【BMW1シリーズクーペ】軽快で取り回しやすいのが魅力

こちらでは、BMW1シリーズクーペについて紹介をしています。どのような車であるのかといった基本的な情報から、どこの部分が評価がなされているのかといった性能に関する点をまとめています。見ていただければ、購入の参考にしていただくことが可能です。

BMW 1シリーズ クーペとは

引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/324795/car/304842/profile.aspx

BMW1シリーズクーペは、BMWがかつて販売していたコンパクトクーペです。後輪駆動なので走りを楽しむことができるモデルであることで人気です。現在は後継の2シリーズが出て生産は終了しています。中古となった今では、手ごろな価格で購入しやすくなってきたため、とてもお買い得なモデルといえます。モデルによっては100万円台で購入することができる個体もあります。新車価格が120iで385万円、135iで549万円ですから、大変お買い得といえます。
エンジンは120の方が直列4気筒DOHCです。130は前期型が直列6気筒DOHCツインターボで後期型が直列6気筒DOHCターボとなっています。トランスミッションは120が6速AT、13iは前期型が6速AT/6速MT、後期型が7速DCT/6速MTです。2008年に登場した際には130しか存在していなくて、2010年に従来はカブリオレタイプのみであった120にクーペモデルが登場しました。130の後期モデルはエンジンがシングルターボになりましたが、ツインパワーというもので、燃費が15%向上しています。

走りを楽しめるBMW1シリーズ

130iは3シリーズと同じエンジン

引用元:http://bmwphotocollection.com/140703211516.html

最初に発売されたBMW1シリーズクーペは、搭載されていたエンジンがもともとBMW3シリーズに搭載されていたものです。3シリーズよりも小型の1シリーズに搭載されたことはパワフルな印象を持ちます。実際、走り出してからのスピードの乗りとトルクは圧倒的で、乗っていてワクワクします。もともと搭載されていたBMW3シリーズの方にはマニュアルトランスミッションは用意されていませんでしたから、マニュアル操作が好きな方には選ぶ価値があります。ATでも、幅広い回転域で最大トルクを発生させてくれる点は同じであるため、どちらも載り味は楽しむことができます。

130i後期型の7速DCTもおすすめ

引用元:https://car.biglobe.ne.jp/used_car/detail-pub-700055089230180409001/

130i後期型は6速ATが7速DCTになっていますが、こちらはマニュアルミッションを2ペダル化したものであるため、変速がとても速いです。マニュアル操作をしなくても良いだけではなく、子気味よくギアが切り替わってくれるため、走りを楽しむことができます。デメリットとしては、こちらはまだまだ新しい部類に入るため、中古でも値段が高いという点です。価格面を考慮しないのであれば、選ぶ価値はあります。燃費は決して高くはない車ですが、燃費は気にせずに走りを楽しみたい人向けであるといえるでしょう。コンパクトであるため、日本の道路事情にもマッチしています。

日常生活でも利用しやすいのが特徴

積載性は思いのほか高い

引用元:https://www.gooworld.jp/impression/BMW/1_SERIES/20080530/index.html

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら