もっと右ハンドルのアメリカ車を造ろう!リンカーン・コンチネンタルがもったいない!

そういえば、ドイツ車やフランス車は右ハンドルで買えるクルマが多いのに、アメリカ車は日本でも左ハンドルのみのモデルが多いもの。それに対するCarbuzz誌の提案です。

米州以外でももっと有名になって欲しい、リンカーンブランド

購入するクルマに関して多くの選択肢があるものの、どうも「手に入らないもの」に執着する傾向にあるようです。

北米上陸以前の旧型日産「GT-R」しかり、英国専売だったヴォグゾール「ロータス・カールトン」しかり。

ところで、アメリカ車は海外でどう受け取られているのでしょう?

特に、右ハンドルの国々で手に入らないようなアメリカ車については?

そこで今回は、このほどデビューした新型リンカーン「コンチネンタル」(いまのところは左ハンドル車のみ)を例に考えてみたいと思います。

2016年のデトロイトショーで登場したての同車は、400PSと4輪駆動システムをひっさげての発表となりました。

ここ数年のリンカーン車と同様、コンセプトカーから大して変わらぬ、優雅なエクステリアデザインも要注目です。

米国市場でもっとも販売成長率の高い高級車ブランドが、実はリンカーンなのですが、それにも納得が行くというものです。

リンカーンの将来的な成功も、実質的には大部分がクロスオーバー車にかかっていると言えますが、それでも新型セダンであるコンチネンタルは、リンカーンの業績に大きく貢献してくれる存在です。

さて、そんなコンチネンタルですが、米国以外の市場においては何がセールスポイントとなるでしょうか?

それはやはりドイツ勢や日本勢と比較して、手の届きやすい価格設定と、エンジンのパワフルさでしょう。

BMWやメルセデスといった強豪から大きなシェアは奪わないとしても、5万ドル程度(約550万円)というプライスと4WDに400馬力と聞いて振り向く人は多いはずです。

親会社フォードによれば、エンジンラインナップには、排気量の異なる数種類のV6が設定されるとのことで、その中にはフォード「フュージョン」(車台を共有する兄弟車)にも搭載済みのエンジンもあるということです。

室内が広々としたセダンはアジアで絶賛される傾向にあるので、香港やシンガポールといった市場で、ビジネスマンがコンチネンタルを喜んで乗り回す光景が目に浮かびます。

そのほかにも、イギリスも大切なマーケットであり、またオーストリアの一部でも気に入ってもらえるでしょう。

ジャガーやBMW、メルセデスといった伝統的なブランドのモデルがひしめく英国市場でも、リーズナブルなコンチネンタルに、勝算はありそうです。

オーストラリアに目を向けると、豪州国内の自動車産業が衰退傾向にある状況下での「400馬力のV6」(V8もあり得ます)という存在は、強い印象を放つでしょう。

その意味で、アメリカとオーストラリアはクルマに関する共通点が多いものです。

もちろん、コンチネンタルは数のうえで大きなヒットとはならないでしょう。

しかし問題はそこではありません。

誇り高き歴史を持つリンカーンブランドですが、いまではその地位と認知度を盛り返す必要があるのです。

キャディラックやリンカーンといったアメリカ車の豪華なセダンが、世界中に名を轟かせていた時代も過去にはありました。

しかし、それはもうかなり昔のこと。

それでも、以前の栄光を取り戻すかのように、米国の自動車メーカーもクロスオーバーやセダンといった魅力ある車両の投入をして、イメージやセールス面での巻き返しを図ろうとしています。

その流れの中で、我々はリンカーンも右ハンドルのコンチネンタルを世に出すべきだと考えます。

そんなわけでフォードさん!右ハンドル英国仕様の「モンデオ」があるのですから、そんな感じでコンチネンタルも右ハンドル車を出して、様子を見てみませんか?

もしそんなクルマが出たら、日本市場でも、どう評価されるかが楽しみになりますね。

Cars America Needs To Make Right-Hand Drive: The New Lincoln Continental

〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら