現行911最後のスペシャルモデル/24時間働くポルシェ

最後の991

ポルシェは、創業70週年を記念して現行911GT3をベースにしたコンセプトモデル「ポルシェ911スピードスターコンセプト」をポルシェ博物館で発表しました。

1948年6⽉8⽇に登録されたポルシェの名を冠した最初のスポーツカー「ポルシェ 356 No.1 ロードスター」からインスピレーションを受けたコンセプトモデルで、現行の911をベースにスピードスタースタイルにした車両です。市販化を進めるか否かの判断は、今後数ヶ⽉以内に決定され、市販化が決定されれば2019年に公開予定です。

いっそう傾斜したフロントウインドウと短いウインドウフレーム、短縮されたサイドウインドウなど、「ポルシェ356 1500 スピードスター」などの過去のモデルを彷彿させる特徴を持っています。
フロントシート後⽅では、1988年の911スピードスター以来の伝統的なエレメントである「ダブルバブル」カーボンファイバー製リアカバーが。

ルーフ代わりとなる軽量トノカバーは駐⾞時に⾞内を⾬から守るこのカバーは、8個のTenaxファスナーで簡単に取り付けられます。ナビゲーション、ラジオ、およびエアコン
システムの全てが排除されたインテリアにポルシェのスピードスターの設計思想が受け継がれています。フルバケットシートはカーボン製。ワイドなボディのフェンダー、フロントフ
ード、およびリアカバーもカーボン製。


GT シルバーとホワイトの伝統的なボディカラーは、フロントフード中央に配置された50 年代スタイルのセンター燃料タンクキャップ、クラシックなタルボ形状のドアミラーなどかつてのポルシェ レーシングカーを想起させます。⼗字型のような効果を⽣み出すヘッドライトカバーの表⾯処理はポルシェ モータースポーツの黎明期に普及した、⾶び⽯による破損を防ぐためヘッドライトにテーピングを施すという慣例への敬意を表したものとのこと。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら