マツダのあのロータリーエンジンがついに復活!

市場の期待に応える日が来たのか

これまでまことしやかに囁かれた来て、その度に車ファンの心を踊らせてきた噂があります。 「マツダのロータリーエンジンは復活する」 これまでは期待も込めた噂としてでしたが、いよいよそれが実現のものとなりそうです。

燃費問題を解決する技術革新の登場

マツダは一度燃費などの問題でロータリーエンジンを搭載しているクルマの製造を中止しましたが、その欠点を補える方法を発見した為ロータリーエンジンの復活が現実の物となってきました。 それは現在では搭載されているクルマも多い、スタート/ストップシステムに似たシステムでローターがあるポジションに来ると自動でインテークポートを閉じ、燃料を燃焼出来ない状態にするというシステムです。 ロータリーエンジンはバルブがないために難しいとされて来ましたが、代用パーツを使用する事で実現に成功しました。

ロータリーエンジンのデメリットを解消する方法

ロータリーエンジンは特殊な作りの為に排ガス規制テストに合格するのに、どうしても苦労を強いられます。 それを打破するために、マツダが目を付けたのはトヨタプリウスのようなガソリンエンジンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムをロータリーエンジンでも使用する事です。 そして電気モーターをメインとなり、ロータリーエンジンがレンジエクステンダーという役割になる予定です。

この打開策はファンを満足させられるのか!?

ロータリーエンジンがレンジエクステンダーとして使用されるとなった場合、ロータリーエンジンファンの方は満足するのでしょうか。 待ち望むファンの期待を補って余りあるだけの、最高のロータリーエンジンを積んだ1台を世に出してほしいものです。 新しい詳細が発表され次第またお知らせいたします!

Mazda Says No Rotary Coming, Quietly Files Patent That Claims OtherwiseAncar | Ancar(アンカー) – 中古車の個人売買

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

【Ancarに掲載中のおすすめ車両】