4ドアクーペ比較!アウディA5SBとBMW4シリーズGC

今回はDセグメントセダン(正しくは4ドアクーペらしい)のAudi A5 スポーツバックとBMW 4シリーズグランクーペの比較をしていきたいと思います。
ドイツ車御三家で比較するとベンツが単独優勝してしまうのでA5と4シリーズの二台で比べていきます。

A5 SportBack

外観


A5はパッと見の印象は先代と変わりませんが、モデルチェンジを重ねるごとに凛々しく涼し気な顔つきになっているように思います。
アウディのデザインを正統進化させDセグメントセダンのスタンダードに近づいていると言って良いでしょう。

内装


ドリンクホルダーがセンターコンソールの前方に配置されているのは使い勝手が良さそうです。
直線的で無駄のないデザインです。

走行性能

エンジンはグレードに関わらず直列4気筒の2Lターボが採用されています。
ただし、同じエンジンでもFFモデルでは190馬力クワトロでは252馬力に設定されています。
RS5やS5と比べてA5がスポーツ志向ではないことを考えれば十分余裕のある力と言えるでしょう。
変速機にはSトロニックというデュアルクラッチトランスミッションが採用され、瞬時にギアを切り替えラグのない変速が可能となっています。
このトランスミッションはVWの車と同じものです。

安全・アシスト

先行者に追従してくれるクルーズコントロールや65km/h~250km/hで車線キープアシストが採用されています。
250km/hを超えるとアシストが働かないのでしっかりハンドルを握りましょう。

4シリーズグランクーペ

外観


ザBMWといった感じの見た目です。
近年キドニーグリルがどんどん大きくなっているので、これが嫌な人は鼻の穴が広がりすぎる前に乗っておくといいかもしれません。
ちなみにキドニーとは鼻の穴ではなくて腎臓のことだそうです。

内装


曲線の多いダイナミックな内装です。
パドルシフトの主張が激しいのがBMWらしいです。

走行性能

エンジンバリエーションのうち最も力強いエンジンは3L直列6気筒ターボで326馬力を発生させます。
BMWが言うには、ツインパワーターボだそうですが、ツインターボではありません。
存分に駆け抜ける喜びを感じられそうでとても速そうです。

安全・アシスト

BMWもアシストアステムや各種電子制御が装備されていて安全面は問題ないでしょう。

比較

メーカーの方向性

アウディ

アウディは「技術による先進」を掲げて車を作っています。
古くからラリーやルマンなどに参戦してきたアウディはその技術を絶えず市販車にフィードバックしてきました。
特にクワトロシステムは長い期間をかけて熟成されてきた技術です。
アウディの安心とスポーティな走りを支える技術です。

BMW

BMWは「駆け抜ける喜び」を標榜しており運転する楽しさに重きを置いていることがわかります。
ほとんどの車がFR、もしくはFRベースの四駆です。
少々オタク臭い性格のメーカーで、国内でいえばスバルに似ています。

価格

A5 スポーツバックは563万円から、4シリーズグランクーペは613万円から販売されています。
他のグレードでもBMWの方が若干高めです。

大きな違い

有名な話ですがBMWは輸入車の中でも比較的故障が多い傾向にあります。
少し古いBMWは警告灯がついてる個体ばっかり見かける気がしますが、逆に言えばセンサー類がちゃんと動いてる証拠です。
「不具合を知らせてくれてありがとう」という気持ちで乗りましょう。

アウディは優等生で運転がつまらないという話をよく聞きますが、これは車の質が良いという事だと思います。

どっちがいいのか?

アウディvs BMWに関しては、きのこたけのこ戦争と似たものを感じますが、安定してトラブルなく乗りたいならアウディ、駆け抜ける喜びを感じたいという方にはBMWがおすすめです。
実用上にもステータス的にもあまり差がないと思われますので、試乗してデザインや乗り味の好みで選ぶといいと思います。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』