国産大衆車の歴史「2代目パブリカと初代コルトギャラン」

国産大衆車史その11、1960年代、今ひとつブレイクスルーできない2台がようやく花開きます。


三菱 500とトヨタ 初代パブリカの誤算

通商産業省(現在の国土交通省)が構想した「国民車計画」に対し、三菱 500、スバル 360、そしてトヨタは初代パブリカという回答を出しました。

これら初期の「国民車」で成功したのはスバル360のみで、三菱 500もトヨタ パブリカも「決して安い買い物でない割に、あまりにも貧相すぎる」という理由から、成功作とはとても言えなかったのです。

むしろ大衆車として成功したのは、先行していた1,000~1,200ccクラスのトヨタ コロナや日産 ブルーバード、そして後発の800~1,000ccクラス、マツダ ファミリアやダイハツ コンパーノだったのでした。

パブリカも三菱 500も体制を立て直し、パブリカは装備を豪華にするデラックス路線で、三菱500はクルマそのものを見直し、三菱 600、コルト800、コロト1000F/11Fと、戦時中の戦闘機さながらに矢継ぎ早のモデルチェンジを繰り返します。

しかし、初代パブリカは一度ついた「貧乏臭い」というイメージを最後まで取り返す事はできず、何より空冷水平対向2気筒エンジンをパタパタ鳴らして走る基本的な部分が何も変わりませんでした。

三菱も野暮ったいデザインでパッとしないというイメージが、ずっとついて回ります。
ここで今の目から見ると不思議なのは、三菱はともかく、当時のトヨタが今のような巨大メーカーでは無かった事です。

大抵のクルマは、印象は薄くてもそれなりに売り切ってしまう現在のトヨタと違い、当時は既に日本でトップの自動車メーカーだったとはいえ、「販売力で何とかできる」というほどのリードは無かったのでした。

転身!2代目トヨタ・パブリカの成功

1961年のデビュー以来、豪華装備を追加したデラックス路線やスポーティなコンバーチブル(オープンカー)の追加で巻き返しを図り、マイナーチェンジでモデルチェンジ並のデザイン変更をしたものの、今ひとつライバルから一歩抜けられなかった初代パブリカ。

それでもどうにか初期の酷評だけは克服して、1969年4月のモデルチェンジを迎えますが、ここでさらに大きく方向転換しました。

目指したのは、「免許を取った若者が初めて買うエントリーカー」。
初代パブリカにせよライバルにせよ、パブリカ初期の失敗を見てデラックス路線を採用していましたが、当然価格は上がったので、安い車を欲しい層は軽自動車へと流れていきます。

その客層を呼び戻すべく、大成功した初代カローラより一回り小さい2ドアセダン/バン/ピックアップトラックとして生まれ変わったのです。

搭載されるエンジンは、初代パブリカから受け継いだ空冷水平対向2気筒800ccエンジンは最廉価モデルとして残しつつ、主力は初代カローラと同じ1,100ccエンジン。

安いけど安っぽくない、コンパクトな車体に1クラス上のエンジンを搭載したパブリカは、この2代目でようやく大衆車としての感性を見たと言って良いでしょう。

その後スターレットを経て現在のヴィッツへと続く、トヨタの元祖コンパクトカーがここに誕生したのでした。

なお、ライバルのうちダイハツは1967年にトヨタ傘下となっており、大衆車コンパーノは1代限りで消滅、後継車コンソルテは2代目パブリカの兄弟車としてデビューしています。

最後にようやく一皮むけた!三菱 コルトギャラン

1960年代も終わろうとしている1969年12月、華々しくデビューしたのがコルトギャラン(初代ギャラン)です。

それまでのコルト系につきまとう「野暮ったいデザインの三菱」を払拭すべく、イタリアのカロッツェリア、ジウジアーロが提案したデザインを社内でリファインしたのが大成功!

塊感を持ちながらエッジの効いた流れるようなデザインに角目2灯のヘッドライトがシャープな印象を与え、三菱初のヒット作となりました。

三菱500から9年、ようやく都会でも絵になる大衆車をデビューさせる事ができた三菱は、ここからギャランGTOやランサーなどを立て続けにヒットさせていきます。

デビュー後追加された1.6リッターSOHCエンジン搭載モデルもスポーティで、ラリーなどをステージに活躍、ここでようやく自動車メーカーとしての基盤を確立した三菱は、199


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら