【BMW3シリーズカブリオレ】時を経ても輝き続ける魅力

2012年1月で生産販売を終えたものの今も高い人気を誇るBMW3シリーズカブリオレは日本人が憧れるオープンカーの魅力すべてを持っている車として今も高い魅力を誇っており、外観に惚れ込んだ人も乗りこなすほどに真の性能に感嘆するサプライズも秘められたBMWとなっています。

BMW 3シリーズ カブリオレとは

引用元:https://www.carsensor.net/contents/testdrive/category_1687/_750.html

エレガントなフォルムが人気のBMW3シリーズは登場以来多くの人の心を奪い続ける車ということで君臨しています。特に1986年に初代モデルが登場して以来20年以上もの長きに渡って続いていたソフトトップ式ルーフを採用してきた伝統にピリオドを打ち、近年主流となった感がある格納式ハードトップであるリトラクタブル式ハードトップをBMWでは初めて導入することになった車でも知られるBMW3シリーズカブリオレは初代から数えて4代目となる車で、現在でも多くの人の憧憬を集めるオープンカーの帝王と言われます。BMW3シリーズカブリオレの場合ルーフを閉じることでフィクスト・ルーフ車同様の耐候性や快適性を実現するといった特徴を持っており、その上で標準スタイルはオープン状態での走行と主張するかのようなモデルです。BMW3シリーズカブリオレが登場する以前でのベースモデルとしてリリースされたクーペに対する主張といった背景を感じさせつつも、それこそがBMW3シリーズカブリオレ最大の魅力であり、人々を魅了し続けているポイントでもあります。

走行そのものが快感のBMW3シリーズカブリオレ

BMW3シリーズカブリオレは走る喜びを体現した車

引用元:https://minkara.carview.co.jp/userid/113787/car/342618/profile.aspx

BMW3シリーズカブリオレはクーペ同様のエンジン・トランスミッションをはじめとする同じランニング・コンポーネンツを採用しているものの双方の走行テイストには明らかな違いが感じられます。BMW3シリーズカブリオレはリトラクタブル式ハードトップというルーフシステムを採用しているという大きな特徴があります。クーペモデルような300psオーバーの最高出力と直噴システム採用による高圧縮比化というほどの豪快な走りよりも、オープンカーならではの心地良い風を感じるて走ることを重視しており、路面だけではなく周囲の景観すべてをBMW3シリーズカブリオレと共に体感する心地良さが味わえます。

クーペとの違いが魅力の根幹

引用元:https://www.carsensor.net/contents/testdrive/category_1687/_750.html

クーペとさまざまな相違点が語られることが多いBMW3シリーズカブリオレは、100kg以上となる重量ハンディを持つため鋭さを持った加速のキレ味などではクーペには幾分及ばない面を指摘されることもあります。とは言えBMW3シリーズカブリオレの魅力は何と言ってもオープンエアならではの風と共に走る大気との一体感やリトラクタブル式ハードトップのルーフシステムそのものが魅力であり、クーペが持つ手堅く理知的な走りの実感とは違う次元での走行の快楽が追求され、それが形になった車でもあります。

大人の遊び心を形にしたBMW3シリーズカブリオレ

スイッチ操作で変貌を遂げるフォルム

引用元:http://cafore.jp/entries/view/17591


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら