BMW3シリーズのモデルチェンジについて

現行型のBMW3シリーズセダンは、2005年に発売された先代モデル(E90/E46)と比べボディサイズが大きくなっています。全長とホイールベースともに拡大されており、日本仕様では専用パーツも用意されているわけです。日本向けには全幅を抑えた設計になっており、その理由としては駐車場対策が挙げられます。

BMW 3シリーズとは

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/3-series/sedan/2015/at-a-glance.html

BMW3シリーズは先代モデルからフロントとリアが拡大され、居住性と安定性が向上しています。キドニーグリルは誰もがお馴染みで、ひと目でBMWと判別することが出来ます。先代は比較的大人しい顔つきでしたが、6代目では幅広化されヘッドライトとも繋がるデザインです。幅広低目のスポーティな印象を与えます。後部周辺では、同社伝統の組み合わせ照明が薄型化され、反射材を衝撃吸収材の下部に設けています。それにより幅広感が演出されており、どっしりとした安定感の形状になっているわけです。

単純で機能的な内装は、如何にもBMWらしい仕上がり感があり、直線を基調とする装丁のなかに、各種操作装置が並んでいます。中央制御板は運転席側に傾けて配置され、操作性に優れた様相を呈しているわけです。加えて、適度な締り感のある運転席を実現しています。同モデルチェンジがスポーツセダンであることを再確認出来るわけです。中央に独立した形状で配置された液晶画面は、インパネに埋め込まれた先代と比べて視認性が向上しています。それ故、視線を大きく動かさずにナビ画面や前車接近警告灯などを確認できます。

モデルチェンジにより現行型は魅力的なエンジンラインナップに

引用元:https://jp.autoblog.com/2012/10/13/2012-bmw-3-series-first-drive-review-video/

BMW3シリーズセダンの運転席は、常に運転者を中心にモデルチェンジされており、不満を感じることが殆どありません。快適なドライブを楽しめるので、何処までも運転したい気分にさせます。同車に用意されているエンジンは、直列3気筒と直列4気筒が用意されています。その他ダウンサイズされた直列6気筒ターボやディーゼルエンジンも提供されています。そしてダウンサイズエンジンにEVを組み合わせた、プラグインハイブリッドが用意されています。中でも2.0L直列4気筒のエンジンは、日本の狭い道でも軽快に走ることが出来ます。4気筒による振動も、剛性の高い燃焼機関や排気音の調整によって解消できると言えます。
BMW3シリーズの燃費に関しても、モデルチェンジによって大幅な向上が見られます。ディーゼルエンジンやハイブリッドエンジンの搭載によって、3シリーズラインナップとして低燃費を実現しています。それでいながらBMWらしい気持ちよくパワフルな走りも可能としています。

乗り心地が向上している

引用元:https://jp.autoblog.com/2013/06/04/bmw-3-series-gran-turismo-launched-in-japan/

モデルチェンジによって足回りの調整に加えて、ホワイトボディから軽量化と剛性アップが図られております。それによって乗り心地が向上しているのも魅力の一つです。単に軽くなっただけでなく、剛性も向上が向上したことで、よりハンドリングが軽快になり乗り心地にも寄与しています。Bピラーに超高力剛板が採用されており、車体の剛性に大きな効果を及ぼしているわけです。
この高剛性車体のお陰で、余分な振動を運転者に与える事がありません。それ故ストレスを感じない運転が可能で、快適に走らすことが出来るわけです。特に安全性は現代車において不可欠な性能の一つですが、同車種にも様々な安全装備が備わっています。単眼カメラをはじめ、ミリ波レーダーや車線逸脱警告装置、前車接近警告装置など充実しているわけです。加えて衝突を避けられないと装置が判断すれば、衝突軽減ブレーキが作動して歩行者に対しても機能するものです。これらの機能が備わることで、先行車との車間距離を一定に保つことが可能です。高速道路の渋滞などでは、停車まで運転者を支援してくれます。

現行型を割安の価格で

引用元:http://kakaku.com/kuruma/used/spec/Maker=22/Model=31899/Prefecture=13/


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら