BMW iDrive オペレーティングシステム7.0(OS7)は何ができるのか?

2018年10月に、「BMW iDrive オペレーティングシステム7.0 (OS7)」が、モンディアル・パリ・モータショーで初めて公開されました。このOS7は、次期BMW3シリーズ(G20)を始め、X5、Z4、i8でも採用される予定であり、その機能の斬新さから現在世界中で注目を集めています。

今回は、これら新型BMWモデルが採用する予定のOS7で、以前と比べてどのような機能があり、その結果どれだけ便利になるのかをどこよりも詳しくお伝え致します。

アナログメーターを排除した、未来的なデジタルデザイン

OS7では、これまで主流であったアナログメーターを大胆にも排除し、シームレスなデジタルディスプレイを採用しており、この点がまず初めに目につく変化ではないかと思います。
このデジタルディスプレイは運転席の正面と、助手席との中間位置の合計2箇所に搭載されています。

また、ディスプレイのアニメーションには、2Dと2Dを織り交ぜたグラフィックが用いられており、以前と比べてよりドライバーが直感的な操作を行えるよう工夫されています。

デジタルディスプレイへ切り替わったことにより、アナログと比べ表現の幅が格段に広くなりました。そのため、デジタルディスプレイでは、以前は実現不可能であった様々な機能を搭載できるようになりました。これから、BMW OS7で可能となった機能をいくつか紹介しようと思います。

より見やすくなったマップ機能

https://www.press.bmwgroup.com

上の画像を見て頂ければ、運転席側のディスプレイにマップが表示されているのを確認していただけるかと思います。OS7ではメーターがデジタル化されたことで、以前スピードメーターがあった位置にマップを表示させることができるようになりました。これにより、コントロールディスプレイ(運転席と助手席の中間地点にあるディスプレイ)にマップが表示される以前の形よりも、運転席正面のディスプレイに表示されるOS7の方が、格段に視認性が向上しています。また、コントロールディスプレイに縮小されたマップを表示させることで、コントロールディスプレイで大体の道筋を確認し、運転席ディスプレイの拡大されたマップでより細かい道筋などを見るといった使い分けも可能です。

また、状況に応じて、適切な情報を表示してくれる機能も利用できるようになりました。例えば、目的地近くまで来た時に、近くのパーキングエリアを探し出し、そこまでの経路を自動で案内する、といったことをしてくれます。

選択されたドライブモードに合わせたディスプレイ表示

BMW OS7ドライブモード

左からスポーツモード、ECO Proモード

BMW OS7では、3つのドライブモード(スポーツモード、コンフォートモード、ECO Proモード)それぞれに合わせて、自動でディスプレイの表示が変わります。

快適モード、スポーツモードの場合は、運転席ディスプレイ左側にスピードメーター、右側にエンジンスピードが表示され、ECO Proモードでは、左側にスピードメーター、右側に燃料メーターと平均速度が表示されます。このほかのコンテンツも、任意で追加することが可能です。例えば、車にかかるGを表示する、Gメーターといったものも追加できます。

また、選択しているドライブモードとシンクロして、各種ディスプレイ、車内の各種照明の色が変化するクールな機能も搭載されています。例えば、ECO Proモードからスポーツモードに切り替えると、車内のアクセントカラーが青色から赤色に変わります。

格段に向上した操作性

BMW公式ページで、OS7のコンセプトは、「今まで以上にドライバーのことを考えること」であるとの記述がありました。OS7では、このコンセプトに違わないドライバーがより快適に操作できるような機能が実装されています。

操作性の向上に大きく貢献したのが、操作手段の豊富さです。OS7では、操作手段として、ディスプレイタッチによる操作、ジェスチャーによる操作、声による操作の3つの操作法があります。

ディスプレイタッチによる操作

https://www.press.bmwgroup.com

運転席と助手席の中間にあるコントロールディスプレイは、タッチ操作が可能です。コントロールディスプレイは、縦と横にバーがあり、より少ないタッチ数で目的の動作を呼び出すことができます。また、よく使われる機能は、ツールバーに集められ、より簡単に選択できるようになっております。今どこのページにいるか分からなくなっても、ディスプレイ上部にメインメニュー、前回の目的地、お知らせなどにすぐ飛べるボタンがいつでも表示されているため、戻るボタンを連打するといった煩雑な作業をしなくても大丈夫です。

ジェスチャーによる操作

OS7では、7種類のジェスチャーによる操作が可能です。

ジェスチャーによる操作は、今回初めて導入される訳ではなく、実はBMW 7 シリーズから利用することができました。ここで軽く、7シリーズで利用できる5つのジェスチャーを紹介したいと思います。

  • コントロールディスプレイの前で指をくるくると回転させることで、スピーカーの音量調整が可能
  • 電話がかかってきたときに、コントロールディスプレイに指を立てて近づけることで、通話が可能
  • 電話がかかってきたときに、手を左から右へ動かすことで、受信を拒否できる
  • 親指と人差し指を使って円を作ることで、マルチカメラビューの角度を切り替えることができる
  • 二本の指を画面上に近づけると、ドライバーが指定した機能を呼び出すことが可能

筆者はこれらの中で、最後の「ドライバーが指定した機能を呼び出すジェスチャー」はかなり便利ではないかと思いました。よく使われる機能なのに、ディスプレイを数回タッチしないと呼び出せない機能があると思います。そのような機能を、このジェスチャーを使うことで一瞬で呼び出すことができるのは非常に便利です。OS7では、これら5つに加え、新たに2つのジェスチャーが追加されます。このジェスチャーの追加で新たに、どのようなことができるようになるのか、非常に楽しみです。

このように非常に便利なジェスチャー操作ですが、以前まではドライバーのジェスチャーにうまく反応できず、思っている機能を呼びおこせないことが多かったそうです。しかし、今回はカメラの感度も良くなっていることが予想されるので、性能向上にも期待できます。

声による操作

https://www.press.bmwgroup.com

OS7では、高度な自然言語処理機能を搭載しているため、より自然な形で、まるで人と会話をしているような感覚で操作することができるようになりました。例えば、「大阪の天気は?」と聞いた後に、「東京は?」と尋ねるだけで、文脈を正しく捉え、東京の天気を教えてくれます。その他、「疲れたよ」と話しかけるだけで、車が自動で音楽、空調、照明などを調整し、ドライバーの目が醒めるように車内の環境を整えてくれたりもします。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら