【AT車でも楽しく運転したい】パドルシフトの良さとは?

「MT車に乗ってスポーティな運転を楽しみたいけど、普段の運転や渋滞時はAT車の方が便利」

MT車のかっこいいシフトチェンジに憧れはあるものの、家族のことやトータルの使い勝手を考えて仕方なくAT車に…。それでもやっぱり楽しい運転がしたい!休日のドライブくらいスポーティな走りを楽しみたい!
そんな人のために用意されている装備、パドルシフトについて、特徴やメリットについてご紹介します。

そもそもパドルシフトってなに?

パドルシフトとはパドルスイッチとも呼ばれ、最近では様々な車種の上位グレードAT車に搭載されています。ハンドルから手を離さずにシフトチェンジを行うことができるレバーで、クラッチの操作も必要なく、気軽にスポーティな走行が楽しめます。

最近のスポーツカーも次々とAT車のパドルシフトになってきています。フェラーリなどもパドルシフトが主流になっています。

フェラーリのパドルシフト(https://auto.ferrari.com)

パドルシフトの使い方

ハンドルの奥に設置されている左右のレバーを手前に軽く引くように操作します。メーカーによって違いはありますが、右でシフトアップ、左でシフトダウンというように指先で簡単に操作できます。回転数が合わないなど、無理な操作はコンピュータが制御して反応しないようになっているので、安全にシフトチェンジすることができます。それでも、一気にシフトダウンすると回転数が上がりすぎてエンジンに負荷がかかるので気をつけましょう。

MT車との違い、パドルシフトはあくまでもAT車

MT車はクラッチとアクセルの細かな操作がダイレクトにシフトチェンジに影響し、そのダイナミックなフィーリングを楽しむことができます。パドルシフトはその走行感をAT車でも味わえるようにと搭載されたものです。しかし、MT車とAT車ではトランスミッションの構造が根本的に違うため、パドルシフトではなかなか思い通りに操作できないというのが現実です。結局はコンピュータ制御するので、操作が制限されたり、反応が遅れたりなどMT車のようなフィーリングを味わうのは難しいかと思います。あくまでもシフトを変更するスイッチくらいに考えておいたほうが無難です。

また、AMT(セミオートマチックトランスミッション)というものも存在します。これはMT車のクラッチ操作を自動化したものです。パドルシフトとは関係ありませんが、こちらもAT限定免許で運転できるのでチェックしてみると良いでしょう。

搭載されている車種

最近では軽自動車からコンパクトカー、SUVからミニバンまで、本当に必要なのかという車種にも搭載されていています。あらゆる車種の上位グレードに用意されているので、検討中の車種があればチェックしてみましょう。

例えば、ホンダのN-BOXもターボモデルにパドルシフトが標準搭載されており、ベーシックモデルとの差額が30万円ほどです。他の車種では差額は大体10万円程度になっています。
また、シフトレバーで操作するマニュアルモードが搭載されている車種であれば、社外品のパドルシフトを後から装着することもできます。

パドルシフトのメリット

MT車にはMT車の、AT車にはAT車のメリットがあり、パドルシフトにもパドルシフトなりのメリットがあります。上位グレードにしてまでパドルシフトをつけるメリットはあるのか。3つほど紹介します。

家族も運転できる

パドルシフトはAT車です。「なんでMT車なんか買ったの!!」と奥さんに怒鳴られることもありません。もしかしたら奥さんがパドルシフトを使いこなして、次はMT車でもいいよと言ってくれるかもしれませんね。子供が運転できる年齢であれば、MT車は怖くて運転させられませんが、パドルシフトであれば初心者でも安全に運転することができます。家族がAT限定免許しか持っていなくても大丈夫です。また、わざわざセカンドカーとしてMT車を買わなくても、ファーストカーで少しお金を出して上位グレードを買えば結果的に安く済むというのも良いところです。

AT走行・MT走行、自由に切り替えができる

AT走行したい時はAT車を買う、MT走行したくなったからMT車に買い換える。そんなことをする必要はありません。パドルシフトであればその時の気分によって、走行中であってもすぐに切り替えることができます。渋滞の時はAT走行で渋滞から抜けたらMT走行。平日はAT走行で休日のドライブはMT走行。MT走行で楽しいドライブも帰りは子供が寝ちゃったからAT走行でスムーズな運転に。また、高速道路の合流で加速がほしい時にも使うことができます。それぞれのモードを使いこなすことができれば便利なカーライフを送れるでしょう。

車を操るような楽しさ

AT車のスムーズな走行もいいですが、自分で操っているような操作感があることで運転が楽しくなります。運転が楽しければ退屈な移動もあっという間です。ちょっと刺激的な加速が欲しい、そんな時にはシフトダウンし、そのままシフトを固定し加速を引っ張ることもできます。信号が赤に変わったらシフトダウンしてエンジンブレーキを効かせ補助ブレーキのようにしたり、たまには高回転にして愛車の音を聞いてみるのもいいでしょう。ATの制御に不満がある時や、ここは自分でギアを選びたいという時。パドルシフトでは自分の好きな時だけマニュアルモードでの走行ができます。

ラクと楽しいのハイブリッド!

移動するだけでなく、運転する楽しさも味わえる車は減ってきています。その中でもパドルシフトは、走りを楽しませてくれる機能の1つ。最近ではN-BOXの様な大衆車にもパドルシフトがオプション装備できるようになったので、購入前に試乗して試すのがおすすめです。

私個人としては、迷うことなくパドルシフト付きを選びます!