コロナの影響で中古車価格はこれからどう変化する?

現在、経済や私たちの生活に甚大な影響を与えているコロナウイルス。もちろんその影響は車業界にも及んでいますが、実際に車の価格にはどのような変化があるのでしょう。車業界で一番経済の影響を受けやすいのが、需要と供給によって相場が決まる中古車市場です。そこで、今回はコロナの影響で中古車価格には現状どのような影響があるのかということ、そしてこれからどのように変化するのかについてお話していきたいと思います。

現状の中古車市場

増税とコロナの影響でダブルパンチ

今の中古車市場はもちろん大打撃を受けているのですが、それにさらにトドメを刺すものとして、2019年10月に行われた増税があります。増税が行われると多くの人が増税する前に新車の購入をしようとするため、中古車の数は一気に増えます。そのため現在、中古車屋は在庫をたくさん抱えている状態でこのコロナで全く売れないということになるので、日本の中古車市場はコロナと増税のダブルパンチを受けている状態なのです。

買う人が全くいない

当たり前のことかもしれませんが、現状は買う人が全くと言っていいほどいません。しかし、よく通勤に車を使う人が増えてきたというニュースを耳にすると言う人もいるかもしれませんが、そういった人たちは大半がカーリースやカーレンタルを使っています。一ヶ月単位のレンタルや数ヶ月のレンタルであれば、車を買わずとも車を借りる方が維持費を比べてみても格段にお得なのです。さらに最近は車のサブスクサービスも増えてきていて、日本の自動車メーカーも積極的にサービスを展開しています。そういったことも重なり、中古車の需要は激減しています。

中古車価格は現状かなりの下落

ここまでの説明で現状かなり中古車価格が下落傾向にあるということがお分かりいただけたと思います。実際、アメリカの大手中古車オークション会社マンハイムが出すマンハイム指数によると中古車価格の4月全体の相場は前年度の同じ月と比べて10%近く下がっており、リーマンショック時よりも大きな下がり幅となっています。これはあくまでアメリカの指数ですが、日本では増税後の不景気もありこれと同様かそれ以上の影響と考えて間違いないでしょう。

リーマンショック後はどうなった?

年単位で影響

データ:帝国データバンクより

ウイルスに起因するコロナショックと金融機関に起因するリーマンショックを同じように比べることは少しお門違いかもしれませんが、参考程度にということでリーマンショック後は中古車市場はどのような動きを見せていたのか紹介します。リーマンショック時は日本も世界の市場も同様ですが、発生した年の2008年から下降が始まり、一番最低値を叩き出しているのが次の年の2009年となっています。経済が再生し始めるのは最低でも2年後となっているのです。また、それと同様に中古車販売店の倒産件数に関しても2009年が一番多く、本格的な影響は少し遅れてやってくるということがお分かりいただけると思います。

これから中古車市場はどうなっていく?

輸入車では国産車よりも大きな影響

試しにコロナショックをリーマンショックと同様に影響すると考えると、年単位で考えて一番中古車価格が下がるのが2021年となります。これから、外出自粛の流れが解けたとしても多くの人々の収入が減っていく中、車の購買意欲が激減するのは避けられないことでしょう。さらに今回で言えば、リーマンショック時よりもさらに輸入車のカテゴリーにおいては大きな影響があります。ウイルス起因のため輸出・輸入に関しては全くと言っていいほど動いていないのです。そのため数多く存在する、輸入車を専門に扱う中古車販売店に関しては国産車の販売店よりもこれからかなり大きな下落となっていくでしょう。

リーマンショックよりも長引く可能性

今回はウイルス起因の不況のため、リーマンショックよりも長引く可能性が非常に高いです。それはウイルスに対する対処法を見つけ、それが普及しなければ完全に経済が回復へと向かわないからです。現在、コロナウイルスに対するワクチンは普及までには至っておらず、WHOのテドロス・アダノム事務局長は「開発には1年〜1年半ほどかかる」と述べています。これを踏まえて考えると完全に経済が回復に向かうのが3年後かもしくはそれ以上となってきます。これからの中古車市場はもう何年か下落が続きそうです。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら