休日には満車も?道の駅人気の理由に迫る。

休日どこへ行こう。誰もが経験する悩みですが地方に住んでいると行く場所の選択肢が少なく、人気のスポットだったりするとみんなが集まってしまうので、気軽に新しいお店に行くのも一苦労です。地方は基本的に車社会なので自動車での移動に適した街の作りをしています。中でも今回紹介する道の駅は車で旅行したりお出かけした際に寄りやすい場所に作られていて、利用しやすい場所にあることが多いです。そんな道の駅はなぜ人気なのか探っていきたいと思います。

道の駅とは

基本的に道の駅には電車は通っていません。道の駅は日本の各自治体と道路管理者が連携して設置している施設であり、国土交通省により登録されている商業施設、休憩施設、地域復興施設などが一体となっている施設のことを言います。

道の駅とはどんな場所?

高速道路には休憩や食事などができるサービスエリアなどがありますが、一般の道路には今まで休憩する場所がありませんでした。こうしたサービスエリアなどの役割は民間の売店やレストランが担っていましたが、実際はお店の利用者しか使用することができず、24時間利用できないので自由なものではありませんでした。

地方では目的地までの道のりが長くドライバーの疲労を癒す休憩できるところが必要とされていました。また道の駅の目的は、一般道路にも24時間誰もが休憩できる施設を作るということ以外にも、その地域の文化や特産物や名所を紹介したりと休憩以外のサービスを提供して道路利用者や地域の人々の交流を活性化させ、地域づくりを促進することを目的としています。

道の駅歴史

1991年に実験として山口県、岐阜県、栃木県に道の駅が設けられてから1993年に第一次分として全国103箇所の道の駅が登録されました。その後、国道や主要地方道が整備されてより多くの商品が仕入れられるようになり、地域の特産物の販売量も増加しました。地域の特産物の売り上げだけではなく、情報発信も同時に行えるため観光客が増えるなど効果は絶大でした。

2007年には八王子市に東京都初の道の駅である八王子滝山が開設されて47都道府県全てに道の駅ができました。また2014年に道路標識に関する法律が改定されて道の駅への案内標識が初めて認められました。この道の駅への案内標識の設置条件は休憩機能、情報発信機能、地域連携機能を備えていれば道の駅として登録できます。現在では1,000以上の道の駅が日本にあり、これから先も増えていくことが考えられます。

道の駅はどのような施設?

道の駅の設備は基本的に24時間利用可能な駐車スペースやトイレ、情報提供施設を備えた施設ですがそのほかにも地域それぞれの特色を活かした設備を備える個性のある道の駅もあります。中には温泉や宿泊施設、博物館など一時的な休憩ではなくゆっくり休める施設があり、本格的に休めるので道の駅を目的地に旅行する人もいるほどです。

人気の道の駅を紹介

1,000箇所以上ある道の駅ですが、数が多すぎてどこの道の駅へ行けばいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。今回は数多くある道の駅の中からオススメの道の駅を紹介していこうと思います。

道の駅 奥久慈だいご

http://www.town.daigo.ibaraki.jp/sp/page/page000026.html

今回紹介する道の駅奥久慈だいごは大子温泉の源泉から引いてある温泉施設が魅力の茨城県大子町にある道の駅です。温泉の成分はナトリウム硫酸塩泉で高血圧や動脈硬化などの病気や切り傷、擦り傷などの傷にも効果があり美肌効果も期待できます。温泉だけではなく大子ならではの食材を使用したメニューも豊富です。奥久慈しゃもを使用したカレーや奥久慈茶など道の駅奥久慈だいごでしか食べられないご飯が特徴の一つです。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら