近い将来渋滞はなくなる。量子コンピューターが描く車の未来

日々進化してゆく科学の最先端分野として量子力学という学問があります。量子力学という学問は1920年頃に確立されたとても新しい学問で現在集中的に研究が進められています。この量子力学という学問は原子や分子などとても小さな世界を研究する学問です。その量子力学が成果を示したものとして量子コンピューターというものがあるのですが、みなさん知っていますでしょうか。多くの新聞やニュースなどでちらほら見かけたことがあったり、名前くらいは知ってるという人は多いかもしれません。この量子コンピューターが今、車の未来を大きく変えようとしています。量子コンピューターが本格的に社会に導入されることによって今まで帰省ラッシュやUターンラッシュなど様々な場面で人々を悩ませていた渋滞がなくなるというのです。そこで、今回はそんな最先端を行く技術、量子コンピューターが導入されることによって起こる車社会の変化についてお話していきたいと思います。

いま最も勢いのある分野量子コンピューター

量子コンピューターが車の未来に与える影響について語る前にそもそも量子学とはなんなのか、量子コンピューターの何がどうすごいかをここで紹介していきます。

量子力学って?

中学や高校で物理の授業を習っていたという人は多いと思います。物体をビルの上から投げたらどこに着地するのかを計算したり物体の持っているエネルギー量を求めたり。量子力学が生まれる前はこれらの運動の法則は地球上ならどこでも成り立つと考えられていました。しかし、これらいわゆる古典物理学が成り立たない場所が出てきたのです。それが分子や原子などのミクロの世界。このようなとても小さな世界では学校で習ったような物理法則がほとんど成り立ちません。そこで、どう言った法則なら成り立つのかを研究しているのが量子力学といえます。

そんな量子力学の大きな特徴として確立解釈という理論が挙げられます。物質は我々が観測していない間は事象が重なり合った状態で存在しているという理論のことです。これは一体どういうことか、わかりやすいように身近にあるもので例えると外からは見えない二つの箱のどちらか一方にビー玉を入れたとします。自分はまだどちらにビー玉が入っているのか知りません。すると普通に考えればこの時点ですでにどちらか一方にはビー玉が確実に入っているはずです。しかし、量子力学的に考えると自分が箱を開け中を観測するまでどちらの箱の中もビー玉がある状態とない状態が重なりあって存在していると考えられるのです。そして箱を開け中を観測するとその瞬間どちらか一方にビー玉があることが確定します。何だか突拍子もない理論ですが実際にこれはミクロの世界では認められています。「シュレディンガーの猫」もこれと同じ理論ですね。

量子コンピューターと普通のコンピューターの違い

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら