自転車を積んで出かけよう!アウトドア目線の車選び

まず大前提は「荷物が積める!」

荷物は帰りの事も考えましょう!

アウトドアを楽しむなら、テントやクーラーボックス、テーブルに寝袋、調理用具と持っていきたい荷物がたくさんあります。
ただ積めるだけならどんな車でもギューギューに詰め込めば出発はできますが、現地に着いてたっぷりとアウトドアを楽しんでから、いざ積み込みという時に大変です!

出たゴミをまとめたゴミ袋が意外と大きくなったり、大抵の場合は出かける時より帰る時の方が何となく荷物がかさばってしまします。
それだけではなく、雨や夜露で湿気を含んだテントや寝袋なども膨らみがちですから、荷物は出かける時点で少し余裕を持たせるか、あるいは車選びの段階で余裕を持たせた方が良いのです。

積み込みに便利な1BOXタイプがオススメ

出かける人数にもよりますが、この面ではハイエースやステップワゴンのような1BOXタイプが有利で、ただ荷物が積みやすいだけではなく、大型のリアハッチやサイドのスライドドアは荷物の出し入れにとても便利です。

もちろん、小柄ながら大量の荷物を運ぶのに向いた軽トラも大活躍しますよ!

車内はラフに使えるか

アウトドアシーンからそのまま乗り込める

日産のX-トレイルやジュークのように、内装の素材が防水仕様などでラフに使えるのはとても重要です。
アウトドアではどうしても泥や土が靴についてきますし、荷物も地面に置いていたものをそのままドサドサと放り込みますし、場合によっては雨の日の積み込みでラゲッジやシートが濡れる事もあると思います。

ラグジュアリー系の内装はカバーやマットで対応

そのような時に本革シートなどを備えたラグジュアリーな高級SUVですと、後々メンテナンスが大変になってしまいます。
そのような車でもスウェート調のシートカバーやラゲッジマットを使う事で対応はできますので、アウトドアに出かける際はラフ仕様で統一です!

走破性も重要です

クロスオーバーSUVの最低地上高以上は欲しい

日本の道路は林道でも基本的には整備してありますので、車高の低い車でもある程度は走れます。
しかし、山奥の道などに行くと避けられないのが、容易に整備が行き届かないがゆえのえぐれたようなわだち、それに落石です。

わだちの中にはタイヤの跡に沿ったようなものもあれば、大きな穴のようになっている場合もありますし、荷物を積んで車体が沈んでいる状況も考えると、たとえ本格的な4WDでなくとも最低地上高がそれなりにあるに越した事はありません。

大体の目安で言えば200mmとなりますので、乗用タイプのクロスオーバーSUVならギリギリです。
例えばスバルのインプレッサで言えば、普通の「スポーツ」など乗用タイプはアウトドア向きではありませんが、クロスオーバーSUVの「XV」であれば200mmが確保されているのでアウトドア向きと言えます。

クロカンは「デパーチャアングル」で有利

また、走破性でもう一つ重要なのが「デパーチャアングル」で、フロントバンパー先端からフロントタイヤ接地面を結ぶ線の角度です。

これが大きいほど多少の穴に落ちても無事に脱出できますし、小さいと何かをぶつけてしまいます。
この面で有利なのはやはりランドクルーザーやパジェロのような本格クロカンSUVで、軽トラも実は強いのです。

駆動方式も4WDであればアウトドア用途としては問題ありませんが、中には4WDだと燃費が悪化する車種もありますので、アウトドア以外の用途がメインかどうかで考えて、2WDの場合はアウトドアの時あまり悪路の場合は引き返す判断も必要です。

自転車を積みやすい車は何か

自転車も荷物も

ここまでは単純な「アウトドア向き」の車でしたが、自転車を積むならどんな車がいいでしょう?
その面で最強なのは荷物を積んで人も乗れて、なお自転車を荷台に積む余力がある「ピックアップトラック」ですが、日本ではもう新車で売っていないので、入手できるものとなると限られます。

それも国産車や逆輸入車、米国製のV8エンジンを搭載したフルサイズピックアップトラックだと、日本の林道では少々巨体を持て余し気味になりますので、中古でトヨタのハイラックス、日産のダットサントラック、三菱のトライトンなどが選択肢になりますが、いすゞのロデオや、新しいところでは「D-MAX」(写真)などのカッコイイ、逆輸入なら新車で買えるピックアップトラックもあります。

自転車を貼り付けるプラットフォーム

それ以外だと強いのはトヨタのハイエースやノア/ヴィクシー、日産のエルグランド、セレナ、ホンダのステップワゴンといった1BOXタイプで、広いルーフの上に積んだり、リアハッチに固定したりします。

写真のように、国によっては自転車どころではない積載性を最大限発揮し、なお走れるタフさも魅力ですね。

レガシィ・アウトバックのようなステーションワゴン型のクロスオーバーSUVも長いルーフの上に自転車を積み、広大なラゲッジは丸々荷物に使える強みはあります。

ただ、同じようなクロスオーバーSUVでも3列シート車の場合は2列シートのステーションワゴンより積載性が劣るところで、3列シート車の場合はスペース効率に優れた1BOXタイプの方が優れている事に注意した方が良いでしょう。

軽トラも「軽ピックアップ」に

また、ここでも軽トラックが「軽ピックアップ」として活躍できます。
意外なところでは、赤帽などが使っている屋根が幌になった「幌バン」と呼ばれるタイプの軽トラが、荷物を大量に積めながら積載性にも優れているのでオススメですよ!

総合的にオススメは何か

最後にまとめますと、アウトドア用途に特化するなら最強なのはいすゞ・D-MAXやトヨタ・ハイラックスなどのピックアップトラックです。

天候が良くない時などに、ある程度車内で過ごす事まで考えるなら1BOXタイプの汎用性は高いですが、そのタイプで最低地上高が高く、国内でもっともアウトドア向きな1BOXは、写真の三菱のデリカでしょうか。

日常的な使い勝手との両立ならクロスオーバーSUVが経済的なので、スバルのレガシィ・ランカスターや日産のX-トレイル、マツダのCX-5を推したいと思います。

最終的には上記のような車から、自分のカーライフ、というよりアウトドアライフから適した車をチョイスして、楽しい休日を過ごしましょう!

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション