アウディS6は、クールスポーティーな走りを楽しめるモデル

アウディS6はA6ベースのハイパフォーマンス仕様車である。S4の上位、S8の下位に属するモデルです。1994年から販売されていて現行は4代目になります。控えめなボディに見えるが高級車としてのシンプルさも表しています。今回はアウディS6の徹底紹介します。


アウディS6の特徴

アウディS6の特徴①

アッパーミディアムセダンとして開発されたアウディS6は、優雅な魅力を放つ高級セダンでありながらスポーツカーとしての性能を備えており、停止状態から4.4秒で100kmに達する最高出力450PSのパワフルな加速性能を誇ります。またレスポンスの高い正確なハンドリングは、高速道路からワインディングロード、街乗りまであらゆるシーンで意のままに操れます。

アウディS6の特徴②

高い馬力を地面に確実に伝えるアウディ独自の4WDquatroを採用しています。パワフルなエンジンからもたらされる駆動力を路面にしっかりグリップさせる強い摩擦力を備えているので、2WDでは到底不可能なスムーズな加速性能を発揮する馬力負けしない足腰が特徴となっており、どのようなシーンでも安定した高品質な乗り心地とスポーティーな走りの楽しみを体感できます。

アウディS6の特徴③

5つの走行モードを選択できるのも特徴です。アウディ・ドライブセレクト機能では、高速道路走行に向いているコンフォート、コーナーや坂の多いワインディングロード向けのダイナミック、燃費や走行性能などのバランスを取ったオート、ドライバーが各項目を設定できるインディビジュアル、補助機材のパワーを減らすエフィシェンシーの各走行モードがあり、シーンや気分によって走行モードを変更して走りを楽しみたい方に最適な機能です。

アウディS6の歴代モデル

アウディS6の歴代モデル①

1994年に発表されたS4が初代モデルになります。当時は最高出力250PSでしたが、斬新なエクステリアとアウディ自慢の4WDquatroを搭載した高い走行性能が人気を呼び、日本では左ハンドル車のみが販売されています。2000年に発売された2代モデルは、マフラーを左右に振り分けることでよりスポーティーな印象を与えることに成功しており、アッパーミディアムセダンの現在のスタイルを確固たるものにしました。

アウディの歴代モデル②

2006年にフルモデルチェンジした3代目モデルが登場しました。よりパワフルな出力を持つ5.2L V型10気筒直噴エンジンを採用し最高馬力450PSを実現、非対称ダイナミックトルク配分した最新のquattroフルタイム4WDと6速ATを組み合わせており、日本向けの右ハンドル車も登場しました。現在のモデルは2012年から発売されている4代目となっていますが、エンジンをダウンサイジングし軽量性と効率性を両立させています。

中古車価格について

アウディS6の歴代モデル①

アウディs6は中古車市場でも人気ですが、クールでスポーティーエクステリアとパワフルな走りをそなえた4代目モデルが最も価値が高いです。グレードやオプション装備、走行距離や履歴で違ってきますが、安価なもので900万円~1000万円台のものが多くなっています。また3代目モデルは500万円から800万円台の価格帯が充実しており、高価格なものほど新車の状態に近いため、オーナーとしての自尊心をくすぐることでしょう。

アウディS6の歴代モデル②

最も安価なのが2代目モデルです。本体価格では100万円前後が多くなっており、中には60万円未満のものも販売されています。また充実したオプション装備や状態が良いもので200万円ほどなので、手軽な価格帯でアウディS6のオーナーになる機会があります。 一世代前のフロントフェイスなのでクールさやスポーティーさは乏しいですが、改造幼車両やセカンドカーとして購入する方もいます。

アウディS6セダンモデルがおすすめ。

セダンスタイルであるため取り回しもよく、クールでスポーティーなエクステリアデザインは、スポーツワゴンモデルのアバントとよりも力強さを感じさせます。またインテリアも美しく優美な印象を感じられるモダンスポーツスタイルを施した他、大型タッチディスプレイを備えたインフォメーションパネルは、音楽や地図などの様々な情報を好みに応じて取り出せますし、体を包み込むように安定させるシートが快適なドライビングポジションを約束します。

アウディS6の燃費

アウディS6の1Lあたり10.1km(JC08走行モード)となっており、燃料タンクが75Lあるため、最長765kmほど走行できます。これは東京から広島付近まで給油無しで移動できる距離なので、ロングドライブのシーンにおいて威力を発揮することでしょう。5つの走行モードにエコドライビングモードがありませんが、高速ではコンフォートモードを採用すると燃費が完全できますし、街乗りではバランス重視のオートモードをおすすめします。

アウディS6の維持費

年単位でかかる費用

自動車税:6万6500円、 車検代:3万円から17万円 車検代金は、車検チェーンが最も安価になっており、アウディのディラー車検が最も高くなっています。

毎月かかる費用

・ガソリン代、軽油毎月8937円(年約10万7250円)、レギュラー毎月9750円(年11万7000円)、ハイオク毎月1万562円(年12万6750円)。

駐車場代:1万円 任意保険代は、6万327円から6万810円ほどかかることが多くなっています。

アウディS6セダンモデルについていて欲しいオプション

オススメオプション①

外部から中を見られないプライバシーガラスをおすすめします。 高級感溢れるアウディS6は、道行く人から関心を持たれるので覗かれるリスクも高くなります。プライバシーガラスを取り付けることで車内に何があるか、誰が乗っているかを知られることを防げます。外から中は見られませんが、中から外を見るのは簡単なので、ドライバーや同乗者の視野を遮ることもありません。プライバシーガラスは大切な家族のプライバシーを守りたい方におすすめしたいオプション装備です。

オススメオプション②

セーフ&テクノロジーをおすすめします。 インフォーメーションディスプレイに周囲の映像を映すサラウンドビューカメラがあれば、死角をなくして事故リスクを減らし、駐車や発進しやすくなります。インフォメーションディスプレイは15万円しますが、毎日の運転をサポートしてくるため、より安全にドライブできます。 この他にも夜間走行で歩行者を検知するオプション価格48万円のナイトビジョンがあれば、夜間での事故を防ぎ、人も車も同時に守れます。

まとめ

アウディS6は、スタイリッシュかつクールでスポーティーな印象を放つアッパーミディアムセダンとした圧倒的な高級感を放つモデルです。街乗りから曲がりくねったワインディングロード、高速道路まであらゆるシーンをパワフルに走破する走行性能は、ドライバーに圧倒的な走りの楽しさと快適な空間を約束し、アウディオーナーとしての自負心や自尊心を満たしてくれるはずです。 アウディS6は、セダン車の中でもひときわ存在感を放つ魅力ある個性を感じられる魅力あるモデルといえるでしょう。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら