【ホンダ CR-V RE4型】なぜ不人気?むしろオススメなSUV

ホンダ CR-V RE4型について

概要

今回はAncarに掲載中の中古車 ホンダ・CR-V ZX HDDナビレザースタイルを紹介していきます。

CR-Vの車名の由来はComfortable(快適な)、Runabout(自由に走り回る)、Vehicle(乗物)の頭文字で構成されており、生活のあらゆるシーンを快適に、軽快で自由に楽しめるクルマであることを目指して名付けられました。
日本では2006年10月12日発表し、13日に発売した3代目のモデルになります。新車価格は305万円。

従来の角ばった箱型ボディから一転、欧州車高級SUVの雰囲気のようなプレミアム感を演出し全体的に丸みを帯びたボディとなりました。ボディサイズは拡大され全幅は1,820mmとなっています。
この事で車格も1ランクアップし、日本市場で今までライバルとされた車種より装備・質感・価格帯は大幅に上回りました。SUVブームが沈静した日本市場よりも販売台数が多い北米市場からの大型化の要請、および、欧州・アジア市場からのプレミアムSUV化へのニーズを意識したため、当初のコンパクトSUVからミディアムサイズSUVとなりました。

外装

エクステリアデザインは、北米や欧州を意識して作られている為、日本車らしさを残しながらも海外風なデザインになっており、外車と間違えられることも多々あります。
フロントマスクはステップワゴンなどと共通のデザインモチーフが採用され、サイドウインドウの扇形のラインは初代ストリームを彷彿とさせるクーペ調フォルムとなっており、さらにメッキモールを施して全体的にプレミアム感を演出しています。

また、初代・2代目と背面に背負っていたスペアタイヤから変更され全タイプ床下収納となり、リアゲートも横開き式から跳ね上げ式になっています。また、見た目の高級感を重要視する日本市場の上位グレードには、バンパー下部およびボディサイドシルのプロテクター部分をメタリックグレーの塗装を施してあり さらなる高級感を演出されています。

内装

インテリアデザインもエクステリアと同様、ワイルドで機能性重視の初代・2代目から変更され、3代目ではプレミアム重視のインテリアとなり全体的にシンプルなデザインとなり上質な雰囲気を演出しています。
初代・2代目に設定されていた折りたたみ式センターテーブルが廃止され、代わりに大型センターコンソールが装着されました。また左右独立エアコンやステアリングテレスコピック機能、イモビライザーなどを全グレードに標準装備されています。

シートは、座る人の腰を座面中央の奥まで自然に導く形状に加え、座面部分を柔らかくサイドサポート部を堅めに設定し、長時間乗っても疲れにくい快適な座り心地としっかりしたホールド性を両立させたシートに、電動で調節できる運転席&助手席8ウェイパワーシートも装着されていて、ドライビングを堪能できるコクピットとなっています。

シュクラ社製の電動ランバーサポートを一部標準装備されているなど、高級セダン車並の装備があるのが特徴で、掲載車両はベージュレザーシートでヒートヒーターも搭載されています。

スペック


エンジン型式 K24A
最高出力 170ps(125kW)/5800rpm
最大トルク 22.4kg・m(220N・m)/4200rpm
種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
総排気量 2354cc
内径×行程 87.0mm×99.0mm
圧縮比 9.7
過給機 なし
燃料供給装置 電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI)
燃料タンク容量 58リットル
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン
10モード/10・15モード燃費 11.6km/リットル
JC08モード燃費 11.0km/リットル
足回り系
ステアリング形式 パワーアシスト付きラック&ピニオン
サスペンション形式(前) マクファーソン式(ストラット式)
サスペンション形式(後) ダブルウィッシュボーン式
ブレーキ形式(前) ベンチレーテッドディスク
ブレーキ形式(後) ディスク
タイヤサイズ(前) 225/60R18 100H
タイヤサイズ(後) 225/60R18 100H
最小回転半径 5.5m
駆動系
駆動方式 フルタイム4WD
トランスミッション 5AT

動力性能面では、エンジンが2代目モデル(後期型)のK24A型のままですが、170PSにチューンアップされ、ドライブ・バイ・ワイヤという電子式のアクセルが採用されています。4WDシステムも、デュアルポンプのクラッチ容量アップとワンウェイカムユニットの追加により、伝達駆動力とレスポンスがアップしております。
走りの性能は、ベース車となっているアコードを模範とし、特に日本・欧州市場からの要請であった「SUVにしてはタイヤが小さい」の声に応えるため、18インチタイヤが標準装着できるシャシーとなって全体的な動力性能が大幅に向上しています。

ホンダ CR-V RE4型の走り


CR-Vに搭載されているのは、低燃費、優れた環境性能を両立し、さらに、さまざまなシーンを爽快に走り抜けるパワフルさを備えたパワーユニットです。Honda独創のVTEC(可変バルブタイミング・リフト機構)とVTC(連続可変バルブタイミング・コントロール機構)を融合したi-VTECを採用。吸排気効率の向上がもたらした125kW(170PS)のハイパワーと、低・中回転域での力強いトルク、高回転域までの鋭い伸びおよび低燃費を実現しており燃費はリッター11.6kmで、30系ハリアーの2.4L(160PS)でもリッター10.6kmなのでかなり良いと言っていいと思います。

サスペンションは、フロントにストラット、リアに高性能ダブルウイッシュボーンを採用しており機敏な反応でしなやかに曲がり、直線ではふらつきにくく、安定感のあり大径かつワイドサイズのタイヤともあいまって、セダンのような走り味で長距離走行も疲れを感じづらいです。

燃費が良く、安定感の乗り味の上にラゲッジスペースが広いので普段使いの買い物に加え、遠出の旅行やレジャーにとてもおすすめです。スキーやスノーボード、サーフィンなど大きな道具も積める為かなり使い勝手がいい車です。

ホンダ CR-V RE4型を買う時の注意点


実を言うとCR-Vは特別ここが壊れ易いといった箇所がありません。ホンダ車によくあるエアコンの故障は起こる可能性がありますが、定期的に点検整備をし、消耗品もちゃんと交換してある車両でしたら心配することなくご購入頂けると思います。

まとめ


CR-Vは3代目以降国内の売れ行きが落ちていきましたが、実はとてもいい車というのが分かっていただけたでしょうか?
3代目は海外でのニーズが高く輸出されてしまうので国内の数が減ってきています。気になった方は価格が上がらないうちにお早めにご検討ください!

次の車を購入する前に、現在お乗りのお車を高く売るには、おまかせ出品がおすすめです。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。