ポルシェが中国で新型5モデルを続々投入!その「攻め」の戦略とは?

アメリカを抜いて中国がポルシェの「最重要市場」に!

アメリカ市場がポルシェにとって重要なマーケットであることは今後も変わらないはずですが、今の同社最大の市場の座に君臨するのは実は中国なのです。

ポルシェにとっての中国は、地域別販売台数でかなりのウェイトを占めているうえ、市場の伸び率も高レベルを保っています。

これにはクロスオーバーモデル「マカン」の成功が大いに関係しているものの、さらに中国での存在感を高めるため、ポルシェは今年春の上海モーターショーにおいて、5車種もの新型車を披露しました。

 

パナメーラ、911の中国市場向け新型モデルとは

その1つ目は「パナメーラ・スポーツ ツーリスモ」(写真上)です。

こちらは3月のジュネーヴですでに公開されています。 そして、680PSという弩弓のスペックを誇る「パナメーラ・ターボS Eハイブリッド」。 このクルマは中国専売モデルとして、ロングホイールベース仕様で登場してきました。

しかし、「お抱えのドライバーに運転してもらうのに、なぜそんなハイパワーが必要なのか?」というユーザー向けには、より控えめなスペックのモデルとして、330PS版の「パナメーラ・エグゼクティブ」も用意されています。

こちらはレーストラックでの競争力…というよりは上級志向に重きを置いて、レッグルームの広さとゴージャスなインテリアを強調としたものとなっています。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら