ポルシェカイエンのサイズをQ7やX5と比較して見た

世界的な大ヒットを記録したポルシェ・カイエンの唯一の問題点として指摘されるのが、サイズが大きいということです。元々のターゲットはアメリカということで、日本だけではなくヨーロッパをはじめとして世界中から大きすぎるという意見が寄せられることになります。そんなカイエンを競合車種であるアウディのQ7やBMWのX5と比較して見ました。

また当サイトでは、ポルシェ・カイエンとポルシェ・マカンのサイズ、価格比較をまとめた記事がございます。見た目が非常によく似ている両車両の違いを知りたい方は、以下リンクよりご覧いただけます。

【ポルシェ カイエンとマカン】価格、サイズを徹底比較!!

ポルシェ カイエンとは

引用元:https://gqjapan.jp/car/news/20170929/porsche-new-cayenne-turbo

ポルシェ・カイエンは、ドイツが誇る世界的な自動車メーカーが初めて手掛けたクロスオーバーSUVで、2002年にデビューして以来、世界的な大ヒットを記録することになります。ちなみに、2013年のカイエンの販売台数は約6万8000台で、ポルシェトータルでの世界販売台数約18万台のうちの3分の1以上を占めているほどです。なお、このようにカイエンが爆発的な人気を集めたのは、SUV車自体が若者から支持されているということも有りますが、それに加えてポルシェならではのスピードとパワーを兼ね備えているということも大きな要因です。さらに、レザーを基調とした内装も非常にゴージャスでラグジュアリーな空間が形成されています。このような機能性と快適性の両方を兼ね備えていることが、カイエンが多くの人を魅了する理由です。一方、カイエンの唯一の問題点として世界中で指摘されているのが、サイズが大きすぎるということです。これは、アメリカ市場を強く意識した結果ですが、190cmを超える車幅は日本の狭い道路をストレスなく走るのは非常に困難です。

ポルシェ・カイエンの概要

ポルシェ・カイエンは、ドイツを代表する高級スポーツカーメーカーが最初に手掛けたクロスオーバーSUVです。当初はブランドイメージと合わないのではないかと不安視する声もあったのですが、2002年に販売が開始されると世界中で瞬く間に人気を集めて大ヒットを記録し、従来のヨーロッパ車のイメージを変えたと評価されるようになります。なお、このポルシェ・カイエンの基本的なスペックは、総排気量が3189cc・最高出力250PS/6000rpm・最大トルク310Nm/2500~5500rpm・サイズは全長4782mm・全幅1950mm・全高1700mmという内容です。

アウディQ7とサイズで比較した結果

引用元:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/q7/q7.html


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら