【子供の安全を考えるお父さん必見!】安全性を探求するスバルのアイサイトに見る「自動ブレーキ」!

自動運転システムに向けて

www.itmedia.co.jp

現在、自動車メーカーやGoogleなどのIT企業が競うように「自動運転車」を開発しています。
運転席に座ったドライバーが操作をしなくても目的地まで連れて行ってくれる、未来の技術です。
既に公道での実験も活発に行われており、米国ではGoogleの実験車がかなり実績を積んでいます。
しかし、コンピュータ制御による運転が、周りの「人間が運転する自動車」に溶け込めるのか、また事故を起こした時の責任の所在などの問題もあります。
そのため、技術的な問題はかなりクリアしながらも、将来的に実用化されるかどうかはまだわかりません。
もしかしたら、BRT(バス高速輸送システム)のように、自動運転車専用の道路を作らないといけないかもしれません。
でも、自動運転の技術の一部は既に実用化されています。
昔からある「クルーズ・コントロール」、それに最近では「自動ブレーキ」。
ここでは現在、もっとも信頼性の高いシステムのひとつとも言われるスバルの「アイサイト」を通して、自動ブレーキの現在と未来を考えてみたいと思います。

アイサイトは自動ブレーキだけでは無い?!

www.subaru.jp

最初にひとつご理解いただきたいのは、いわゆる「自動ブレーキ」という呼び方は正確なものでは無いということです。
正確には「衝突被害低減システム」あるいは「衝突被害回避システム」と言えます。
緊急時に衝突事故を防げる「可能性を高める」という目的で、運転者の意図とは別にブレーキを緊急作動させるシステムなのです。
いかなる時でもブレーキ操作を自動で行ってくれるわけではないので、注意してください。
また、アイサイトに関して言えば、ブレーキ操作だけではありません。
前を走っている車と一定の距離を保つ「全車速追従機能付きクルーズコントロール」(実際の設定範囲は40km/hから140km/hまでですが)があります。
そして40km/h以上では車線の逸脱、50km/h以上では車のふらつきを感知し、警報を鳴らすシステムもあります。
極めつけに、あらゆる支援システムが補助しても結果的に事故が起きてしまったときは、衝突前後の映像その他の車のデータを保持するという、市販の映像だけのドライブレコーダより高度なシステムが搭載されています。
(アイサイトのドライブレコーダは、一般ユーザーがデータ取得する事はできませんので、取得用のドライブレコーダは別にあった方がいいでしょう。)
それら全てのシステムを支える文字通りの「目」がアイサイトの根幹なんですね。

アイサイトの「目」

www.subaru.jp

アイサイトの全てのシステムの基本となる「目」は、日立製作所と日立オートモーティブシステムが開発したステレオカメラです。
高性能の単眼式カメラを人間の目と同じように左右二つ取り付ける事で、立体的な認識を可能にしています。
それによって「遠近感」や、対象の形状、それに相対速度を検出できるのです。
「何が」
「自分に対して」
「どのような位置関係にあり」
「どの程度の相対速度を持ち」
「どのように接近、あるいは離れていっているのか」
そこまでわかるシステムは、そう多くはありません。
自動ブレーキを搭載したシステムの中には単純にレーダーやレーザー等で距離と相対速度を図るだけのものも少なくありません。
また、潜水艦のソナーのように音波で距離を図る駐車支援システムも昔からありますが、これも目標の識別まではできません。
「アイサイト」は映像と、その映像解析システムをフル活用する事で、目標の識別までを可能にした、画期的なシステムなんです。

アイサイトのメリットとデメリット

www.subaru.jp

「アイサイト」の ステレオカメラ式センサー のメリットは既に書いた通りですが、これは人間の目玉に近いものです。昔から飛行機のパイロットなどは、人間の目の事を「アイボールセンサー・マークI」などと言っていまして、これは高性能なセンサーと同様の性能を持っています。
その最大のメリットは「目標識別能力」にあると言えます。
これはレーダーなどの 電波式 でもある程度細かい波の電波(ミリ波レーダー、マイクロ波レーダーなどと言われます)を出せば、大きさや形状は把握できます。
ただ、電波が乱反射して形状が曖昧になったり、色の識別まではできませんから、その点ではステレオカメラ式が優れています。
(初期の「アイサイト」では対応していませんでしたが、現在はカラー映像で認識しています)
ただし、「アイサイト」の ステレオカメラ式 の弱点もまた、「アイボール・センサーマークI」と同じです。
すなわち、暗い時や、悪天候、霧などで見通しが効かないと、センサーとしての能力が極端に低下するのです。
ある程度は暗視機能や赤外線撮影で補えるので人間の目よりは優れていますが、それでもカメラ映像だけでは限界があるのは確かですね。
そのため、スバルのTVでも「ぶつからない?」など、断言を避けて疑問符をつける形で宣伝しています。

Ancarで扱っているスバル フォレスター 2.0XT アイサイト

Ancarでも、そんな最新技術を搭載した車が出品されています。

https://www.ancar.jp/cars/34

エンジンをかけた瞬間に、エンジン音とエキゾーストから絶対に運転したら楽しいと確信を与えてくれる車です。
決して、小さくはありませんが、重すぎないためか、取り扱いしやすいのも特徴です。
アイサイトに加えて、バックカメラも搭載しているので、走行中も駐車時も安心!
オフロードでも、街乗りでも楽しめます。
下記URLから、ぜひ詳細を見てみてください。

フォレスター 2.0 XT スバル 2013年式 sotarokさんの車両の査定結果 | Ancar[アンカー]
フォレスター 2.0 XT スバル 2013年式 sotarokさんの車両の査定結果 | Ancar[アンカー]www.ancar.jp

まとめ

いかがでしたか?
今回紹介したのは、最新の自動運転のシステムの一部したが、素晴らしい技術であること、また、その限界を知る事ができたかと思います。
将来的に自動運転システムが完全に実用化される時は、あらゆるセンサーや操作装置を何種類もの技術のメリットを組み合わせたシステムになっていく事でしょう。
一番大事なのは、デメリットの部分をなるべくつぶせるように、全体のシステムをうまく調整していく事です。
そのための実験車が、もうすぐ日本のあちこちでも見られるようになるかもしれません。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら