【実はCセグメントよりも人気車種多数!?】世界のBセグメント車種特集

前回紹介した、Cセグメント特集の続編として、今回は世界の「Bセグメント」の車種を紹介します。

日本車では、トヨタの「アクア」やホンダの「フィット」などの人気車種、外車では、ゴルフの「ポロ」や「ミニクーパー」なども含まれるCセグメント並に人気車種が揃っているセグメントです。

実は、Bセグメントは小さいサイズ、限られた予算の中に、どれだけメーカーのクルマづくりに対する思想をはめ込めるかが見える面白いクラスになっています。w

日本の狭い道路環境では、Cセグメント車よりも使いやすく感じる、日本の道路事情に適したセグメントとなっています。多くの機械式駐車場に格納できるのもポイントの一つですね!

そんな「Bセグメント」の車種をこの記事では紹介していきます。

 

  1. 国産車
  • トヨタ アクア

国内の自動車メーカーの中で、一番有名なBセグメントの車種と言えば、プリウスの弟分に当たる「アクア」ではないでしょうか。

海外では「プリウスC」という車種名で販売されています。販売数でいえば、兄に当たるプリウスをも越してしまうほど世界中で人気の車種となっています。

魅力はなんといっても、燃費の高さにあります。燃費を意識した運転をしなくても、実用燃費で30km/hを実現してしまうほどの高燃費です。

また、ハイブリッドに電気モーターを採用しているため、ガソリン車と比較してスムーズな加速が味わえます。

現行モデルでは、Toyota safety Sence C(トヨタ車の安全装備を総称した呼び方)なども標準で装備されており、アクアのデビューから2011年から7年以上経っているとは思えないほど新しさを感じさせる良い車となっています。

数少ない欠点といえば、燃費至上主義の時代に設計された車であるため、後述するフィットよりもユーリティーの部分で弱いこと、デミオと比較すればインテリアの質感などで大きく遅れをとっている部分でしょうか。

個人的には、リセールバリュー(車の売却時の価値)が高いことも魅力の一つだと感じます。

Ancarでトヨタ アクアの販売状況を見る

 

  • ホンダ フィット

国産車でアクアと直接的なライバルになるのはフィットではないでしょうか?

アクアよりも後発であるにもかかわらず燃費などはほとんど変わらないものの、ユーリティーなどの燃費以外の使いやすさの部分でアクアより一歩抜きん出ている印象です。

また、全高がアクアよりも8cmほど高くなっているため、アクアよりも室内の広々感が感じやすくなっています(駐車上などのサイズは事前に調べておく必要がある)

エンジンも燃費重視のアクアと比較して、ホンダらしく運転する楽しさも両立したエンジンとなっています。

しかし、走りの楽しさなどをあまり重視しないユーザーからみると、CVTと電気モーターを組み合わせるアクアの走行フィーリングが快適に感じられる味付けがされているような気がします。

安全性能は、アクアと同じように基本的な衝突回避システムなどは装備されており、安全性が高い車になっています。

Ancarでホンダ フィットの販売状況をみる

  • 日産 ノート

最近CMなどでもよく目にするのが日産の「ノート」ではないでしょうか?

これまでは一般的なガソリン車のみの設定であったノートが、「e-Power」と呼ばれるグレードを販売し始め、ハイブリッドモデルが有るアクアやフィットと肩を並べて比較される様になりました。

他の車種で採用されているハイブリッドの仕組みとは少し異なり、動力源は完全に「電気」になっているのがノートの特徴です。

エンジンも搭載されているのですが、動力源の電気を生み出すためのエンジンとなっているので、エンジンのパワーで車体が動いているわけではなりません。

そのドライブフィールはガソリン車とは少し違うものとなっており、加速の早さ、立ち上がり、滑らかさはこの車にしかない魅力です。またフィットと同じように、全高が高くなっているので居住性も確保されています。

安全性能も前述の2車種同様基本的なものは備わっており、不自由することはないでしょう。

ワンペダルドライブ(アクセルを離すとガソリン車に比べて強烈なエンブレがかかる)などの今までにないドライブフィールになれる事ができれば、大きな選択肢の一つになるのではないでしょうか?

Ancarで日産 ノートの販売状況を見る

 

  • マツダ デミオ

他の日本車が、ハイブリッドやモーターなどの「電気」という武器を使った車種を作っている中で、デミオはまた違ったアプローチでクルマづくりをしています。

マツダはディーゼルとガソリンエンジンという2つのパワートレインを使っています。ディーゼルというとどうしても環境に悪いイメージがありますが、マツダのディーゼルは環境に良い「クリーンディーゼル」というものを採用しています。良い意味でも悪い意味でもディーゼルエンジンの荒々しさがないエンジンに仕上がっており、ガソリン車ユーザーの方が乗り換えてもあまり違和感なく操ることができるエンジンになっています。(ディーゼル特有の太いトルクは健在)

また、他の国産車とは一線を画するようなデザインは、Bセグメントの国産車で唯一輸入車とも戦える高級感のあるデザインになっています。

Bセグメントというサイズ的に制限があるなかで、ここまでの迫力を車に備えることができているのが、マツダのデザイナーの凄さを物語っています。

また、安全性能も上位車種である、アクセラやCX-5などと同等のものが装着されており、他の車種が廉価版の安全装置を装着している中、好感度が高い車種になっています。

唯一の欠点を上げるとすれば、車のサイズを最大限に活かせれておらず、フィットやノートほど使い勝手が良くないのと、後席の居住性があまり良くないところです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら