もっと右ハンドルのアメリカ車を造ろう!リンカーン・コンチネンタルがもったいない!

そういえば、ドイツ車やフランス車は右ハンドルで買えるクルマが多いのに、アメリカ車は日本でも左ハンドルのみのモデルが多いもの。それに対するCarbuzz誌の提案です。

米州以外でももっと有名になって欲しい、リンカーンブランド

購入するクルマに関して多くの選択肢があるものの、どうも「手に入らないもの」に執着する傾向にあるようです。

北米上陸以前の旧型日産「GT-R」しかり、英国専売だったヴォグゾール「ロータス・カールトン」しかり。

ところで、アメリカ車は海外でどう受け取られているのでしょう?

特に、右ハンドルの国々で手に入らないようなアメリカ車については?

そこで今回は、このほどデビューした新型リンカーン「コンチネンタル」(いまのところは左ハンドル車のみ)を例に考えてみたいと思います。

2016年のデトロイトショーで登場したての同車は、400PSと4輪駆動システムをひっさげての発表となりました。

ここ数年のリンカーン車と同様、コンセプトカーから大して変わらぬ、優雅なエクステリアデザインも要注目です。

米国市場でもっとも販売成長率の高い高級車ブランドが、実はリンカーンなのですが、それにも納得が行くというものです。

リンカーンの将来的な成功も、実質的には大部分がクロスオーバー車にかかっていると言えますが、それでも新型セダンであるコンチネンタルは、リンカーンの業績に大きく貢献してくれる存在です。

さて、そんなコンチネンタルですが、米国以外の市場においては何がセールスポイントとなるでしょうか?

それはやはりドイツ勢や日本勢と比較して、手の届きやすい価格設定と、エンジンのパワフルさでしょう。

BMWやメルセデスといった強豪から大きなシェアは奪わないとしても、5万ドル程度(約550万円)というプライスと4WDに400馬力と聞いて振り向く人は多いはずです。

親会社フォードによれば、エンジンラインナップには、排気量の異なる数種類のV6が設定されるとのことで、その中にはフォード「フュージョン」(車台を共有する兄弟車)にも搭載済みのエンジンもあるということです。

室内が広々としたセダンはアジアで絶賛される傾向にあるので、香港やシンガポールといった市場で、ビジネスマンがコンチネンタルを喜んで乗り回す光景が目に浮かびます。

そのほかにも、イギリスも大切なマーケットであり、またオーストリアの一部でも気に入ってもらえるでしょう。

ジャガーやBMW、メルセデスといった伝統的なブランドのモデルがひしめく英国市場でも、リーズナブルなコンチネンタルに、勝算はありそうです。

オーストラリアに目を向けると、豪州国内の自動車産業が衰退傾向にある状況下での「400馬力のV6」(V8もあり得ます)という存在は、強い印象を放つでしょう。

その意味で、アメリカとオーストラリアはクルマに関する共通点が多いものです。

もちろん、コンチネンタルは数のうえで大きなヒットとはならないでしょう。

しかし問題はそこではありません。

誇り高き歴史を持つリンカーンブランドですが、いまではその地位と認知度を盛り返す必要があるのです。

キャディラックやリンカーンといったアメリカ車の豪華なセダンが、世界中に名を轟かせていた時代も過去にはありました。

しかし、それはもうかなり昔のこと。

それでも、以前の栄光を取り戻すかのように、米国の自動車メーカーもクロスオーバーやセダンといった魅力ある車両の投入をして、イメージやセールス面での巻き返しを図ろうとしています。

その流れの中で、我々はリンカーンも右ハンドルのコンチネンタルを世に出すべきだと考えます。

そんなわけでフォードさん!右ハンドル英国仕様の「モンデオ」があるのですから、そんな感じでコンチネンタルも右ハンドル車を出して、様子を見てみませんか?

もしそんなクルマが出たら、日本市場でも、どう評価されるかが楽しみになりますね。

Cars America Needs To Make Right-Hand Drive: The New Lincoln Continental

おまかせ出品とは



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。