月や3月がその時期ですね。 学校卒業を間近に控え、進学や就職の前に車を買ってしまおうという人、それに転勤などで引越しの多い時期というのも拍車をかけています。 車を売りたい人にとっても、この時期ならばいくらでも中古車が欲しい時期なので、高価買取を狙えるというわけですね。

安く買いたいなら中古車の売れない時期

それでは中古車が安い時期はいつなのかと言えば、誰も車を売らない・買わないもので、市場が澱んで停滞している時期です。 この時期は中古車相場も「余り物には福がある」と呼べるのかどうか、かき入れ時に売れ残った車種ですから、人気車や人気のグレードで程度の良いものは望みにくくなります。 それでも安い掘り出し物が突然出てくること、つまり突発的に車を売らなければいけない人が、買取価格が安くとも売ってしまったがゆえに安く販売されている時期とも言えるでしょう。 そうした時期と車を狙っていけば、案外安く買えるものです。 具体的には、ゴールデンウィークなど大型連休や長期休暇でレジャーにお金を使いすぎた人が車を売ったり、その前にレジャーのために車を売る時期。 それにボーナス前後の時期で、ボーナス前にお金が無い、あるいはボーナスのアテが外れて金策のために車を売る人が増える時期ですね。 そうした時期に丹念に中古車情報をチェックしていると、思わぬ出物に会えるかもしれませんよ!

誰もが欲しい時期に安く買うなら!?

いかがでしたか? 年中同じような値段で売っているようで、実はちゃんと「相場の流れ」が中古車にもあるんですね。 しかし、そうした中でも年間で比較的安定しているのが個人売買で、業者間の相場とは縁が無いことから、中古車相場が高い時期でも案外安く買えることがあります。 Ancarのような個人売買仲介サービスでも、車を売りたい人が増える時期には出品が増えてきますし、それでいて販売店より安い価格で販売されていることもあるでしょう。 「誰もが欲しい時期に安く買う」という目的ならば、Ancarのようなサービスを探すと、欲しい車が欲しい時期に安価で手に入るかもしれませんね!

Ancar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人間売買