国産エンジン史スポーツカー編・【GT-R】全てを変えた怪物RB26DETT

国産エンジン史スポーツカー編その17は、90年代ハイパワーエンジン群の代表格、RB26DETTの登場です。


L型後継のRBエンジンは、主力のはずでは無かった?

現在に至るまでRB26DETTを筆頭に「日産の名機」と讃えられるRB系の直列6気筒エンジン。
実は、当時の日産にとって「主力の本命」では無かった事は、あまり知られていません。

当時の日産は将来を見越し、コンパクトなV型6気筒エンジンへのシフトを決めており、その主力となるエンジンはV6のVG系エンジンでした。

Z31フェアレディやF31レパードに搭載され、その当初から3リッター大排気量ターボがラインナップされるなど、トヨタの7M-GTなど直6エンジンに対して、日産はV6エンジンで迎撃する構えだったのです。

しかし、それまで長らく2リッター以上の日産車を支えてきた直列6気筒L型エンジン搭載車を、いきなり全てV6エンジンに切り替える事はできません。

そのため、極力L型の生産ラインを生かしつつ、VGとシリンダー内径などは同一にして共通性を高め、低コストで過渡期のエンジンとして作られたのが、次世代直6エンジン、RB系でした。

その当初、「重くて回らない」と酷評されたRBエンジン

あくまで過渡期のエンジンとして作られたRBは、まずC32ローレル用として、さらにR31スカイライン用として搭載されましたが、DOHCターボのRB20DETも含め、その評価は芳しいものではありませんでした。

L型の生産ラインを流用したため鉄製の重いエンジンとなり、オールアルミ製のVGのように軽量コンパクト、ハイパワーエンジンでは無かったのです。

その上、スカイラインにも搭載されていたとはいえ、基本的には高級グレード用のジェントルなエンジンに留まっていた事から、スポーティに吹け上がる事は無く、「RBは重くて回らない」と酷評されたのでした。

それでもVG自体も未成熟だった事や直6エンジンのフィーリングを好むユーザーもいた事から、VG搭載車のZ31フェアレディZにも、保守系ユーザー向けにあえてRB20DET搭載グレードを設定。

R31スカイラインにも、グループAレース用にパフォーマンスを向上させたRB20DET-Rを搭載したスカイラインGTS-Rを設定するなど、地味に熟成が続けられたのです。

もうひとつのRBエンジン、RB26DETT


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら