アウディ・RS3の長短を、ライバルと比較して考察します!

実は、アウディ・RSは北米でほとんど販売がありません。ライバルと比較して見てみましょう。


これからはBMW・M2も、うかうかしてはいられません。

今年、アメリカ市場で最も話題となったクルマの1台が、BMW「M2」です。

実際、同車の需要はかなり高い位置をキープしてきました。

アメリカで販売されている中で、これにかなり近いポジションにいると言えるのは、メルセデスの「CLA45 AMG」です。

こちらは、M2よりパワフルかつ若干安価ではあるのですが、オプション装備を選んでいくと価格がM2を簡単に上回ってしまうという面もあります。

それにCLAというクルマ自体、M2ほどにピュアなドライバーズカーと言えるキャラクターの持ち主ではありません。

このように、M2は直接のライバル不在といった具合で市場に君臨していましたが、そろそろ同じドイツからアウディが戦いを挑んでくるようです。

アウディRS3が北米にくる

アメリカ市場は、ヨーロッパ市場とクルマの発売のタイミングが同じではないことも多いものです。

このアウディ「RS3」も、アメリカには遅くやって来ます。

ところでアメリカ市場におけるアウディのラインナップは一風変わっており、お膝元の欧州市場と違うのはともかく、日本市場ともだいぶ違って、「A3」ファミリーで売られているハッチバックと言えば電気自動車版の「E-Tron」だけとなっています。

それ以外で「A3」「S3」と言えば、セダンやコンバーティブルだけなのです。

アウディはRS3を北米にも持ち込むらしいと、長年噂されてきましたが、もしそれが現実になった場合でも、やはりハッチバックはなく、セダン版だけになることは明らかでした。

ついに2016年のパリサロンでデビューしたそのRS3セダンですが、これがこれからようやく北米にも輸入されることになりました。

実はかなり意外なことに、RSグレードのアウディ車は、アメリカではこのRS3以外「RS7」しか販売されていません。

よく知られている通り、ほかの国では様々なRS車がBMWのMやメルセデスのAMGと競合していますが、このようにアメリカではアウディのラインナップは少し手薄になっているのです。

アウディRS3のスペックは?

さて、その待望のRS3ですが、仕様としては2.5リットルの5気筒エンジンから400PSを発生します。

トランスミッションは、7速DCT。

対するメルセデスのCLA45 AMGは2.0リットルの4気筒で375PS、同じく7速デュアルクラッチを搭載しています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら