国産ミニバン情報 〜メーカーごとの比較と傾向まとめ〜

国産車ミニバンをお探しですか?ブランドは?ハイブリッドにしますか?まずはこちらを参考にしてみては!!

未だに車種が多いトヨタ

何と13種類ものミニバンが

今回ズラリと各社のミニバンを並べてみて印象的だったのがトヨタの車種の多さで、ハイエースからポルテやラクティスなどコンパクトミニバンまで含めると、実に13車種にもなりました。
トヨタは未だに「トヨタ店」「トヨペット店」「カローラ店」「ネッツ店」と販売店の多チャンネル展開をしているので、ミニバンを扱わないレクサス店を除く全てに供給するため、実質は同じ車で名前違いも多いのが影響しています。

そのため、兄弟車を統合していくと9車種ほどになるのですが、3列シート型ステーショワゴンとも呼べるアイシスやウィッシュのように、モデル末期で後継車が見えてこない車種もあるので、実質7車種ほどにまとめられます。
トヨタは新型プリウスから「TNGAアーキテクチャ」という開発思想の元、車種を統合して減らしていく事を表明していますので、今後はプリウスのようにどのチャンネルの販売店でも同じ車を扱う事になるのかもしれません。

ハイブリッド天国のトヨタ

前置きが長くなりましたが、トヨタのミニバンの特徴は何と言ってもハイブリッド車のラインナップです。

信頼性第一のハイエースや、小型すぎてハイブリッド化するメリットが少ないポルテ/スペイドやラクティスを除けば、全てにハイブリッドがラインナップされており、消費税10%増税と共に導入必至と見られる「燃費課税」(燃費が悪い車は税金が上がるのです)への対策も万全になっています。

その他の傾向としては「アルファード/ヴェルファイア」、「ヴォクシー/ノア/エスクァイア」「ハイエース」といった1BOXミニバンと、「シエンタ」「ポルテ/スペイド」「ラクティス」といったコンパクトミニバン系に力を集約している印象です。
かつて「イプサム」「ガイア」などで熱心だったFFセダンベースのミニバンは姿を消すか、SUVに統合される傾向にあり、今後このジャンルは「エスティマ」一本に絞られるようです。

トヨタのミニバン現行モデル

タイプ車名 ※(H)はハイブリッドあり
1BOXタイプアルファード(H)/ヴェルファイア(H)、ノア(H)/ヴォクシー(H)/エスクァイヤ(H)、ハイエース
乗用車ベースアイシス、ウィッシュ、エスティマ(H)
コンパクトシエンタ(H)、ポルテ/スペイド、ラクティス

気が付けば車種統一が進んだ日産

かつて初代「エルグランド」でトヨタのハイエース系ミニバンを圧倒し、「プレサージュ」「バサラ」「プレーリー」など乗用車ベースの豊富なラインナップを誇った日産ですが、あくまで商用メインのキャラバンやバネットを除けば、大型の「エルグランド」と小型の「セレナ」の1BOXミニバン2台に統一されていました。

あとはトヨタで言えばラクティス相当のキューブもモデル末期で後継車がいずれ登場するくらいで、トヨタより一足先に車種統合を実現した形になっています。

日産もトヨタ同様ハイブリッド車のラインナップで燃費課税を乗り切るようで、既にラインナップのあるセレナに加え、エルグランドも近々ハイブリッドモデル登場と言われています。

他の特色としては電気自動車の「e-NV200」をラインナップしている事で、商用車のバネットベースとはいえ、バッテリースペースを確保できるミニバンで今後採用車種が拡大していくかどうかに注目です。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら