日本車のおすすめセダン10選|セダンを選ぶ際のポイントも併せて紹介!

セダンは日本の自動車メーカーからも多くの種類が販売されている定番の車種です。ここでは日本車のおすすめセダン10選や、セダンを選ぶ際のポイントをご紹介しますので、セダンの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

セダンとは

セダンとは、車の基本形と言われておりエンジン、乗る場所、荷物を入れる場所がそれぞれ別々になっている車です。乗り心地がよく、走行性などの面から日本だけでなく海外でも多く乗られている車種です。ほぼすべての自動車メーカーから販売されており、2ボックスの車でもセダンとされるケースもありますが、一般的には3ボックスの車種のことをさします。この記事ではセダンのおすすめ車種についてご紹介していきます。

日本車のおすすめセダン10選

日本車のおすすめセダン10選をご紹介します。ひとくちにセダンと言っても、セダンにはスポーツタイプやコンパクトセダンなどさまざまなタイプがあります。また、多くの日本の自動車メーカーから販売されており、その特徴は多岐に渡ります。ここでは日本車のおすすめセダン10選をご紹介しますので、セダンについて詳しく知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

日本車のおすすめセダン1:トヨタ「カローラ」

トヨタのカローラは、ライフスタイルに寄り添ったデザインが特徴となっているセダンです。様々なアップデートを重ね、現在ではスポーティーなタイプのデザインになっています。日本だけでなく様々な国で多くの人に乗られてきたトヨタを代表する車の一つです。車内の設備にもこだわっており、最新のモデルでは、スマートフォンのアプリが画面で使用できたり、車内の空気を清潔に保ってくれたりと様々な機能が搭載されており、子供も安心して乗せることができます。

日本車のおすすめセダン2:ホンダ「シビック」

ホンダのシビックは、高加速し快適な走りができるセダンです。独自のエアバックを搭載し、チャイルドシートもしっかり固定できるようになっており、内装の機能面にこだわっています。さらに、低燃費でしっかり走行することができ、排気量も、平成30年の排出ガス基準75%低減レベルをクリアしていて、乗る人だけでなく環境にも配慮したセダンだといえるでしょう。

日本車のおすすめセダン3:日産「スカイライン」

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline/specifications/sp.html

スカイラインは、様々な最新機能を搭載している日産のセダンです。3Dの高精度地図データ、360度の検知機能など最新技術が搭載されたスカイラインは、思わず乗ってみたくなるような機能が満載です。カラーも10色展開になっており、スカイラインはハイブリッド車も数種類用意されています。スカイラインの魅力的な加速度を感じたいならハイブリッド車を選ぶと良いでしょう。

日本車のおすすめセダン4:トヨタ「プリウス」

トヨタのプリウスは、人の感覚を中心として設計されたデザインのセダンです。十分なゆとりがある荷物スペースが確保されているにもかかわらず、後方座席のスペースも確保されているうえ、座り心地が良いシートが使われています。使いやすく勝手が良く、乗り心地にも優れたプリウスは、幅広い世代が利用しやすくなっています。

日本車のおすすめセダン5:トヨタ「クラウン」

トヨタのクラウンは、スポーツ性を追求したセダンです。トヨタのクラウンは低燃費にもかかわらず、力強く、滑らかに加速し、気持ちが良い走りが体感できます。また、ドライバーのことを考えた設計のため、座席などに使用されている生地は上質で、その居住性の高さも特徴の一つです

日本車のおすすめセダン6:スバル「インプレッサ」

スバルのインプレッサはスバルの看板車種でもあるおすすめセダンです。スバルは世界的にも知名度の高い自動車メーカーで、その中でもインプレッサは特に支持を集めている車種です。車内のデザインは、安心で楽しいと思えるような設計になっており、包み込まれるようなシートの形に加え、黒色のレザーシートが上質な雰囲気を出しています。さらに、ドアミラーの位置などにこだわりドライバーの視野をサポートするだけでなく、座り心地が良いシートでドライバーが疲れにくいようにしてくれるなど、乗る人のことを考えたつくりになっています。

日本車のおすすめセダン7:ホンダ「インサイト」

ホンダのインサイトはミドルサイズセダンとして進化した、日本車のおすすめセダンです。エクステリアは細部までこだわりながらデザイン、設計されています。また、低身長にもかかわらず車内はしっかりとスペースが確保されている設計で、ゆったりとした空間を楽しめます。さらに、走る状況に応じてエンジンのモードを切り替えるため、無駄なパワーを消費せず、優れた燃費性能を実現させています。

日本車のおすすめセダン8:トヨタ「カムリ」

トヨタのカムリはハイブリッド車の展開もある、燃費の良い日本車のおすすめセダンです。後方座席がゆったりしたつくりになっており、大人の人が3人座ってもゆったり座れる設計です。また、荷物を入れるスペースも十分に確保されており、乗る人のことを考えた居心地の良いつくりが魅力です。さらに、ドライビングポジションなどがしっかり計算されています。車両自体は低重心で安定するように設計されているため、安心して乗ることができます。

日本車のおすすめセダン9:マツダ「アクセラ」

マツダのアクセラはマツダの基幹モデルとしておすすめセダンです。安定した走りを目指しているマツダの車は、何度も研究を重ねた、操縦安定性能を搭載しています。マツダのセダンはデザインがとても洗礼されていて、エレガントな見た目からは想像できないほど滑らかな走りを実現してくれます。

日本車のおすすめセダン10:レクサス「ES」

ESは高級ブランドレクサスのおすすめセダンです。アグレッシブな走りを実現してくれるにもかかわらず、人に配慮したデザインが組み込まれているため、乗り心地が良い設計となっています。ドライバーのアクセル操作に柔軟に対応するだけでなく、ドライバーが思った通りのラインで走行できるようにサポートする機能もあります。

セダンを選ぶ際のポイント

セダンを選ぶときにはいくつかのポイントを押さえておきましょう。ここまで日本で人気のおすすめセダンをご紹介しましたが、セダンはモデルによってサイズが異なり、それに伴い燃費や維持費なども変わってきます。そのため、長い相棒としてセダンを選ぶ場合は、用途や重視したいポイントを押さえた車種選びをしましょう。ここではセダンを選ぶ際の3つのポイントをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

サイズをチェックする

セダンを選ぶときにはサイズをチェックしましょう。セダンには一般的にはLサイズ、Mサイズ、Sサイズの3つの種類があると言われています。Lサイズは車体が大きいだけでなく内装も豪華ですが、排気量が大きいものが多く維持費がかかります。また、Mサイズは選択肢の幅が広く、スポーティさやデザイン性など好みに沿ったモデルを選べます。Sサイズはコンパクトで小回りが効き、運転が苦手な人でも運転しやすいのが魅力です。

維持費を考える

セダンを選ぶときにはガソリン代などの維持費を考えましょう。セダンはサイズやモデルごとに排気量なども異なります。排気量が大きいものだと5000cc以上というモデルも存在するため、ガソリン代などの維持費がかかります。また、Mサイズ、Sサイズと車のサイズが小さいモデルになるほど燃費が良くなる傾向にあります。長い目で見れば、ガソリン代などの維持費が家計に与える影響は大きなものになります。維持費を考えたうえで、自分にあった車を選ぶようにしましょう。

使用する燃料をチェックする

セダンを選ぶときには使用する燃料をチェックしましょう。セダンにはガソリン車やハイブリッド車があり、さらに高級セダンならハイオクガソリンを使用している場合があります。車によって燃料も違うため、セダンを選ぶ際には燃料の違いにも注意しましょう。

自分にあったセダンを見つけよう

セダンにはさまざまな種類があります。セダンは日本の自動車メーカーから多くのモデルが販売されており、車種によってサイズやコンセプトなどもさまざまです。そのため、セダンを選ぶ際にはそれぞれの特徴や魅力をしっかりチェックしましょう。ぜひこの記事でご紹介したおすすめのセダンを参考に、自分にぴったりのセダンを見つけてみてはいかがでしょうか。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

【Ancarに掲載中のおすすめ車両】