国産車と輸入車の大きな違いって何?

国産車のいいところ、輸入車のいいところ、それぞれ違うから悩むんです。


「国産車」と「輸入車」 知れば増える選択肢

ここ最近は、いわゆる「マニア」以外でも輸入車を選ぶ人は増えてきていますが、まだまだ国内シェアで言えば、10%弱と言ったところです。
やはり、まだ車を選ぶ際の見えないハードルがあるのでしょう。
実際、国産車と輸入車、何がどう違うのか?
メリットとデメリットを整理してみましょう。

「国産車」と「輸入車」それぞれの違い

まず、気になるのは、やはり費用でしょうか。
購入時の費用、そして維持のための費用、どちらも考慮する必要があります。
同等の排気量やボディサイズで比較すると、税金や自賠責保険等の法定費用は同一ですが、車両本体価格は、やはり輸入車の方が数割程度は高いです。維持費はどうでしょうか?
メンテナンスには、部品代と作業工賃が必須です。
部品代ですが、やはり輸入車の方が数割以上は高いのが一般的です。
ただ、国産車の場合、生産終了から10年も経てば、部品代は次第に割増価格となり、輸入車と比べて早期に「部品が出ない」と言った事態にもなりやすいようです。
また、作業工賃も、一般的に輸入車の方が数割程度は高いです。
国産車のブランドに関しては、一般ウケを意識したものが多いのかもしれません。
平均点をあげて多くの人の共感を得られるものを作りたいというのが日本の風潮のようにも思えます。
そういった理由から、走りやすく、使いやすく、日本の事情にあった車はやはり国産車に勝るものはいないでしょう。
では、輸入車が勝る点とは? そのひとつは、自動車作りに対する「ポリシー」と言えるのではないでしょうか?
デザインも含めて、何を目指してその車を開発したのかが、明確な場合が多いです。
こだわりの強い方が輸入車に乗っていることが多いのは、そんな理由もあるでしょう。

とは言え、輸入車とひとくくりにしてしまうのも、無理があるかもしれません。
そもそも輸入車と国産車という比較自体、ナンセンスで、世界各国に様々なメーカー、車種がある中で、日本のメーカー、車種といった選択肢もある、くらいの考え方をすべき時代なのかもしれませんね。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら