「幸せの国」ブータンで車に乗ると不幸になる⁈実は世界一のEV化推進国だった!

幸せの国・ブータン。その二つ名は、国の成長指標として国内総生産(GDP)ではなく、国民総幸福量(GNH)を最重要視することに由来します。国民総幸福量では①良い統治、②持続可能な社会経済発展、③文化の保存と推進、④環境保護の4つの柱を掲げています。現在叫ばれている「SDGs」を全世界に先んじて推進していることで注目を集めてきました。

そんなブータン、実は車の輸入が原則禁止されているんです。えっ、今どき?という感じですが、車は幸福度を下げるということなのでしょうか…。その一方で、国内には鉄道がないため移動には車が必要不可欠。それでいてブータンには全く信号機がありません。それが理由か、交通渋滞が問題にもなっています…。

そんな後発途上国のブータンですが、現在『世界一EV化を推進している』国だといいます。その実態は知るためブータンの最新の車事情を追ってみたくなりました。

ブータンの地理、移動手段と交通渋滞

ブータンの道路「車が転落する」

ブータンの車事情を抑えるためにも、その地理について軽く触れましょう。ブータンは北は中国、南はインドに挟まれるように位置する、面積約3.8万km²の王国です。これは日本の九州とほぼ同じ面積です。世界最高峰のヒマラヤ山脈を擁します。

ブータンには鉄道が走っていません。そのため長距離の移動では飛行機(空港は3ヶ所)か車を利用します。

ブータンの道路の特徴といえば、崖。ヒマラヤ山脈があることからも土地の標高差、道の高低差が激しいことは想像できるかと思います。地方には悪路が多く、自動車事故は衝突事故よりも崖下への転落事故のほうが多いといいます。「転落事故ではシートベルトを着用するほうが死亡率が高い」という通説から着用を義務付ける法律はなく、民間でも着用を勧めていません。

http://www.dragontours.jp/about_transport.html

ブータンの道路は総延長約8,000km、うち約5,000キロが舗装されています。年々道路の舗装は延長されているので、これで転落事故が減ることを期待します。

交通渋滞が激しいブータンの首都ティンプー

「幸福度」を重視するブータンではありますが、実際のところ経済成長も著しいです。世界銀行によると、ブータンのGDPは過去10年、毎年7.5%成長してきました。その結果、現在ブータンは交通渋滞に悩まされています。ブータンにおけるバスやトラックを含めた車の台数は過去20年間で5倍以上に増えています。とりわけ人口およそ10万人の首都ティンプーは若者の流入が盛んなこともあり、約4万台のガソリン車を抱えています。

交通渋滞の原因としては先述したように道路が未整備だということに加えて、ブータンには信号機がないということが挙げられます。交差点は全てロータリー式で、お互いに左側通行を守りながら譲り合っています。信号機の代わりとなっている唯一の場所がティンプーの交差点にあるブースです。このブースには警察官が立っており、合図を出して交通整理を行っています。

ブータンで唯一「交通信号」の役目を果たすブース

交通量が急激に増えた現状を考えると、信号機の設置は必須のことのように思えます。ですがここで信号機の設置に踏み切らないあたり、やはり“幸せ”かどうかを配慮してのことなのだろうかと考えさせられます。

なお、国連の「世界幸福度報告書(2019)」ではブータンは156か国中95位と思うような結果には至っていないようです。

世界で最もEV革命を推進する国・ブータン

ブータンの現在の目標


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら