フランスの偉大なるアルピーヌが21年ぶりに蘇る!

フランス車ファン必見!!かつて素晴らしいクルマを生み出し、レースやラリーで活躍したアルピーヌ。1995年を最後に生産が終了しましたが、21年ぶりに復活することを発表しました!


現在、フランスの自動車メーカー「ルノー」のスポーツモデルは「ルノースポール」ブランドで販売されています。

しかし、かつては自らの名でルノー車ベースのスポーツカーを開発し、現在も「ルノースポール」の開発、生産を担当しているチューナーがあるのです。

2016年のブランド復活を目指す、その名も「アルピーヌ」。

大衆車をベースにしたスポーツカー開発

アルピーヌは、フランスでレーサーとして活動するかたわら、ルノー車のディーラーを経営していたジャン・レデレが1956年に設立したスポーツカーメーカーです。

得意としていたのは、大衆車をベースにFRPなど軽量素材のボディを載せてエンジンをチューンしたスポーツカーで、最初はリアエンジン大衆車「4CV(キャトルシヴォ)」をベースにした「A106」を生産しました。

わずか750cc、43馬力のエンジンながら、軽量で空力に優れたボディで最高速153kn/hを発揮した「A106」は、日本で大衆車「パブリカ」をベースに軽量空力ボディで好成績を上げた「トヨタ・スポーツ800(ヨタハチ)」を思い起こさせます。

初期のWRCで名を馳せた「A110」

ルノー車ベースのスポーツカーメーカーとして、アルピーヌの名を不動のものとしたのが「A110」です。

アルピーヌは4CVをベースにした初期の「A106」に続き、4CVの後継車「ドーフィン」をベースにリアエンジン車でありながら流麗なロングノーズ・ショートデッキスタイルのボディを持つ「A108」を1959年に発表しました。

A106に引き続きレースで活躍したA108のデザインは、その次期作「A110」にも生かされます。

1963年にルノーの大衆車・ドーフィンが後継車「ルノーR8」に移行したのに伴い、アルピーヌもR8をベースにした「A110」を1963年にデビューさせますが、レースだけでなく数々のラリー競技でも成功を収めます。

そのバックボーンとなったのは、アルピーヌが得意とする軽量ボディ、そしてリアエンジンのため駆動輪である後輪に十分なトラクションがかかった事です。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら