冬の時期に洗車は危険?洗車する際に気をつけるべきこと

車のメンテナンスの中で最も簡単で最も難しい洗車ですが、車を洗車せずにいるとよごれがこびりつき悲惨なことになってしまいます。また、汚い車に乗っているとなんだか気分良く運転できないような気がします。ガソリンスタンドにはコイン洗車機というとても簡単に洗車をできる機械がありますが機械だからといっていつでも洗車できるわけではありません。季節によってはデメリットも存在し、被害が出てしまう場合があります。今回はそんなコイン洗車機で冬場に洗車を行うときの注意すべき点について紹介していきたいと思います。

冬場こそ洗車したくなる!

冬場こそ車は汚れやすく、他の季節の汚れと比べても厄介です。そんな冬場の汚れはどのような種類の汚れがあり、どのような悪影響があるのでしょうか。今回はそんな冬場の頑固な汚れについて紹介していきたいと思います。

冬場の土埃(つちぼこり)

車をガレージに置くことは難しく、青空駐車している人の割合の方が多いのではないかと思います。そんな閉鎖的な空間ではなく外に置かれている車は雨や土埃の影響を受けやすい状況にあり、何もしなくても汚れが溜まってしまいます。そのため定期的な洗車をおすすめします。土埃は黄砂と比べて神経質に気にする必要のない汚れですがこの汚れが溜まると悪影響があります。例えば、車のトランクにある溝に土ほこりが溜まっていき、その土がヘドロのようになってしまい掃除する時に大変な作業になってしまいます。そのため車を洗車する時には外側の洗車だけではなく細かな溝まで掃除してあげると汚れの蓄積を防げます。

積雪時の凍結防止剤

冬になると雪が降ることが多くなります。この雪は雨よりも汚れやすく特にタイヤの跳ね上げによる汚れが深刻なイメージがあります。また冬の時期に地域によって差がありますが凍結防止剤が撒かれることがあります。この凍結防止剤は積雪時に撒かれるイメージもありますが雪が降っていなくても路面凍結している場合に撒かれる可能性があります。この凍結防止剤の原材料は塩化カルシウムや塩化ナトリウムであることが多く、凍結防止剤が付着したまま汚れを放置していると車の足回りが錆びてしまいます。そのため雪の多い地域や路面凍結している場所で凍結防止剤が撒かれているような地域に車で赴いた際は洗車することをおすすめします。

洗車の際に予想される冬場のトラブルとは?

冬場は雪や土埃など汚れの原因となるものが多い時期ですが暖かい時期よりも洗車機のトラブルが予想されます。年末も近づき洗車機の需要が高まる今こそ洗車機やその周辺のトラブルを知っておく必要があるのではと考えています。

洗車機の凍結

冬場の洗車機は凍結のリスクがあり、凍結を知らずに洗車機へ車を入れてしまうと車が傷だらけになってしまう可能性があります。そのため事前に現在の温度を知っておく必要があります。氷点下まで気温が下がらなくても洗車機のブラシの素材や風などの条件が合わさると凍ってしまう危険性があります。濡れたブラシが風によって凍結しそのブラシが車のボディに当たると傷の原因となってしまいます。また、凍結の危険性はブラシだけではありません。非常に寒い環境にある洗車機から放出される水は数秒で凍る可能性があり、水だけではなく泡も凍ってしまいシャーベットのようになってしまいます。そのような環境で洗車していても全く洗う意味もなく逆に愛車を痛めつけてしまうだけです。そのため気温が氷点下に突入していないからいいだろうと思い洗車するのは危険です。

冬に洗車すると車のドアが開かなくなる?


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら