【BMW X1 サイズをライバル車と比較 】

BMWは車のことをあまり知らない人でも名前くらいは聞いたことがあるというほど、外国産車でありながらもとても知名度が高い車種の一つです。BMWは人気車種のため様々なグレードが販売されていますが、そんな中でもここではX1シリーズを取り上げ、ライバル車とのサイズ比較をしていきます。

BMW X1とは

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X1/2015/at-a-glance.html

現在、日本の車市場は軽自動車やコンパクトカーが人気となっていて、大きなウエイトを占めていますが、BMWのX1はBMWの中でもボディサイズがコンパクトなタイプのシリーズとなっています。そのため、小さな車が好調な売れ行きの日本の市場にマッチングしているという事もあって、近年快進撃を続けています。コンパクトだと馬力の面で不安がある人も居るかもしれませんが、ベースグレードのsDrive18iで最高出力140ps、最大トルクは22.4kgmとなっています。街中から高速道路での加速まで十分なパワーを備えています。

X1シリーズのサイズについて

X3シリーズよりも一回り小さい

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X1/2015/design.html

X1はSUV車であるため、実際に見かけると大きく感じるかもしれません。しかしながら他の車種と比べてみると、そこまで大きくないです。車の大きさを知るには資料を見るのが最も手っ取り早いです。実際にBMWのX1の大きさがどれくらいかを見ていきましょう。まずは全長ですが、全長は4,455ミリメートルとなっています。車幅は1,820ミリメートルで全高が1,610ミリメートルとなっています。同じBMWのX3のサイズは4,720×1,890×1,675なっています。サイズで比較してみると、やはりX1シリーズの方が一回り小さくなっていることが分かります。全体のサイズが小さいため、小回りの利く運転が可能で、街中でも運転しやすいです。

トヨタC-HRとサイズ比較すると大きめ?

引用元:https://toyota.jp/c-hr/

それでは、もっとサイズの感覚がつかみやすくなるように他のメーカーのライバル車とBMWのX1シリーズを比較してみましょう。まずは国内SUVで絶大な人気のトヨタC-HRとの比較です。C-HRは全長が4,360ミリメートルで全幅が1,795ミリメートル、全高が1,565ミリメートルとなっています。プライスで比較すると130万ほどX1シリーズの方が高いので単純なモデル比較は難しいですが、サイズ感としてはX1シリーズはコンパクトに見えますが、CH-Rよりも大きいサイズとなっています。

メルセデス・ベンツGLAとのサイズ比較

引用元:https://www.yanase.co.jp/mercedes-benz/gla-class/price/

では、今度は同じ輸入車で価格帯も似たメルセデス・ベンツのGLAとのサイズ比較です。GLAシリーズは若年層向けに小さめに作られているのでX1の最大のライバルといっても良いでしょう。GLAのサイズは全長が4,430ミリメートルで全幅が1,805ミリメートル、全高が1,505ミリメートルとなっています。全体を見るとGLAの方が小さめに出来ています。しかし荷物を載せるラゲージスペースを見ると、X1シリーズが505リットル入るのに対し、GLAは421リットルしか入りません。車の小ささでは劣りますが積載量ではX1シリーズの方が高性能です。

このサイズになった理由

燃費の改善

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X3/2017/driving-dynamics-efficiency.html

X1シリーズがこのサイズに設計された理由の一つに燃費向上があります。BMWは人気の高い車種ですが、唯一のネックが燃費の悪さでした。そこで車体を小さくすることで車を動かすエネルギーを少しでも小さくしようと現在のサイズで開発されました。BMWのX3シリーズの場合は燃費が良いとされるディーゼル車でも街乗りの場合はリッター10キロ台前半、ガソリン車に至っては街乗りするとリッター10キロを切ることがほとんどですが、一方、X1シリーズの場合だと燃費の悪いガソリン車でも10キロ台後半の実燃費を出してくれます。燃費の良いディーゼル車であれば、条件の良い高速道路でスムーズに走ることが出来ればリッターあたり20キロ台も不可能ではありません。燃費の比較は車種を選ぶときにとても参考になります。

コンパクトなSUVを目指して開発

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/x-series/X3/2017/driving-dynamics-efficiency.html

2つ目が小回りの良さの追求です。BMWではSUVタイプの車はすでに販売していたものの、車体が大きく日本の狭い道には適していないこともありました。その問題を解消するためにX1シリーズでは従来のクラスのものと比べると車体を一回り小さいものに設計したのです。X1シリーズは現代の車社会のニーズに見合った車体だと言えます。その一方で、室内は窮屈なのかというとそんなことはありません。運転席は十分にスペースがとられているのでストレスを感じることがなく運転することが出来ますし、荷物を載せるラゲージスペースも後部座席を動かさなくてもゴルフバッグくらいなら楽々収まるほど広いスペースが確保されています。小さいながらも広い空間を感じることが出来るのです。

まとめ

BMWのX1シリーズはこのように狭い道でも安全に走行できることを考えて設計されています。といっても決して窮屈なわけではなく、車内は広々としているので運転中に狭さを感じてストレスになることはありません。
日本ではどうしても土地が狭いため駐車場も幅を取ることが出来ませんが、X1シリーズであれば問題なく駐車が可能です。多くの人がBMWに乗ってみたいと憧れを抱いていますが、そんな憧れを実現させてくれるのがBMWのX1シリーズであると言っても良いでしょう。

X1に乗り換えようかなと思われた方、現在お乗りのお車を高く売るには、今までの売り方とは違う新しい売却のカタチおまかせ出品がおすすめです。

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション