【AT車でも楽しく運転したい】パドルシフトの良さとは?

「MT車に乗ってスポーティな運転を楽しみたいけど、普段の運転や渋滞時はAT車の方が便利」

MT車のかっこいいシフトチェンジに憧れはあるものの、家族のことやトータルの使い勝手を考えて仕方なくAT車に…。それでもやっぱり楽しい運転がしたい!休日のドライブくらいスポーティな走りを楽しみたい!
そんな人のために用意されている装備、パドルシフトについて、特徴やメリットについてご紹介します。

そもそもパドルシフトってなに?

パドルシフトとはパドルスイッチとも呼ばれ、最近では様々な車種の上位グレードAT車に搭載されています。ハンドルから手を離さずにシフトチェンジを行うことができるレバーで、クラッチの操作も必要なく、気軽にスポーティな走行が楽しめます。

最近のスポーツカーも次々とAT車のパドルシフトになってきています。フェラーリなどもパドルシフトが主流になっています。

フェラーリのパドルシフト(https://auto.ferrari.com)

パドルシフトの使い方

ハンドルの奥に設置されている左右のレバーを手前に軽く引くように操作します。メーカーによって違いはありますが、右でシフトアップ、左でシフトダウンというように指先で簡単に操作できます。回転数が合わないなど、無理な操作はコンピュータが制御して反応しないようになっているので、安全にシフトチェンジすることができます。それでも、一気にシフトダウンすると回転数が上がりすぎてエンジンに負荷がかかるので気をつけましょう。

MT車との違い、パドルシフトはあくまでもAT車

MT車はクラッチとアクセルの細かな操作がダイレクトにシフトチェンジに影響し、そのダイナミックなフィーリングを楽しむことができます。パドルシフトはその走行感をAT車でも味わえるようにと搭載されたものです。しかし、MT車とAT車ではトランスミッションの構造が根本的に違うため、パドルシフトではなかなか思い通りに操作できないというのが現実です。結局はコンピュータ制御するので、操作が制限されたり、反応が遅れたりなどMT車のようなフィーリングを味わうのは難しいかと思います。あくまでもシフトを変更するスイッチくらいに考えておいたほうが無難です。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら