【冬の車】バッテリー上がりの予兆・対策方法は?応急処置方法は?

こんにちは。気温がどんどん落ちて秋を感じる気温となってきました。

そんな中で、スタッドレスタイヤの選び方の記事に続き、冬の車のトラブルによくある「バッテリーあがり」に関しての記事を紹介します。

あまり知られていませんが、バッテリー関連が原因でエンジンがかからない車のトラブルは一番冬に多く発生しており、実際にJAFの出動件数も多い季節が冬なのです。

気温が下がるとどうしてもバッテリーの中に入っている液体の温度が下がり、エンジンがかからなくなり車を使えないなどのトラブルが起こりやすくなります。そのためスキー場などの気温が下がりやすい場所で、発生しやすいトラブルです。

スキーやスノーボードなどの行楽で、普段よりも寒い場所に行く機会が増える冬。いざという時にきちんとエンジンがかかるように冬本番が始まる前にバッテリーの健康状態を確認しておきましょう。

 

バッテリー交換の予兆

バッテリーを交換しなければいけない時期になると、車の様々な動作に変化が生まれます。そのような変化を認識して、エンジンがかからなくなる前にバッテリーを交換・整備すればエンジンがかからなくなるというトラブルは避けられます。

代表的なバッテリーを交換すべき車の症状はこのようなものがあります

  • エンジンのかかりが悪い(いつもよりキーを長めに回す必要がある)
  • ヘッドライトが時々暗くなる

基本的に最近の車はコンピューターで制御されているため、バッテリーが弱くなっていたとしても普通に走れてしまいます。

その分、寿命を迎えるとなんの前触れもなく、車が動かなくなってしまうため注意が必要です。

 

バッテリーの状態の確認

バッテリーの健康状態を理解するための、一番簡単な指標は「電圧」を調べることです。電圧を調べてその数値を知ることで、交換が必要かどうかを判断できます。

バッテリーの寿命は平均2~3年と言われています。車検ごとに交換すれば一旦は大丈夫でしょう。しかし、使用状況によっても大きく変わる部分ですので電圧で判断するのが一番確実な判断方法です。

一般的な家庭でバッテリーの電圧を計測する機械(テスター)を持っている家庭はあまりないと思うので、本格的な冬の始まりの前にいつも利用しているガソリンスタンドに出向きましょう。基本的にどこのガソリンスタンドでもバッテリー用のテスター程度の器具であれば、店舗においてある事が多いでしょう。

テスターで計測すると、新品のバッテリーであれば13V程度の電圧を示すことが多いです。

11V~13Vの間であればバッテリーの健康状態は問題ないでしょう。

基本的に10V以下になるとエンジンがかからなくなる危険性が高いと言われています。電圧が下がってきた場合には、交換という手もありますが、まだ新しいバッテリーであれば充電器で充電をしてあげるというのもバッテリーも長持ちさせる一つのコツになるでしょう。

交換から2年以上経っており、なおかつ電圧も下がっている場合は交換を検討しても良い時期かもしれません。

大手のバッテリーメーカーであるGS ユアサなどのメーカーが、車種ごとの適合するバッテリーの情報をまとめたサイトも作っています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら