プジョー 308GTi HDDナビ故障修理作業

今回修理を行った車は、平成22年式のプジョー 308GTi 型式ABA-T75FYです。

純正のナビではなく、社外のエクリプスのHDDナビAVN660HDが付いていたのですが、段差を走行した際に音が途切れ全く音が出なくなる時があるとのことで入庫しました。

調べてみたところ、原因はナビの裏の配線の接触不良によるものでした。

輸入車の電装系は他の箇所にも連動していることが多く、修理してる最中に他の箇所のチェックランプが点灯したりリセットをかけなければいけない場合があるので、基本的にはプロがいる整備工場に依頼しましょう。ただ、整備工場で工賃払ってやってもらうのはもったいない、愛車は自分で修理するという方は今回の作業内容を参考にしてみてください。
※こちらの作業内容は整備を保証するものではありませんので、あくまでも参考程度にご覧ください。

弊社工場『Ancar Repair Shop 川崎』でも作業可能です。お困りの際は、ぜひお問い合わせください!

プジョー 308GTiのよくある故障

今回修理でお預かりしたプジョー 308GTiは、平成20年~平成26年の間で生産されたモデルの車両になります。このモデルの特徴はパノラミックガラスルーフで、大きいガラスルーフが開放感を演出しドライブをより楽しくしてくれます。

ただ、この特徴的なガラスルーフは問題ないのですが、ガラスルーフの内側にあるサンシェードが壊れやすいのです。シェードが半分しか出てこなかったりユニット自体が壊れることもあります。ユニットまで交換となってしまうと、なんと20万円以上の費用がかかります。

それに加えて多いのが、窓が上がってこない故障です。レギュレーターのワイヤー外れてることがほとんどの原因ですのでサンシェードほど高額な修理費用は請求されませんが窓が閉まらないと困りますね。

しかし多く見られる修理はこの2点だけで、一般的に「プジョーは壊れやすい」というイメージを持っている方が多いですが意外とトラブルは少ないモデルなのでオススメです。

今回のナビの故障修理作業

今回はまず、原因特定のためパネルを取り外しナビの裏側の配線の確認しました。その後不具合の原因は配線の接触不良と判明したのでカプラーを一度外し、接点復活剤を吹き付けて元に戻して作業完了しました。

作業手順

①まずはマスキングテープなどで養生します

インパネは傷つきやすく内装剥がしで誤ってガリっといかないように、パネル周りをマスキングテープや養生テープでしっかり養生してから取り外し作業を行うようにしましょう。

⓶灰皿を取り外します

上の部分を軽く押しながら引っ張ると簡単に取ることができます。

③灰皿の下にある小物入れを取り外します

灰皿の下の小物を入れは、ネジなどで固定されていないので簡単に引っ張り出せます。

④ネジを取り外していきます


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら