【若者のクルマ離れシリーズ】〜「若者の車離れ」の原因とは何なのか?〜

「若者の車離れ」の最大の原因は「お金が無い事」です。
とはいえ、老後の安心のためだけに乏しい給料から貯金を続ける事だけが、正しい事でしょうか?
少なくとも国や自動車メーカーはそれが正しいと思っているかもしれませんが、選ぶのはあなたです。

「若者の車離れ」最大の原因は

昔、初代日産キューブが登場した時には「月々の携帯電話代で車が持てます!」というキャッチコピーでCMを流して話題になりました。
20年以上前の当時は携帯電話が爆発的に普及していました。ほぼ同時に普及したインターネットなど、若者とって「車以外のお金の使い道」が増えつつありました。

しかし、インターネットや携帯電話の普及がカーライフのプラスになることもあります。さまざまなオーナーズクラブがインターネットでHPを立ち上げ、情報の共有、仲間の拡大が簡単になりました。いわば「インターネットによる集団の時代」が始まります。連絡もメールや携帯電話で容易にできるので、インターネットを使ったいわゆる「オフ会」などのイベントが数多く開かれた時代でもありました。
しかし、そのグループ内での人間関係のトラブルも当然起こりえます。問題を処理しきれないオーナーズクラブや、カーライフは次第に姿を消していったのです。

そこで、新たに登場した「ブログ」や「SNS」などの「個人の緩やかな情報共有」に時代は移り変わりました。個人が情報を配信し、その情報を元に各自がバラバラに消費をしていく時代です。インターネット上のコンテンツの充実化に伴い、情報共有が更に簡単になった反面、車をはじめとする現実での趣味の興味が薄れていく人も中にはいたのではないでしょうか。また、バブル崩壊やリーマンショックなどの時代背景により、周りに車のオーナーが少ないことや公共交通機関の充実なども「車離れ」の理由の一つとも考えられます。

自動車メーカーと国の選択した道

しかもデフレでさまざまな商品の価格が下がる中、自動車だけは価格が上がり続けました。
さらに、新規格化への移行で品質が向上した軽自動車も、その価値が高まって高価格化が進んでしまいます。

その結果、日本の国産車はかつて特殊な例を除けば500万円程度が上限、100万円以下でもソコソコの車を買えたものが、今では軽自動車でも200万円以上するものが登場し、上限は1000万円を軽くオーバーする車が続出してしまうようになります。

20年前には三菱ミラージュRSなど、本格的テンロクスポーツが150万円代で購入できた時代があった事が信じられない状態です。
それでも車好きな若者は安価なスポーツカーを求め、中古車市場に活況をもたらしましたが、そこに国によるエコカー減税と自動車リサイクル法、米国の「25年ルール」(車齢25年を超えた車は、排ガスなどの規制が大幅緩和される)によるスカイラインGT-Rなどかつての高性能スポーツカーの大量国外流出で、中古市場からも若者が楽しめるクルマが減ってしまいました。

さらに古い車への税金引き上げで「中古でも安価な自動車でカーライフを楽しむ」のも難しくなりました。
国は税収を増やさなくてはいけませんし、自動車メーカーも新車を売らなければいけないとはいえ、その施策が若者の財布に優しく無かった事は事実です。

それでも車が好きならば

そういった流れの中でも「自分のクルマが欲しい。」
最近はそういった若者も少しずつではありますが、増えてきています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら