【トヨタ プリウス phv】高級車としての乗り心地、気になるポイントを紹介

トヨタプリウスのプラグインハイブリッドモデル「プリウスPHV」が2017年2月15日に発売開始されました。プリウスPHVはどのような点で従来の新型プリウスとの差別化を図っているのでしょうか。今回は燃費や走行性など様々なポイントをまとめました。


「トヨタ プリウス phvの特徴」

エクステリアとインテリアの特徴

トヨタ プリウス phvはノーマルタイプと比較すると、そのエクステリアはまるで別の車のようです。ノーマルモデルは涙目型のヘッドライトなどやや個性的すぎるきらいがあり好き嫌いが分かれましたが、トヨタ プリウス phvはそのヘッドライトが変更され、横長でシャープなデザインとなり、精悍さが増し、ノーマルに比べると落ち着いたデザインに変更されています。インテリアに関しても11.6インチの縦型センターモニターが採用され、より一層未来的な演出が施されています。

高級感のある乗り味

新型のプラットフォームが与えられた4代目プリウスは、ノーマルモデルも高級感がある硬質な走りに劇的に変わりました。しかし、phvの乗り味の高級感は明らかにノーマルモデル以上です。まず走り出しからわかるのは、静けさです。モーターが駆動しているためにエンジン音がしません。モーターの非常に上質で滑らかに加速していく感覚は、ガソリンエンジンにはないものです。遮音性も高いので、ロードノイズや風切り音をよく抑えられています。1クラス車格が上のクルマに乗っているかのようです。

脅威の燃費性能

燃費性能に関しては、驚異的と言うほかありません。EV(電気自動車)モードで68.2kmを実現しています。近所にお買い物に行って帰ってくる程度なら、まったくガソリンエンジンを使うことなく、電気自動車のように使うことができるでしょう。バッテリーが無くなってくると、通常のハイブリッドカーモードに切り替わりますが、元々の新型プリウスの燃費が良いので燃費が大きく落ち込むこともありません。また、EVの最高時速が135キロとなっています。

「トヨタ プリウス phvの歴代モデル」

初代モデルは静かに登場

2012年に初代モデルが登場したとき、それほど注目されることなく、プラグインで充電が可能な派生車くらいの位置づけでした。これはEV走行ができる距離が26.4㎞と短く、また充電も200Vのプラグが必要であることから、一般の家庭のコンセントから充電することができなかったこと、さらに価格も高かったことからそれほど注目されることはありませんでした。外観の違いはノーマルとは区別がなく、外から見れば通常のハイブリッドなのかphvなのかがわかりませんでした。 それでもEV走行ができる魅力 初代プリウスphvのEV走行ができる距離は26.4㎞と短いですが、それでもノーマルに比べると遥かに長く、しかも充電ができるというのは魅力的なことでした。ハイブリッドカーは常にバッテリーの残量を気にしながら走らなければなりません。バッテリーが少なくなれば強制的にエンジンが始動し、燃費悪化を招いてしまいます。初代プリウスphvは、うまく家庭用コンセントから充電することで、バッテリーの減りを抑えることができ、10キロ以内の往復であれば、ガソリンエンジンを使うことなく往復が可能でした。

「中古車価格について」

バーゲンプライス

初代プリウスphvの中古車について、まずバーゲンプライスであると言って良いでしょう。新車価格はノーマルモデルよりも高額であるにも関わらず、中古車価格が安くなっていることも少なくありません。つまり価格の逆転現象が起きているということです。そのため初代プリウスphvは非常にお買い得な中古車と言えます。ただ、あまり中古車市場に出回っていないので、近くで探すことが難しくなっています。たまたま偶然、近くに出回ったなら即買いです。

初代プリウスphvの相場

初代プリウスphvの相場は2年落ちで180万円前後、3年落ちで150~160万円前後、5年落ちになると120~130万円前後まで価格が下がります。非常に走行距離が少ない程度の良いものも多く、もし見つかれば大変おすすめです。新車価格は300万円以上しますので、その値落ち率は非常に高いです。新型のプリウスphvも出回っていますが、こちらの相場は300万円以上となっています。

「激安モデルがおすすめ!」

もし、ノーマルなプリウスではなくphvモデルを激安で購入したいということなら、見つけることは難しいことではありません。全国レベルで探し、陸送してもらったとしても割安感があります。ただ、中古車は試乗してから購入を決めるほうが安心なので、できれば近くの中古車販売店で見つけることをおすすめします。近距離走行を多用する方には非常に良い買い物となることでしょう。

燃費性能はEV走行で変わる

初代プリウスphvの燃費は、ハイブリッドの状態でJC08モード燃費は31.6㎞/Lです。それに対して新型は、37.2km/Lとなります。EV走行をしているときはもちろんガソリンを消費しません。従って、EV走行をどれくらい多用するかによって、燃費も大きく変わります。ドライバーの運転の仕方や道路状況によっても燃費は変わります。

維持費が激安

プリウスphvの維持費はガソリン代がガソリン車に比べると非常に安く抑えることができる上に、自動車税や重量税などの税金の免税、減税の対象となります。これは非常に大きく、車検時に安さを実感することでしょう。ハイブリッドカーは車検の費用が高くなるのではないかと心配している方もあるようですが、整備にかかる普通は普通のクルマと全く同じです。

「新型モデルについていてほしいオプション」

特別塗装色を選ぼう

新型プリウスphvのオプションとして、まず特別塗装色を選ぶことをおすすめします。特別色はやはり綺麗ですし、雰囲気も変わります。他車との差別化という点でもおすすめです。その中でもおすすめは刺激的なエモーショナルレッド(54,000円)ですで。ライトグリーン(43,200円)も個性的です。

スポーティならエアロパーツは必需品

スポーティな外観にしたいのなら、エアロパーツは必需品です。モデリストからフロントスポイラー(62,640円)やサイドスカート(49,680円)などが販売されています。セットで購入すると160,920円とセット価格で少し安くなります。さらにアルミホイールを変えて、よりスポーティさを演出したいものです。純正アルミはセットで286,200円です。

「まとめ」

新型トヨタプリウスphvは、最高の燃費と最高の走りを楽しめる、多変魅力的なクルマです。外観も走りもノーマル以上です。また、初代プリウスphvは、性能の面では新型に大きく劣りますが、安さが魅力です。安く、phvの魅力を味わいたいのなら、初代モデルの中古車から始めてみると良いでしょう。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら