新型シビックタイプR!今度のシビックは快適!9月28日販売!

ホンダのスポーツカーの最上位モデルのシビックタイプrの発売日がいよいよ決まりました!今回は速いだけじゃなくて快適!内装、外装共に奇抜なカラーバリエーションでかっこいいシビックタイプrについて徹底解説していきます。


新型シビックタイプRの特徴

その「R」こそが情熱の印!ホンダ「シビックタイプr

ホンダ「シビックタイプr」の最新型(2017年モデル)がいよいよ2017928日に発売されるとあって、既に多くの予約が殺到しており、その期待度の高さがうかがい知れます。そもそも「シビックタイプr」とは、世界を相手にモータースポーツの現場で戦い続ける「ホンダ」にとって、最高ランクのスポーツカー「NSXタイプr」、天皇陛下の愛車としても話題になった「インテグラ」のスポーツタイプ「インテグラ タイプr」に続く、3番目の「タイプr」シリーズであり、今も尚進化し続けるリアルスポーツカーです。

現代まで続くFFスポーツカーの系譜!ホンダので走る車!

特に昭和世代の車好きの中には胸に叩き付けられるようなVTECエンジンの爆音が忘れられない人も多いホンダ「シビック」、その進化形かつ後継として誕生した「シビックタイプr」は、また同じく「前輪駆動(FF)」タイプのトヨタ「セリカ」や三菱「FTO」と並んで“FFスポーツカーの一時代を築いた車種であり、さらに現在も廃れることなくFFスポーツカーとして走り続けている車です。

ホンダ「シビックタイプr」の最新型!その姿はまさに爆風の支配者!

北米で先行発売された最新型ホンダ「シビックタイプr」は、新型シビックハッチバックを基にブラッシュアップされた高性能ホットハッチバックとして人気を博し、またホンダが世界に誇る空力エンジニア達によって徹底的に計算された外観は、これまで以上に鋭角的な表情を獲得し、それはまさに風の流れを完璧に操って走る「爆風の支配者」と言った風格を漂わせています。

新型シビックタイプRの主なグレード

「シビックタイプr」と言う称号!それこそが最高級グレードの証明!

最新型ホンダ「シビックタイプr」には、販売金額による細かな性能差は無く、既にそれこそが唯一であり最高のグレードです。そこで改めて基本性能について見てみましょう。まず、エンジンは言わずと知れた「タイプr専用2.0L VTEC TURBO」で、最高出力235kW・最大トルク400Nmと言う数値を実現し、また「6MT」によって、運転者は自らがそのパワーを操る感覚をさらに楽しめることでしょう。

気分はまるでトップレーサー!ホンダ車初の「レブマッチシステム」!

最新型ホンダ「シビックタイプr」には、シフトチェンジに合わせて右足のみでブレーキングとエンジン回転数を同時に操作する「ヒールandトゥ」のテクニックを誰もが決められるかのように、コンピューターがエンジン回転数を自動で調整する「レブマッチシステム」が、ホンダの車種として初めて搭載されています。これにより、MT操作が苦手な人でも快適に運転の楽しさを実感できる可能性が高まりました。

走る場所が公道だけとは限らない!?サーキットこそホンダの主戦場!

最新型ホンダ「シビックタイプr」にはドライビング設定として、サーキットでの極限走行を支える「+R」モードから、デフォルトである「SPORT」モード、そしてスポーティでありながらリラックスした運転を叶える「COMFORT」モードがあり、さらに4輪のブレーキを制御して車両の挙動を助ける「アジャイルハンドリングアシスト」機能が付いており、様々な場面で自由な運転に臨むことが出来るでしょう。

エクステリア・インテリア

【エクステリア】走りが速いだけじゃない!究極の走行性能が生み出した芸術性

ホンダ「シビックタイプr」シリーズに於いては、個性的なボディフォルムと高性能エアロパーツとの融合が人気の理由の一つであるとも言われますが、まさしく最新型ではそれが実現されていると評判です。気になるカラバリには「白・黒・赤・青」の4種があり、雄々しささえ感じられるフロントの中央にはホンダのロゴと「TYPE R」の文字が掲げられています。

【インテリア】誰かを招き入れたくなる車内!?ただ乗っているだけで画になる内装!

黒と赤をイメージカラーにして統一された車内空間は、ただ美しいだけでなく、自由な運転をアシストする為に重要な「TYPE R専用シート」、ハンドル操作に於けるグリップ感を高める「本革巻ステアリングホイール」、長い経験と多くの研究によって独自コンテンツを盛り込まれた「専用メーター」など、高い機能性も兼ね備えています。

燃費について

最新型ホンダ「シビックタイプr」は低燃費!?走りと並ぶ環境性能!

ホンダの公式カタログによると、最新型「シビックタイプr」の燃費はスポーツカーでありながら「12.8km/l」と見事な低燃費性能を実現させており、また排出ガスに関しては「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」の認定車でもあります。走る楽しみを叶えると共に、走る環境を守る為の挑戦も大切にされているようです。

維持費について

最新型ホンダ「シビックタイプr」の維持費!その平均金額は!?

・年単位でかかる費用

自動車税:39500

車検代:94200円(2年)

・毎月かかる費用

ガソリン代(11km&カタログ燃費12.8km/l×ハイオク130円):8464


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら