BMW 1シリーズ ディーゼルは使い勝手抜群で燃費も良好

BMWの1シリーズは同社のエントリーモデルですが、走行性能へのこだわりにはBMWらしさをきっちりと感じられます。前後均等の重量配分に加えて、初期モデルの1シリーズはFRレイアウトを採用していました。現行モデルはFFとなりましたが、ハッチバックとは思えないスポーティーな走りが魅力です。ディーゼルモデルも登場していますので、その特徴について見ていきましょう。

BMW 1シリーズとは

引用元:http://openers.jp/wp-content/uploads/2015/01/881821/top.jpg

BMWはスポーティーさと堅実な車作りのスタイルを併せ持つ、ドイツの自動車メーカーです。1シリーズはBMWのエントリークラスとなっており、初登場は2004年となっています。欧州の区分で言うCセグメントに属しており、コンパクトな輸入車を探している方には、ちょうど良いサイズ感です。1シリーズはハッチバックでコンパクトな車体ながら、初代モデルはFRレイアウトを採用しているためドライビングの楽しさを味わえるのが特徴。コンパクトハッチバックでFRの車はほとんどないため、初期モデルはある意味貴重な存在です。フロントとリアの重量配分は50:50となっており、優れたバランスを誇っています。

車体はドイツのレーゲンスブルク工場で丹念込めて作り上げられていますから、エントリークラスとは言っても作り込みの丁寧さはしっかりとしたものです。内装や装備はやはりBMWで、コンパクトカーながら上質さが醸し出されています。2016年にはディーゼルモデルが登場し、更に選択の幅が広がりました。コンパクトでディーゼル、そしてスポーティーと言うのは独特な存在感があります。

BMW1シリーズのディーゼルの評判

ディーゼルモデルとガソリンモデルの比較

引用元:https://newcars.jp/news/bmw-1series-3cylinder/

BMW1シリーズは118iが基礎のグレードになります。ディーゼルモデルは118dとなっており、SportやStyleと言うバリエーションが用意されました。何れもディーゼル搭載車両のためにガソリン車の118iよりもやや高価です。高価と言ってもディーゼルは環境性能が高くて、トルクでも優秀さを発揮しますから、この程度の価格差ならば跳ね返してしまうような魅力を感じられるかも知れません。ディーゼルエンジンとガソリンエンジンでは作りも全く違いますし、118iと118dでは排気量も異なっており、ガソリンモデルは1,498ccに対して、ディーゼルモデルは1,995ccとなっています。

118dのエンジンの概要

引用元:http://autoc-one.jp/bmw/1_series/report-3235210/

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら